2009/03/25

~家族の危機!~

yukiwaaさんのブログからの転載です。
佐平次さんのブログで知りました。転載が遅れましたが、是非読んでください!
大事な家族であるワンちゃんネコちゃんの命を守るために。

それは主にノミやチックを退治するとして売られている
シャンプーや体に直接つける(首のあたりに一滴というやつです)プロダクツで
それを使った犬や猫が次々と死に至っている、というものです。

裏の成分表をみてください、もし、
pyrethrins か、pyrethroids.
という成分が入っていたら絶対使わないでください。

この成分はゴキブリ、ネズミを殺す薬に入っているものと同じ成分です。


ニュースでは消費者が苦情をいうサイトにいって、
いったいどのくらいの苦情があるのか?をしらべました。
驚いた事にすでに何千匹というペットが亡くなったり、体の皮膚がただれたり、
毛がはえてこなくなったり、という被害にあってることがわかりました。


日本でもきっとこれらの
のみとりのシャンプーや、蚤取りの薬は発売されてると思います。

絶対、絶対つかわないでください。
おねがいします。

彼等は言葉がはなせません。私たち飼い主が気をつけて守ってあげるしかないのです。


商品名の一例
Bio Spot Flea and Tick Shampoo
Hartz


チャンネル4
http://www.nbclosangeles.com/news/local/Pet_Products_Concern.html

佐平次さん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/03/17

~公園で出会ったわんこは・・・・~

公園で遊ぶワンコに春日射す人もワンコも生かされて春

P1020401

ある日の公園散歩。
ルナは出会った。コッカースパニエルの人懐っこいワンちゃんに。
ルナと遊びたくて挨拶するために?近寄ってきた。
ルナは、「ウーウーワン!!」威嚇する。それでも近づこうとすると、噛みつきそうな勢い。

P1020402
大人しいワンちゃん。人懐っこいワンちゃん。頭を撫で撫ですると尻尾を思いっ切りふりふり、うれしそうにしていたのに・・・・。
びっくりして逃げちゃったよ。

P1020404

ダメなルナ。ボールかじって一人遊び。

P1020409
今度は。パピヨン、可愛いワンコだ。
ルナはどうするかな?

P1020408
P1020405

二匹とも、ボールをガシガシ、一人(一匹)遊びしている。baseball
一緒に遊ぼうとはしない。

P1020407

ワンコの友達が出来ないルナ。
そうか。ルナは自分が犬と思ってないようだ。coldsweats01

きらきらの太陽の下、ワンコの瞳もきらきらしている。

無心の瞳は、眩しいね。shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/31

~ピンクのT シャツ~

外は雨ワンコ炬燵で丸くなる睦月の夜はゆるりと過ぎる 

P1020178

散歩に行きたくて、「早く行こうよワン!」

P1020175

「そんな目をして見つめても今日は雨、行けないよ!」

P1020176

「行きたい~ワン!ワン!」
なんて格好するの君は。
元気が余ってごろんごろん暴れまわっているルナでした。

ワンコの肌着って売ってるのですね。このワンコTシャツはいい、抜け毛対策にもなるし、薄くて伸びて着せやすく、着るのも嫌がらない。
散歩のときには、この上にジャンパーなど着せれば防寒対策にもなる。

ピンクとイエロー、二枚買ってきました。レッドが品切れだったのが残念!

P1020174

ピンクは似合うかな?

ふふ・・・似合ってるheart
親ばか全開でしたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/23

~川原の住人、ワンコがいなくなった~

冬寒の川原に立ちて見渡せどどこにもいないホームレス犬

P1020099

この広大な川原には、のら犬が数匹住み着いていた。
集団で暮らしているらしく、川原の茂みに身をひそめるようにしているのを時折見かけたものだ。

P1020139

誰かが餌を運んでいたらしく、丸々と太って元気そうだった。
その中でも、人懐っこい犬は、散歩道にまで出てきてゆったりくつろいで(そんな風に私には見えた)いた。橋の下で、餌を待っていた小さな子犬もいたという。
人がこうして餌を与えるのが、いいのか悪いのか? 分からないけれど・・・。
とにかく、平和に暮らしていた・・・と思う。

P1020132

が、最近一匹も見かけなくなった。
アオサギが一羽、静かに佇んでいるだけ。

後で知ったのだが、保健所が野良犬を一掃するため、捕獲したそうだ。
どうなってしまったのだろう。
あのわんこ達は・・・・。

P1020100

この日の川原は、一段と冷え込んで寒い・・・・気がした。

pixydustさんのブログにこんな記事があります。・年間30万頭殺処分される犬、猫たちに関する署名のお願い・)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/01/21

~ジャンプ! ジャンプ!~

冬の夜に無心に遊ぶワンコ居て見守る吾も笑顔になりぬ

P1020119 ルナのマイブーム、
サッカーボールを追いかけて「ワン!ワン!」いつまでも遊ぶ。

サッカーボールが大好きなのだ。soccer

ルナは、歯でガシガシ!サッカーボールが壊れそうなので取り上げると、なんとか奪還しようと奮闘する。

まずは、ボールの在処を必死で探す。eye

あら~見つけたようですね~soccer

P1020128狙いを定めてジャンプ!

なかなか届きません。

これを何回も繰り返す。
「ハア~!ハア~」しながら・・・

延々と・・・・

そして、すごいジャンプ!

ボールに鼻先がタッチ!

やったね!

P1020129
でも、ボールは取れない~

又、又ジャンプ!ジャンプ!

運動能力抜群のジャックだ。外の散歩に行けなくても、こんなことやってる。
おかげで、筋肉質な体になってきたルナ。

P1020130

さすがのジャックも、お疲れ~
「ハア、ハア、暑い~ワン!」

今日は、寒い寒い日なんだけどcoldsweats01

続きを読む "~ジャンプ! ジャンプ!~"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/08/23

~ルナ~

いつだってじっと目を見るそれだけで心通わす晩夏のわんこ

F1000074_3

ルナは、20日で生後8か月・体重は4.8kgになった。
運動量が多いジャックラッセルテリア、筋肉がついて逞しくなってきた。
夕方、毎日一時間散歩して、家の中でボールを追いかけ遊ぶ、あそぶ。
先日も、スリッパを噛んで、ボロボロにした。「お気に入りだったのにトホホ・・・」
そして、爆睡。

女の子なんだけどvirgo

F1000075

家具の間に入った玩具を必死で取り出そうとしたり、

F1000077

あ、今度は何か狙ってますねえ~
しろふくろうではありませんか。何度もジャンプする。

「危ない!危ない!これはダメ!」
「ウー・ワン!」

F1000073

「これで我慢するワン!ガリガリ・・・・」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/05/07

~何の夢見て眠る?ルナ~

愛犬と無心に遊ぶぬいぐるみ動き出したる夏の夜のゆめ

ルナは、何か悪戯しているか、食べているか、でなければ眠っている。
玩具にもすぐ飽きてしまう。今日は次々とぬいぐるみ相手にじゃれている。

007

これは、ジャビット君ではありませんか?lovely「遊ぼうよワン!」

003

あらら・・・スヌーピーだ。heart04噛まないでイタイ!イタイ!

009

どらえもんだあ。かわいい~heart02 けど噛み噛みしてる。

010

今度は何? ETではないですか?「足を噛んだらくすぐったいよお」
ETが笑ってますねえ。happy01

011

「ああ~疲れたワン!もう寝るワン!」
ZZZzzz・・・・sleepy

ルナちゃん何の夢見て寝ているの?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/01/12

~愛犬の夢を見た~

愛犬の夢を見た朝 たまゆらの残るぬくもり確かめてをり007

千の風になったワンコmomoの夢を見た。
相変わらずやんちゃなワンコだ。庭を掘り返して何かを埋めようとしていた。わたしが怒るとあの悪戯っぽい大きな目でじいっとこちらを見た。
momo抱きしめると温かかった。けれど、わたしの腕の中には、momoはいない。

感触だけが、残った。

朝、庭に出て大きく深呼吸した。momoの掘り返して遊んでいた庭には、山茶花が満開になった。紅い花が元気に咲014いた。
momoが夕べ掘り返したであろう土の上には、紅い花びら008_2が散っていた。
毎日、帰ってきて遊ぶといいよ。

寒いけれど、静かな朝だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/12/20

~招き猫に会った~

せわしない街の風景その中にゆったり座る野良猫一匹001

スーパーへ買い物に行った。入口付近で何やら子供たちの笑声がしていた。
なんとそこには、大きな丸々と太った(そう見えた)猫ちゃんが、座っていた。子どもたちは、代わる代わる撫でたり、抱っこしたり、猫ちゃんは、されるがまま、逃げる気配もない。
ゆったりと、「どうにでもしてくれ」って感じ。この猫ちゃん首輪もないし、野良猫?それにしては、肥っているし、まさか、捨てられたの?この寒空に・・・。

買い物を済ませて、外に出ると、猫ちゃんは、まだ、入口のドアの前に鎮座していた。わたしが、頭撫でても、じっとして動かない。
「招き猫みたい~」誰かが言った。

そうか、このお店の招き猫なんだ。「猫ちゃん、又来るね。元気でそこに居てね」
心の中でつぶやいて、わたしは家路を急いだ。あの猫ちゃんのぬくもりをこの手に感じながら。

※イラストはイメージ・こんなに、でかくはない(笑)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/30

~思い出します・・・~冬の陽だまりで

晴れた日はわんこ喜ぶ土の香に抱かれ眠る在りし日の場所

002

こんな晴れた日は、我が家の庭の陽だまりで愛犬momoは、心地よさそうに伸びをして、欠伸をして鼻をひくひくさせて、なんだか遠い目をしていた気がする。もう、そう長くはここにいられないと分かっていたのかもしれないな・・・などと思う。
003 004
最期の時が近づいてもmomoは、それでもまだ元気だった。この庭のもみじの木の下で土を少し掘り返して丸くして、そこへ体を横たえて寝ていた。この場所が一番安らげる場所だったのだ。
土の匂いのするこの場所が。

そして、momoがいなくなった今、もみじはきれいに化粧をして、冬の陽ざしを受け輝いて006いる。今日もmomoはこの場所に帰ってきて、お昼寝しているのだろうか?気持ちよさそうに・・・・欠伸などしながら紅葉の下で。

落ち葉が、揺れてかすかに音を立てた。「momoはここに帰って、のんびり、ゆったり、寝ていますよ」そう言っているような気がした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/21

~カレンダー~

来る年のカレンダー選ぶ吾楽しゆめの世界にこころ遊ばせIrasuto_031_2 

2008年のカレンダーを買いにいった。いろいろな種類のカレンダーを見るのは楽しい。大判で予定の書き込める日付だけのもの(これは、必需品、忘れっぽくなったわたし)、私の部屋用には、昨年と同じ藤城清治画伯のカレンダーを買った。色がきれいで夢がある。光と影のファンタジー、いい夢見られそう。

そういえば、画伯の愛猫アラメちゃんも10月2日に虹の橋を渡Irasuto_038Irasuto_037たそうだ。画伯の絵にしばしば登場しているあの猫ちゃんだ。
今頃、虹の橋では、皆仲良く遊んでいるだろうな・・・。

ワンコカレンダーは、今年は買わないことにした。今年になって愛犬と二回Irasuto_032(ビーグル犬hanakoとmomo)も別れを経験したわたし。
いつも傍らにいてくれたワンコ、今も側にいてくれる、そんな気がしているから。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/11/19

~最後の手紙~momoへ

ありがとう寄り添った日々忘れないmomoへの手紙そしてさようならIrasuto_033

momoへ
虹の橋を渡ったmomo今は、毎日体も軽くたくさんのお友達と仲良く空を駆け回っていることでしょう。よかった本当に、痛みから解放されたんだよね。そちらは楽しいですか?
楽しいでしょうね。きっと。

思い出します。momoは2月のものすごく寒い日に生まれたのです。それも仮死状態で、わたしたちは、必死でお湯で温め温かくして一晩中見守っていました。そんなmomoが兄弟、姉妹のワンコの中で一番の元気者、やんちゃで悪戯っ子になりました。そこが可愛くて、我が家に残ったのです、家族になったのです。それから11年余、momoからは数え切れないもの、温もりをもらいました。こんなに早く別れがくるとは思いませんでした。早すぎだよmomo!
でも、momoが楽になれたのだから、よかったんだと思うことにしました。今はまだ何を見ても何をしていてもmomoの気配を感じてしまいます。momoのことは忘れません。いつまでも・・・。

いつか、又会える時までがんばって生きていきますよ。高い空の上から見守っていてくださいね。

さようなら~momo

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/11/17

~残されたものたち~

たったひとつ小さないのち星となる残されしもの見守るために

まだまだ何を見ても、思い出すワンコのこと・・・。当たり前だ。家族の一員をなくしたのだから・・・・。だがいつまでも悲しんではいない。いい思い出をいっぱい残してくれたのだから。今は感謝!一緒に暮らしてくれてありがとう!
いつか、虹の橋で再会する日までがんばって生きていかなければ、と思う。Aki_053

我が家には、頼もしくて賢い?番犬のmaguちゃんが居てくれる。momoの居なくなった日、maguは何かを感じ取っていたのだろう。少し様子が違った。なんだか淋しそうに見えた。そして今、甘えん坊のわんこになってしまった。そうだよね。momoばかり可愛がって!Fuyu_138と思っていたのかもしれない。
「ごめんねmagu、momoは病気だったからね」「解っていたワン!」そうか、淋しかったんだ。家族だもの。

momoが千の風になって、maguの細いやわらかい毛を優しく撫でているよう、maguの長い毛がかすかに揺れた。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/11/14

~どこにもいない~

もういないワンコの姿さがしおり気配感じて声を感じて

この寂しさはどこからくるのか。Goods_082
辛い手術と痛みに耐えたmomo、今は安らかに高い空の向こうで元気に駆け回っているはずなのに。
かわいいしぐさが、かわいい目が、その温もりが、悪戯が。今はどこにもいない。その存在の大きかったことに改めて気づく。

時が、時間がこころにぽっかり空いた穴を埋めてくれるのだろう。
千の風になってわたしのまわりを吹き渡ってくれるのだろう。虹の橋でいつか再会できる日を待っていてくれるのだろう。

小春日和の高い空から吹く風は少しだけ冷たくて、やさしかった。あの最期の感触のように。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/11/13

~ありがとう!そしてさようなら・・・momo~

冬の陽がきらりかがやくその朝に虹の橋へと愛犬逝けり

Irasuto_028
今朝、突然にmomoは、わたしたち家族に別れを告げました。
とても安らかなかわいい顔をしていました。まるで眠っているようでした。いくら声をかけても、二度と起きてはくれませんでした。
「ありがとう!今までいっぱい私たちのこころを暖かくしてくれて・・・忘れない・・・ありがとう!」

いつも、いつもmomoのこと気にかけてくれた皆様本当にありがとうございました。momoは本当に本当に幸せでした。

痛みから解放されたmomo、ゆっくりオヤスミ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/12

~君はわんこ~

今君と居るしあわせ在るだけで君は温もりわたしにくれる

Irasuto_029_2

こんな詩をみつけました。

   言わない ・さくらももこ・
あなたは言わない。
言わないことが
よく伝わってくるよ。
それは
わたしも言わないことと
たぶん通じているから。

わたしは それが
言いようのないことだと
知っているし
あなたもわかっている。

momoは、その大きな目で真っ直ぐにわたしを見る。Irasuto_030
残された日々は、穏やかであれ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/11/10

~夕陽は茜色~

寄り添えば何か言いたげその瞳夕焼けていく空を映してAki_224 Aki_215

だんだんと歩くことが苦痛になったmomo、外へ出たがるので昼間は庭に出した。抱えると苦しそうだが、ワンとも言わず我慢している。お腹の傷があるし、患部がかなり硬くなってしまったmomo、どこをどう持ったらいいの?何かやって欲しいときには、あの大きな瞳でわたしをじっと見ている。話しかけて頭をなでていると落ち着くようだ。momoは今何を思っているのだろう。Aki_222 Aki_205

一日一日、動けなくなってゆく姿を見ているのは、辛いけれど、momoの方がもっと大変なんだ。何も言えない、言わないわんこだから。

夕陽がきれい、今日の終わりは茜いろ温もりだけを感じていたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/11/08

~公園へ~落葉の匂い

公園の陽だまりに居る愛犬の小さないのち抱きしめて冬


Aki_213 Aki_211

小春日和のある日、寝てばかりの時間が多くなったmomoを公園に連れて行った。といっても山道、人のあまり居ない静かな所を探した。
もう、前回のようには歩けなくなったmomo、重いmomoを抱えるのは大変だ。夫にmomoを抱っこしてもらった。Aki_206 Aki_207 (日毎に歩くのが大変になってきたmomo、なのにトイレだけは、よろよろと起き上がって庭に出ないとしないのだ。いつまでも震えながらも我慢している)

自然の空気の中でmomoはうれしそう、少しずつ後ろ脚に力を入れて数歩歩く、そして又座り込む。Aki_204 Aki_219 トイレも気持ちよく済ませた。痛いのだろうけれど、それでもうれしそう、いつまでも山道に座り込んで動かない。落葉の匂いの中で。「帰りたくないワン!」だって。

あまり、疲れさせてもいけないので、短時間の外出ではあったが、喜んでくれたみたいだ。

今日は立冬、冬の始まりだけれど、がんばれば又春がくる。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/10/29

~momo秋ファッションⅡ~

この秋に花野を駆ける夢をみるワンコの寝顔吾も夢みる

Irasuto_010

秋風に誘われて花野に行きたいワンコだけれど、我が家の庭の草花の上で、お昼寝している。花野を駆け回る夢でも見ているのだろうか?かわいい顔して眠っている。わたしも、秋のお出かけスタイルを思い描いてみた。
かわいいでしょう?momoもボーイフレンドと同じ腹巻ファッションでご機嫌。ちょっと気取ってモデル気分でハイ!ポーズ!「ワンだふる!」

秋風に体を撫でられ気持ち良さそうに寝ているmomo(もちろん痛み止めが効いているから)は、病気のこと忘れて、しばしいい夢みてるといいな。

このところ、わたしもお出かけしてないなあ。せめて秋ファッション、イラストにして楽しんでみた。夢の中ではmomoとお出かけ。

こんなんだったら楽しい♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/28

~momoの秋ファッション~

秋うらら青い空から白い風いのちのひかりワンコに注ぐ

Irasuto_008_2

秋麗、momoは外に出て、ドタっと(かなり太めなのでこんな感じ)体を横たえて気持ちよさそうに寝ている。痛み止めが効いたのかグーグー。かなり動きがスローになってはきたが。出来るだけ側にいて見守っていたい。

momoはお腹の傷が痒くなるらしく、後ろ足で引っ掻いて血だらけになる。「ダメ!」と言ったときだけやめるが・・・。
足袋を作成、はかせてみた。そして腹巻は、患部だけガーゼを当てて補強した。これでなんとか無事。

momoは女の子なので、可愛くしないと、花柄のハンカチとか、タオルを利用して何枚か作成した。うんなかなかかわいい^^。

momoのファッション、どう?気に入ってくれたかな?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/10/14

~momoと見る夢~

秋の夜は奇跡信じて夢を見るピンクのmomoと妖精と宙  Aki_167

もともと元気なmomoは、なんと庭の土を掘り返していた。びっくり!あの痛むはずの前脚で、そして寝床?を作って横たわっていた。冷たさがちょうどいいのか、気持ちいいのかしら?
夕方には、傷を後ろ足で器用に?引っ掻いて血が出ていた。又又びっくり!消毒して又腹巻をつけた。傷が痒くてたまらなかったのだ。

患部が、かなり固くなってきた・・・痛いのだろうに、何も言えない、言わないからなお愛しい。

あんな大きな手術を受けた次の日だって迎えに行くと、尻尾をふりふり普通に歩いて出てきたmomo。先生もその元気さにびっくり(歩けないはずなのに)していたっけ。病気に負けるはずないよね。

奇跡を信じて・・・Aki_171Aki_169
momoと私は、今夜いい夢見よう。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/10/10

~笑っているワンコ~

夕暮れの散歩道ゆく吾を見て尻尾ふりふり笑顔のわんこ


Irasuto_003

ウオーキング途中に出会うワンコがいる。雑種のまだ子供?のワンコだ。
いつも、わたしの顔を見ると、尻尾ふりふり犬舎から顔を出す。なんとも人懐っこいワンコだ。いつも夕方なのでワンコの顔をはっきりと見たことがなかった。今日は明るくて、ワンコの顔をはっきりと見ることができた。そのワンコの顔を見た途端、わたしは笑顔になった。というか笑ってしまったのだ。「なんで?」
そう、そのワンちゃんは、笑っていたのです。ほんとです。笑顔のワンちゃんだったのです。

わたしに笑顔をくれたワンちゃん、明日もまた会えるといいね。

momoは、ゆっくりと尻尾を振って「お帰りワン」と言ってくれた。薬の効果なのか、今日は元気だった。 Wanko_032 Wanko_034

※カメラに収めることが出来なかったので、イラストにしてみました。
こんな、ワンちゃんでした。「にっこり!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/10/09

~命の期限~わんこは知らない

生きているその温もりを確かめて今日一日をわんこと過ごすWanko_030

抜糸に連れて行った。検査結果は?
畏れていたとおりだ。もう解っていたから。夫もわたしも冷静でいられた。
「もう、そう長くはないでしょう・・・」先生の気の毒そうな声を無言で聞いた。

痛み止めをもらって、帰り道公園で少し散歩、脚が痛いのを忘れてうれしそうなmomo。いつまで歩けるのか解らないけれど、明日も来ようね。自分の運命を知らないわんこ、嬉しWanko_029そうに尻尾を振った。

私が落ち込んだ時、夫婦喧嘩をした時、momoのかわいさで、いっぱい元気をもらった、助けてもらった。これからは、最期まで側にいるよ。まだまだ思い出を作り続けるために。

雨上がりの、薄墨色の空を見上げた。今にも雨が落ちてきそうだった。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2007/10/02

~momo~診察

もういやと診察拒否してその体震えるわんこ抱きしめてをりNatu_189


momoを病院へ連れて行った。手術後一週間目、診察とお薬をもらうためだ。
車から降りて、病院だと解るとmomoは座り込んで、「入るの嫌だわん!」と拒否する。なんとか院内へ、だが又帰ろうとする。又何とかなだめて待っていると、今度はブルブル震えている。
「そうだよね。もう、痛い目には会わせないからね。何度も手術されて、恐かったんだよね。」

診察台の上に、上げると又ブルブル震えだした。Wanko_025
水が、少したまっているようなので、先生が「抜きましょう」
momo「キャン!!」
先生「ごめん。ごめん。痛かったの?」

スタッフの方に、ピンクのタオルの「腹巻」をつけてもらって、おしまい。
化膿止めのお薬を出してもらった。Wanko_026

「手術で取りきれなくて、助けてあげられなくて・・・・」「検査結果が解ってから投薬を考えましょう」と先生。
先生のせいではないが・・・。

一週間後に抜糸だ。
家では、ほとんど寝ているけれど、食欲旺盛、庭の散歩も嬉しそうにする、走ることは、もうできないけれど。

先の先のことは、考えないようにしよう。
今この時間が大切だよね。momo。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/10/01

~面白わんこ~ボールmaguちゃん

夏ゆきて愛犬ふうわり円くなる移ろう季を知りて眠るや  
Zinnzya_005

我が家の頼もしい?番犬maguちゃん、見かけによらず?優しくてかわいい女の子なんです。誰もが、男の子だと思ってしまうらしい。
「失礼だワン!」
犬種はブリタニー・スパニエルSora_032、とても賢いわんこです。

今朝は寒いくらいだった。突然、夏が行ってしまった。
maguちゃんは、まあるく丸まってボールみたいになっていた。
その上、手で顔を隠して寝ている。
「maguちゃん、寒いの?」声をかけても知らんぷり、この格好のままだ。あまりに可笑しな格好だったのでパチリ!やっと起きて来た。
「急に秋がきたワン!」Haru2_357

今日から神無月、maguにも、momoにも過ごしやすい季節だ。
「maguちゃん、今月も、お家の身回りよろしくね!」

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/09/28

~昨日のmomo~

傷跡をそっと隠せば老犬は子犬のように横たわるなり


Wanko_019

お腹から、前脚まで大きな傷が痛々しい。動く度に血がにじんでくる。
エリザベスカラーは、寝るのに邪魔になって嫌がるので外してあげた。Wanko_018
そうすると、傷口をペロペロ舐めようとするのだ。抜糸まで、2週間。
そこで夫が考えた「腹巻?」のようなものをつけてみた。少々暑いかもしれないが舐めることはしなくなった。擦れることもないし、うん、いい感じ。Wanko_021
ガーゼで2~3枚作成することにした。替えの腹巻だ。 Wanko_024

歩くと痛いはずなのに、居場所を変えて寝床を変えてうろうろする。
先生に「術後は、歩けなくなるかも・・・」と言われていたのに、こんなに元気なmomo。

あんな所、こんな所、快適?な所を探して横たわっている。
子犬みたいで、かわいいよ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/09/25

~momo帰宅~

手術後のワンコと会えばそのしっぽちぎれるほどに振るは哀しきWanko_025

夕方、わんこに会いに病院へと向かった。私達の顔を見るなり起き上がり嬉しそうに尻尾をちぎれそうに振って「早く連れて帰ってよ!」
先生もびっくり、「こんな大手術の後なのに、歩くなんて、元気な子だねえ」と。
先生の許可を得て、家に連れて帰ることにした。

家に帰ると、今まで我慢していたのだろう。オシッコとウンチをした。
少し食事を与える、美味しそうに食べた。お水もいっぱい飲んだ。Wanko_023
そして、安心したのか眠ってしまった。早く帰りたかったんだね。

その、大きな傷を眺めていると、涙がこぼれた。よく耐えたね。もう、手術はやめようね。残された時間ゆっくりお家で過ごそうよ。好きなものを食べて、お昼寝して。

右脇のしこりは、かなり大きくて深いものだった。取れるだけはとってくれIrasuto_003たようだが、再発は免れない。一応検査に出しておくとのこと。

わんこの寿命は、誰にも決められない。
最期まで寄り添っていようね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/24

~秋の一日~momoは・・・

秋の日を体に浴びて散歩する愛犬知るや揺れるこころをIrasuto_007



 昨日、動物病院で、先生とmomoの治療をどうすべきか?色々考え相談した結果、今日手術をすることになった。複数あるしこりを全部一度にとるのは無理。危険だと言う。右前脚の脇のしこりが痛むらしい、まずはその痛みをとるのが先決、腫瘍(三個)を取り除くことにした。Irasuto_022

あとは、momoの生命力に賭けるしかない。(様子をみて後ろ脚の腫瘍をとらなければならない)

もう一度がんばってmomo・・・・。
今日、PM6時に病院へ連れてゆくのだ。お休みなのに受け入れてくだっさったのだ。
無事手術の終わるのを祈るしかない。
Irasuto_025
今日、我が家の庭で、散歩するmomo何も知らない。いや何か感じているようだ。
maguと一緒に、蛙を追いかけて嬉しそうに遊んでいた。痛さもしばし忘れて思いっきり遊んだmomo。 Irasuto_027

何度かわんことの別れは、経験したけれど、momoは特別、私達にとって大切な大切な存在なのだ。いつかは、別れがくるけれどもう少しだけでいい。一緒にいさせてください・・・と願う・・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/09/19

~体調悪し~momo

Natu_267 時流れ家族に笑顔くれし犬老犬となるひと生(よ)短し

この夏の暑さに耐えて、手術に耐えて、元気になった・・・
momoだったのに、この一週間で体調が悪化した。
11歳老犬の体には、かなりの負担だったのか?反対側のお腹のしこりが急に大きくなった。Natu_266
寝てばかりで、起きると脚もふらつく痛いのか?

動物病院へ連れて行ったが、先生は、「前の手術から一ヶ月しか経っていないし、全身麻酔に耐えられるかどうか?以前よりも大手術になるし・・・・」と言う。Natu_274
「検査の結果手術出来るかどうか、とにかく10月18日に手術予約をしておきましょう」ということになった。

ビーグル犬の寿命は、12歳といわれているが、もっともっと側にいてほしい、私達家族を和ませ、笑顔にさせてくれたmomo。Natu_272

まだ、痩せてもいないし、食欲はあるし、大丈夫だよmomo。

それにしても、この残暑いつまで・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/09/11

~探しています~

迷いネコ尋ねて今日も路地に立つ女(ひと)ひとり居て夕闇せまるNatu_260

昨夕のこと、いつもの散歩コースを歩いていたら、一人の女性がチラシのようなものを持って立っていた。散歩中の人に声をかけていた。
渡されたチラシには、「探しています!!」の文字が。
大事にしていた猫ちゃんが深夜に家を出たきり戻らないという。アメリカンショートヘアの2才の雄猫、かわいい写真があった。探し始めて4日目という。Natu_262

帰り道、私達はキョロキョロ猫の姿を探しながら歩いた。
やがて夕闇が迫ってきた。
視界は遮られた。
近くには、小学校がある。朝の登校中の優しい子供達の誰かに保護されているといいな・・・・・

飼い主の女性の必死な思いが伝わりますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/09/09

~愛しのわんこ~今朝の会話

おはようと話しかければ目で返事愛しきものよ君の名はmomo

「おはよう!momo」「ワン!早く朝ご飯にしてよ」Natu_249 Natu_252
「分った!ちょっと待ってて」「もう、早くしてワン!」

「食事も終わったし、momoはこれから何するの?」
「う~ん、眠いワン!外は今日も暑そうだワン!」 Natu_250Natu_255

「やっぱり寝ようっと」

移動しても

又、寝ているmomoでした。Natu_256

ワンコって一体何時間寝ているのだろう。

でも、人と違って、どんなにいびきかいて寝ていても、物音に反応すぐに起きることが出来る。番犬だ。
Natu_245
「ちゃんと役目は果たしているのね」「もちろんだワン!」 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/31

~momo~美術館に

14dd1556c0c55c03_m ここはどこ愛犬momoは額の中夏の終わりの夏の夜の夢

どっきり! ここはmomo’s art gallery
外国人が、観ていました。ここはどこ?

Rhymeさんに教えてもらったサイトで遊んでみました。面白いでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/08/14

~動物病院にて~

もの言わぬ生き物たちと会話する人みなやさし真夏の病院 Natu_148

昨日、momoを動物病院へ連れて行った。看護士さんが、お腹のテープ をやさしくはがしてくれた。momoは大人しくされるがままだった。傷の具合は良くて、きれいにくっついているようだ。3日後に抜糸するという。よかったねmomo。Natu_145

動物病院は、いろんな動物が飼い主さんに大事そうに連れられてやってくる。
我が子のように、小型犬を、中には大きなワンコを、抱きかかえてくる人もいる。
見ていると、飽きないくらい、次々とやってくる。Natu_144

壁には、里親募集の張り紙があり、迷い犬を探す張り紙もある。
先日の雷に驚いて脱走し、帰ってこないワンコもいる。
早く見つかるといいな。無事でいますように・・・。

真夏の動物病院は、大変だ。先生もスタッフも、Natu_143大忙し。
クーラーのきいた病院から出ると、真夏の陽射しにクラクラ。

momoは、ちょっとだけ公園でお散歩、うれしそう。

続きを読む "~動物病院にて~"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/08/06

~momoは療養中~

この夏は駆け回ること許されぬワンコは夢で海辺を駆ける Natu_133

傷がくっつくまでは、ひたすら寝る・食う・しかないワンコ。
やんちゃな性格のmomoには、不満?
思いっきり走りたいだろうな。

ワンコの寝顔はかわいい、海辺を駆け回っている夢でもみているのかしら?子犬の頃に返って砂浜を掘Natu_132り返しているかもしれない。 Natu_134

あんなところ・こんなところ・と移動しながら、なが~く伸びて寝ているmomoいびきが少々うるさいぞ。
そしてNatu_101通行の邪魔なんだけど。

食べ物の匂いだけには、敏感に反応する鼻・ヒクヒク~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/08/03

~お帰り~

愛犬のお腹の傷はがんばった手術の証し愛しくもありNatu_131

夕方、夫とmomoを迎えに行った。ぐったり?してるかと心配だったが、出てきたワンコは、嬉しそうに尻尾を振って元気そうだった。
だが、大きなお腹の傷」は痛々しい、もの言えぬワンコは、何も訴えられないものね。大きな絆創膏のようなものがお腹に張られていNatu_128た。
患部を舐めたり咬んだりするのを防止するため、エリザベスカラー(というらしい)をつけられた。襟巻きワンコになったmomo。

女王様のような姿になったmomoだった。Natu_129
家に着くとmaguがうれしそうにお出迎え、「変な匂いだワン!クンクン・・・」
「momoとは当分、遊べないよ」

「momoはがんばって手術を受けましたワン!お腹の傷はまだまだ治Natu_132らないけれど、こんなに元気だワン!先生は大手術だったと言っておりました・・・・
目覚めると、お腹がスマートになっていたワン!
ご心配ありがとうワン!感謝!」    By momo

| | コメント (8) | トラックバック (0)

~ワンコの居ない夜~

愛犬の居ない夜には嵐きて心騒がす長き夜となるNatu_102

台風が接近、そのテレビから流れるニュースを観ながら、風の音を聞きながら眠りにつく夜。
いつも傍らにいるワンコが今夜はいないのだ。
「無事手術が終わって眠っているかしら?」などと思いながら、何度も寝返りをうつ。
眠れない夜を過ごしてしまった。
Natu_126
一夜明けた朝は、少し涼しくて台風の影響はほとんどなかったことに感謝。
午後momoを迎えに行く予定だ。

※momoがいなくて不安?寂しげなmaguでした。 Natu_109

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/08/02

~momoの入院~その朝

台風の近づく気配愛犬は今日の手術を未だ知らないNatu_125 Natu_117

昨日もきれいに洗ってもらってピカピカのmomo。
今日はAM9時ごろ動物病院へ、手術予約の日。
何も知らずに嬉しそうに夫の車に飛び乗ったmomo。

朝から何も食べさせてもらえず「なんで?」「帰ったらお腹いっぱい食べようね」
大いに不満そうな食いしん坊momoだ。

元気いっぱいのmomoなので大丈夫、手術の成功を祈る。Natu_119 Natu_118

台風が近づいているらしい、風が少し出てきた。いつもより涼しく感じる朝。
蝉時雨が一段と激しくなった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/28

~ワンコの夏~

水遊びワンコは水と戯れてシャンプーリンス犬洗う夏

暑い土曜日の午後、「今日は犬を洗おう」夫が言った。
日中の気温は、34度~35度?暑い、ワンちゃんたちも、「ハア・ハア暑いワン!」Natu_094 Natu_093

水が大好きなmaguは、嬉しそう、水が大嫌いなmomoは、固まっている。
でも、シャンプー・リンスしてもらって、きれいになった。いい匂いになったし。
二頭のワンコを洗って、夫は汗だく。「お疲れさん!」Natu_092 Natu_091

momoは、手術前、体はピカピカになったし、体調も万全にしておこうね。

毛皮のお洋服脱げないワンコに、厳しい夏が来た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/24

~大丈夫だワン!~

愛犬の瞳の奥を見つめたらペロリと鼻をなめられた吾 Natu_081

老犬の域に達したmomo胸の辺りにしこりが・・・・。
動物病院で診てもらった。やはり悪性、すぐ取ったほうがいいでしょうとのこと。
その上に、なんとお腹の脂肪と思っていたのが、腸が下がってきてNatu_070いるので、この方の手術も同時にやりましょうとのこと。ショック!!
かなり、大きな手術になりそう、大丈夫かmomo?
一応検査の結果手術には耐えられるとのことで、来月2日に手術予約となった。Natu_078

そんなこととは、知ってか知らずか(もちろん知るわけないな)momoは元気で相変わらず食欲旺盛だ。

「来月手術受けようね。元気になって長生きしてね。momo」顔を近づけてそう話しかけた。Natu_072
「わかったワン!」と言ったか?ペロリと鼻をひと舐めされた。

また、また、心配の種が増えた暑い夏。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/03

~わんこの恋~

老犬の母性目覚める時ありて何を想うや瞳哀しき Wanko_012_1

愛犬momoは、いつの間にか老犬といわれる歳になってしまった。
momoは一度も子供を産んだことがない。
かわいそうなので避妊手術は受けさせていない。
momoは、結構好き嫌いが激しい性格だ。同じビーグル犬のお婿さんをと思ったこともあったが、関心を示すことなくだめだった。Wanko_011_1

そんな、momoだったが、あるとき近所に飼われていた(といっても、どこからか来た迷い犬を、そこの奥さんが餌を与えて、住み着いた)雑種犬と仲良くなった。
その雑種君は、自由に田んぼ道を散歩していた。momoは、時々脱走して雑種君と仲良く遊んでいた。
だが、放し飼いは許されない。momoは、鎖に繋がれ自由に会うことが出来なBidama_003くなった。悲しそうに吠えていた姿を思い出す。

そして、ある日、悲しい出来事が起こってしまった。雑種君が、我が家の前の国道で、車にはねられてしまった。即死だった。
momoに会いに来ようとしていたのだ。わたしにはすぐ分った。
いつもは、我が家の裏の田んぼ道しか、歩かないわんこだったのに・・・・。
涙がこぼれた。

momoは、雑種君が死んだことは、知らないだろう、いや感じていたのかもしれないが。そしてmomoの初恋は、悲恋に終わった。

それから時は流れ、momoは年に数回、原因不明の挙動不審?というか情緒Wanko_010不安定になる。
「キューン・キューン」子犬のように甘え、犬のぬいぐるみをくわえてどこかに隠そうとする。庭に大きな穴を掘って埋めようとする。怒ると靴やスリッパを咬んでずたずたにする。そんな行動が3~4日続くのだ。
だが、疲れるとおおいびきで寝る(笑

わんこの深層心理は解らないが、愛しい生き物ではある。 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007/06/22

~面白わんこ~

愛犬が体いっぱい喜べば吾の心も愛しさいっぱいHaru2_459

ワンコのしぐさを見ていると、飽きないし面白い。 
特に喜びの表現が、我が家のmomoは、面白すぎる。
仰向けにひっくり返って、そのメタボリックなお腹を、お尻を、ふりふり、ゆらゆら(笑Haru2_460

「momo何やってるの?」「・・・ぷるぷる」(お腹が・・・)
「止めなさい!」
「嫌だワン!」こんな会話をして、益々、プルプルするmomo。

これは、家族が留守にしていて帰って来た時なのです。Haru2_461
「オイオイ!何年会わなかったの?たったの半日でしょう!」

なにやっても、かわいい~(ホント、親バカ)
これでも、れっきとしたおばあちゃん犬なのです(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/05/20

~なんでもないことが幸せ~

風薫る我が家の庭に遊ぶ犬ささやかでいい幸せはあるHaru2_327

薫風がそっと教えてくれる。なんでもない日常の幸せを。
花の香りを若葉の薫りを運び来る風、自然の息吹を感じたら今在ることに感謝したくなる。
いつだったか、「薫風」という字を書いたことがある。何か書けといわれて書いたのが、薫風、響きがいい、好きな漢字だ。Haru2_333

「薫風南より来り」唐の詩人・白楽天の漢詩の一節

やわらかい、暖かい風が小さな幸せ運んでくる。
そんな願いを込めて・・・・。Haru2_331

hanakoの居場所(だった)は、小さな紫のお花で覆いつくされた。
風になったhanako時々、ここへ帰ってくるのだろうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/05/03

~よかったねmomo~

何事もなかったごとくにあくびするワンコの傷も癒えて消えゆくHaru2_280

昨日は、我が家のmomoの抜糸の日だった。

病理検査の結果も出ているはずだ。
抜糸は、痛みもなくて簡単だった。Haru2_277
momoは大人しくされるがまま、すぐに終わった。
傷はきれいになり、新しい皮膚に覆われて、毛もかなり生えてきてもとの姿に戻りつつある。

心配だった病理検査の結果、「脂肪織炎」とかで、炎症性の病変、悪性所見はなしということだった。良かったねmomo^^ Haru2_279

メタボのmomoさん、今日から又ダイエットしましょうね。
かなり太めになってしまいましたね。Haru2_278

「もう、大丈夫だワン!こんなことも出来るワン!」ボールmomo→

何やってんだか^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/04/28

hanakoのいた陽だまり

在りし日のワンコの居場所陽だまりに小さな花が開いて咲いたHaru2_236_1

hanakoが大好きだった場所、我が家の庭の陽だまりに、小さな紫のかわいい花が次々と咲いている。
hanakoは、年老いてからはいつも、この上に体を横たえていた。
一番居心地がいいよHaru2_262うだった。
よろよろと歩いて行ってごろりと横たわり、陽だまりで静かにまどろんでいた。

何故かmomoもmaguも、今はその場所に寝ない(以前はmomoもお気に入りだったのに)何かの気配を感じているのかもしれない。Haru2_263Haru2_264hanakoがいるの?

小さなお花は、春の日差しを受けて一段ときれい、今でもhanakoはここに日向ぼっこするために帰ってきているのだね。きっと・・・・。 Haru2_261

※花の名前が分からない、誰か教えてください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/04/25

~hanakoはtaroのもとへ~

風そよぐ若葉の山で又会えたワンコの夫婦は永遠に眠れり  Iconl_1   Iconr

ビーグル犬hanakoとtaroは、仲良しの夫婦だった。
3年くらい前にtaroは、先に逝ってしまったのだ。Haru2_253
優秀な猟犬だったtaroは、たくましい体つきの元気いっぱいのワンコだった。
今は大好きだった山裾(子犬のtaroとhanakoが生まれた知人の土地)に眠っている。
夫がやはりhanakoは、taroの側にと、お願いして同じ場所に埋葬させてもらった。お花をいっぱい添えて。Haru2_198
若葉の緑が、眩しいくらいにきれい、ワンコの夫婦は、同じ季節に逝ったのだった。

今頃は、taroとhanakoは、好きなだけ、大好きだった山を駆け回っているだろう・・・。
時々会いに行くね。Haru2_254

momoは、朝ご飯のときに、いつもは横に来てダラ~っと涎を出して、「早くちょうだい!」と催促するのに、今朝はどうしたのでしょう。見向きもしないで寝ている。hanakoが居なくなったこと、感じているのかしら?それとも、眠いだけ?

やはり、淋しいのだね・・・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/04/24

さよなら~hanako

ありがとう老犬hanakoいつまでもこの手に残る温もりがあるHaru2_2

今朝、hanakoは、ひとりで旅立った。虹の橋を渡りました。
昨日まで、少しだが食べ物を口にし、hanakoと声をかけると、頭をあげてこちらを見ていたのに。なでなですると、安心したように眠っていたね。なのに、ちょっと早過ぎるよ。
Haru2_236
この手に、hanakoの温もりがある。
忘れることはないだろう・・・いつまでも。

hanakoの赤いバンダナが残された。

写真は、昨日、日向ぼっこしていたhanako

可愛がってくださった、そして心配してくれた皆様ありがとうございました。Iconl
             By   hanako

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/04/18

お帰り・momo

帰りきてただひたすらに眠る犬背中の傷が痛々しくてHaru2_187

朝、少し早めにmomoを迎えに行った。
まだ、ちょっと朦朧とした様子だったが、細かく尻尾を振った。
ほっとしたのか、嬉しかったのだろう。
背中の傷は、かなり大きい、10cmくらい、皮膚は、ホッチキスの針のようなもので縫って(止めて)ある。Haru2_189
こぶは、見た目では、判断できないとのことで、病理検査に出された。結果は2週間後とこと。また、また、心配・・・。

自宅に着くと、うれしそうに尻尾をふりふり、だが、すぐ、布団の上に乗り寝てしまった。やっと安心して寝られるんだ。

ゆっくりお休み。Haru2_188

※ご心配いただいた皆様ありがとうございます。傷の写真は、迷ったのです。でも載せることにしました。23日には、抜糸できるはずです。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007/04/17

愛犬momoは病院へ

愛犬の少し小さく見える日はその温もりを確かめており Haru2_175

momoの手術当日だ。朝、夫が動物病院に連れて行った。

前日は、明日はmomoの手術だ、大丈夫?一日お泊りだけれど、大丈夫?かなあ。なんて話していた私達。
momoは、布団の上で寝ていたのに、側へいって体を撫でると、なんと震えているではありませんか。ブルブル小刻みに体震わせて、不安げな顔(に見えた)をして私をじっと見る。
かわいそうになり、しっかり抱きしめたわたし。Haru2_181_1
意味は解らなくても、何か気配で感じとったのかも知れない。不安にさせてゴメン。病院のあの台の上に上がるといつも震えているものね。

朝、きれいに体を拭いて、首輪をはずして「さあ、momo行くよ!」Haru2_182
車のドアを開けると、嬉しそうに飛び乗ったmomo、どこかへ遊びに連れて行ってくれると思ったみたいだ。「ごめんmomo」

今日は病院で一泊、明日の朝、迎えに行くことになった。
元気で帰ってらっしゃい!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007/04/14

春風の贈り物

老犬に春風からの贈りものはなびらひとつ桜散る午後Botan0015_1

我が家の庭には、桜の木はない。
なのに、どこからか、ひとひらの櫻花が横たわる老犬hanakoの顔にふわり舞い落ちた。桜の木の下を走り回ることはもうない老犬への春風からのプレゼントだ。Haru2_135

今日のhanakoは、元気がない。昨日はhanakoと呼ぶとよろよろと歩いてきたのに、かろうじて眼を開けこちらをじっと見ているだけ。眼もよく見えないはずなのに、聴覚は鋭いのか声のする方に顔を向け大きく眼を開けじっと見つめるのだった。

momoは、17日手術なのに、何も知らずに元気に庭をお散歩、蛙を探して遊んでいる。Haru2_165

写真はmomoおやつのジャーキーの袋に顔を入れて、「なにやってるの?」  「おやつくれないから、匂いかいでるんだワン!」

相変わらず食いしん坊のmomoでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/04/10

動物病院へ

さくらばなはらはらと散る昼下がり老犬の見る夢スローモーションHaru2_133

またまた、愛犬のお話、hanakoの子であるmomoの背中に異変?本犬は元気なんだけれど、心配、昨日、夫に病院へ連れて行ってもらった。
背中にこぶのようなものができていたのだ。脂肪のかたまり?脂肪は背中につくことはないという。大きくならないうちに切除することにした。そして悪性か、良性かは、検査に出すことになった。一泊二日で17日手術の予定だ。
hanakoも一緒に連れて行って、注射をしてもらった。 Haru2_232

momoは病院嫌い、かなり嫌がって暴れたらしい。一度、交通事故で脚の手術してるからね。かわいそうだけれどmomoのため手術するしかないのだよ。そして悪性でないことを祈るしかない。

病院から帰っても、なんだか不安げ?な顔をしているmomo。Haru2_126_1
あんなに食いしん坊のワンコなのに、私達が何か食べていても、寝たまま起きて来ないで見ているだけ。 大丈夫だよ!何か感じたのかもしれない。私達が不安げに話しているの聞いていたんだね。

hanakoは注射のせいか、食欲もあり陽だまりでうとうと、楽しい夢 でもみているの?。

momoもhanakoも、いつの間にか「老犬」になったのだ・・・・。
桜も散り葉桜の季節となった。

下の写真は、元気いっぱいのmaguちゃん、hanakoとmomoが病院へ行くのを見送っているところ「私も行きたいワン!」「病院だよ」「・・・お留守番するワン!」

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2007/04/07

老犬hanakoの一日

花曇り春の日差しを待ちながら老犬静かに眼を瞑りをるWanko_003

老犬hanakoは、春の陽だまりが好き、今日は生憎の花曇り、日差しの射す時間が短くてかわいそう。暖かくなって少し元気になったのので、体を拭いてもらって、そして赤いバンダナまでつけてもらった。
若々しくなってかわいいよ^^。

最近歯も悪くなってドッグフード食べなくなった。柔らかいものしか口にしなくなった。ソーセージが好物になった。これからは、好きなものだけ何でも食べるといいよ。Wanko

眠って、食べて、ひょっこり起きて庭を、ゆっくり、ゆっくりお散歩、そして、うとうとお昼寝、hanako時間はゆったり流れているんだね。

そう、急がなくていいんだよ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007/03/17

~老犬の日々~

老犬が静かに眠る昼下がり春日が包むひとつのいのち

我が家の老犬hanako、最近かなり痩せてきた。あんなに食欲旺盛だったのに確実に減ってきた。寝てばかりの時間を過ごす。
今まで食べていたものに見向きもしなくなった。これからは、好きなものだけ、やわらかいものだけ食べさせよう。
老犬には、春の陽射しが一番の贈り物、このところ寒の戻りの寒い日が続く、早く温かい陽射しになってと祈る。Haru2_023

hanakoはHaru2_030momoのお母さん、いつまでも元気で一緒にいたいよね。

momoはこんなに元気になって食欲旺盛になったのに。

それにしてもよく似た母犬、子犬、どっちがhanako?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/09

~ワンコの時間~

夢見月ゆるり流れよ犬時間 春日をひきて何を夢見るFuyu_241   

犬には犬の時間があるのだろう。ゆったりと流れる春の時間、何を想っているのだろう?いえ何も・・・・。
人と比べて、あまりにも短い命の時間を。

愛犬momoの異変に気づいて、動物病院へと連れて行った。Wanko_013
お腹が異常に膨らんでいる。そして血尿?が出ているようだ。
友人に聞いていた「いい病院」(今まで行っていた病院は、説明がない。よく解らない等、不満があった)へ行った。てきぱきと診察、検査、説明も解りやすくて、清潔、良かった!

で、結果は、お腹の膨らみは、以前の手術で、一部お腹を覆っている膜が破れ(前の病院の手術ミス?)脂肪が流れ出したものとか。今は、放置しておいても大丈夫らしい。血尿は、細菌性のものかもしれない、一応検査に出すことにして、Wanko_012出された薬で様子を見ることにした。
検査結果は、後程連絡くださるとのこと。
本人、じゃあない、本犬は今のところ、食欲旺盛元気なので一安心ではあった。

それにしても、大きなお腹メタボリック、そのものだ。餌を減らそうかな、運動量は増やさなくてはね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/02/27

~老犬~hanako

もの言わぬ我が家の老犬なに想う春の日差しよやさしく包めFuyu_039

Goods_111 我が家の老犬hanakoはmomoの母犬だ。最近少し元気がない、いつものドッグフードを食べなくなった。心配で他のやわらかい食べ物を与えると美味しそうに食べた。ちょっと安心・・・。
食べる時と、庭を少し歩く以外は、ほとんど寝て過ごすようになったhanakoだ。寒そうなので、洋服を着せたが嫌がることもなく着ている。少しは温かいのかな。脚が悪くて(手術をしたが、良くならなかった)いつも三本脚で歩く姿が痛々しい。
どこかが、痛いとか苦しいとか何も訴えることができないワンコ。
いつまでも、元気で長生きしてほしいと願うわたしだった。
Goods_087_1
今日は、日差しが温かくhanakoも気持ち良さそうに日向ぼっこしていた。

元気いっぱいのmomoは心配しているの?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/28

~おバカ犬は元気いっぱい~

おバカ犬そこがかわいいなんて言うおバカな私陽だまりの日々Fuyu_042_1 

愛犬momoが子犬だった頃のこと、排泄の躾けは割と早く出来たが、物を咬む癖はなかなか直らない。
ある冬の日、私達は、所用で急に外出することになった。さて、momoをどうしよう?外は寒いし、庭につないで置くのはかわいそう・・・、見るとmomoは炬燵にもぐったまま、寝ている子犬を残して私たちはそっと抜け出した。すぐ帰ってくるからこのままにしておこう、眠らせておこうと思ったのだ。やさしい私達?だったのだが・・・。

子犬のことが気がかり、早々に用事を済ませて帰宅した。戸を開けたとたんに、尻尾をふりふり飛び出してきた。
「オトナシクしていたの?」「クゥーン・クゥーン」
嫌な予感、玄関横の和室を見てびっくり!!!
ここはどこ?あばら家?障子は、はずれ倒され、桟は咬みまくり、敷いてあったじゅうたんは、めくられ引っぱられ、端っこは咬まれて、無残!
この小さな子犬にこんな力があるなんて。

この部屋からは、外が見渡せる。なんとか脱出を試みたのだろう。私達を探して。
「泥棒でもこんなに荒らさない!」「・・・・・・」
私達の留守中、暴れて咬んで本人(本犬)は、すっきりした顔? 今までにも、網戸は何度か破られた。なにしろ部屋に入ろうとして突進(おまえはイノシシか)するんだから。Fuyu_098_1
こんなに暴れたには、初めて、呆然。

もちろん、大目玉、叱ったけれど解ってないワン。

それから、8年余が過ぎ、オトナに(立派な老犬だ)なったmomoFuyu_099は、ずいぶんと大人しくなった。寝てるか食べてるか・・・おバカは健在。

今日も、ぐうたらしているmomoでした。 
・頭隠して尻隠さず・「それでも、隠れているつもり?」

そんなところもかわいいのです。おバカなわたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/12/24

~子猫もらってくれませんか?~

年の瀬や時の流れに人々の愛がただよう笑顔の時間Dance2

あさの市へお花と野菜を買いに行った。今日は日曜日、たくさんの人が訪れていた。

 入り口付近に置かれたダンボールの箱の中に、かわいい子猫がまあるくなっているではないか。Fuyu_010
覗き込んでいると、さわやか系のお兄さんが、「ネコもらってくれませんか?」「かわいい~欲しいけれど、うちには、ワンコが三匹いるので、無理です。ごめんなさい」と私。
何人かが、寄ってきて撫でたり抱き上げたりしていた。
彼の家で、生まれた子猫だという。大事にされていたらしくて、毛並みもつやつや、とても可愛くてきれいな三毛ネコちゃんだ。今日は、あさの市に来る人達に声をかけて、ネコ好きの人に飼ってもらいたいと朝から、立ってお願いしているという。私が見たのは、最後の一匹だった。

買い物を済ませ覗いて見ると、子猫も、彼も、もういなかった。猫ちゃんたちいい人にもらわれていったのだろうか。幸せな人生じゃあないネコ生を送ってほしいと思った。Fuyu_011_1

以前、冬の公園に、ダンボール箱に入れられて、放置されていた子犬達の姿が脳裏をよぎった・・・・・。

あの、さわやかな笑顔の彼と、かわいいネコちゃんの姿は、あわただしい年の瀬に、心がほんわかしたひと時だった。

川面には、やさしい冬日がきらきらしていた。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006/12/22

~ぬくもり~ねこのいた日

ぬくもりは炬燵の中の冬の日々ネコと暮らしたあの頃があるIcat2br

昔、タローというペルシャネコと暮らした日があった。
人懐っこいネコだった。「タローここへおいで」というと、私の肩にポンと飛び乗ってきた。冬は、炬燵が大好きで、いつもその中でまるくなっていた。
たまに来客があって炬燵に足を入れると、「ここは僕の縄張りだ」とばかり、ガブッっと噛み付くのだった。普段は、大人しいタローなのに。

そんなタローがある日、出かけたきり帰って来なかった。心配で、探しまわったけれど消息は不明のまま・・・・あれから何年過ぎたのだろう。

今でも、炬燵に脚を入れると、思い出す。タローの温もりを。

「ペット大集合・ポチタマ」に出ていたワンちゃん「まさお君」が九日亡くなったそうだ。まだ七歳、あんなに、元気で、自然に生きている(人間に何も躾けられていない)まさお君、大好きだったよ。天国で走り回っていることと思う・・Haru_072

動物は、人の心にぬくもりをくれる。

今は炬燵ワンコのmomoが丸くなっている。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/11/24

~もの言わぬ・・・~わんこ

思うこと吾にもありて愛犬に心の内をうちあけてをりGoods_026 Goods_032

もの言わぬワンコだけれど、話かけると、じっと目を見て黙って聞いてくれる。まるで私の心の内を解っているかのよう。「そんなはずないか・・・」だが確かに楽になる気がする。

卓袱台の上の土瓶に心中をうちあけてより楽になりたり・山崎方代

と、山崎方代も言っているではありませんか。黙って話を聞いてくれる土瓶がある。真剣に語りかけている方代さんがいる。土瓶というのがおかしくて悲しい。
その光景を思い描くと、「よかったねえ。楽になって」と言いたくなってくる。

母の転院は、いつになるのだろう。早く近くの病院に変わるといいのだけれど。
病院からの帰り道,車窓から、細い細いお月様が見えた。なんだか心細い光りだなあ。三日月さま。Goods_034

♪今宵のワンコ♪
気持ち良さそうに寝ていたZZZzzz

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006/10/21

愛犬と歩けば・・・

愛犬と秋の夕暮れ散歩道すれ違う人・犬・皆愛し Aki_047_1 Kono_mh_3

我が家の愛犬MOMOは、11歳になった。動きが鈍くなってきた気がする。あんなに身軽で階段なんかも、風のように?駆け抜けていたのに・・・・今では、舌を出してハァハァ言ってる。
体形もずんぐりむっくり(失礼!)な感じになってきたし。Aki_147_1
犬の年齢人間に換算(出来るの?)したら70歳過ぎなのか、我が家で生まれて、それも仮死状態で生まれてきたのだ。あれは寒い寒い2月のこと、夫が「もうだめか・・・」といいながら、お湯で温め、毛布にくるんで見守っていたあの日を思い出す。
その子犬が、一番のやんちゃで元気いっぱいのワンコになった。手放すのが悲しくて以後、我が家の住人となった。Aki_148_1

あれから11年、MOMOは、もう老犬、犬の一生は短いからなお愛しい。
いつまでも元気でいてほしい・・・・私の前を大きなお尻をふりふり(そこがかわいい^^)歩く姿を眺めながら、改めて思ったことよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/09/28

小さな命消えないで・犬たちの・・・

秋晴れに犬と遊べば癒されて消える命のあるは悲しきAf_ooko_2

広島ドッグパークの崩壊を知り、その惨状を知り、又その命を救うため、寝る間も惜しんで奔走している人のいることを知る。無責任な人と、心優しき人、同じ人なのに、この違いは何なのでしょう。一匹でも助けようとする人がいて、処分してしまえと言う人がいて。

私のうちには、3匹の犬がいる。一番長くいる犬(ビーグル犬のhanako)は、もう1Aki_0553歳くらいになる。 後ろ脚が不自由で、三本脚で歩く、目は白内障にかかっている。けれど、すごく人懐っこくて、素直、呼べばどこにいても、すぐ三本脚で走って来る。普段は寝てばかりだけれど、可愛い存在だ。
もう一匹は、このブログによく登場しているビーグル犬・momo・hanakoの子供なのだ。Aki_057 これが、マイペースで猫的?性格、一人で行動するのが好き、干渉されたくないタイプ、そこがかわいい(笑
もう一匹これは、ブリタニースパニエル犬・magu.3才一番の元気Aki_054者(犬)好き嫌いがはっきりしている、初めての人には、なかなかなつかない、けれど甘えん坊ではある。
この三匹の住人は、全部女の子である(昨年momoの父taroが亡くなった)Aki_058
犬と暮らすということは、いつか別れの日がくるということ、Aki_052最期を見届けて、そして「ありがとう」と言おう。

今日も我が家の犬たちは、元気に駆け回っている。
ドッグパークの犬たちのことが、気がかり・・・・・

何かしなくてはと思い、ささやかながら募金に協力してきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006/05/10

わんこの話

Wagaya5_003_1 薫風に花の香りと鳥の声犬の温もり癒しの時間Wagaya5_008 

この家で生まれてもう十年になる、ビーグル犬momo人間でいえば、かなりいい年だけど、可愛い顔はそのまま(親ばか)、ちょっと太りすぎではある。最近動作も少し鈍くなった。もともとWagaya5_005猟犬のmomo(もう引退)山へ連れ出すと、人ではなく犬が変わるのだ。猟犬の本領発揮、フンフン鼻を使ってどこまでも、鳥とかウサギの匂いをつけて走る。走る。
しかし、歳?には勝てない。帰ってくると、ぐったりお疲れ、ひたすら寝ている。

私は、犬の寝顔を見ているのが好きだ。時々周囲の音に反応して、目をあけるそして又閉じる。何か食べ物の匂いがすると、突如目がぱっちり、飛び起きてくる。
本格的に寝てしまうと今度は、大いびきをかく。これがうるさくて、時々蹴っ飛ばしWagaya5_002たくなる。今では慣らされてしまったが。

こんなmomoだけど、無くてはならない存在になってしまった。癒しの力は大きい。が、猫っ可愛がり、いや、犬っ可愛がりは、しないようにしよう。

Wagaya5 佐藤愛子の「犬たちへの詫び状」

「怒りの佐藤」は大の動物好きだが、猫っかわいがりはしない。犬は犬らしくあれ、を信条に、ひたすら自由放任。たとえそれを他人が、無芸大食、悪臭プンプン、放浪癖と非難しようとも・・・

彼女の痛快、愉快?な犬のお話、読み返してみた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/03/13

Happiness is being comfortable

haru_072 寒いねと炬燵にわんこもぐりこむ今が幸せ春の雪ふるw_wan040

♪「幸せとは居心地のいいこと」♪
外は、冬に逆戻りしたかのような寒さ、時折雪がちらつく、春は気まぐれ、待たせて待たせて、ゆっくりとやってくるのだ。

haru_071炬燵にもぐりこんだ我が家のわんこ、居心地がいい、お気に入りの場所で、まったり幸せそうな顔をしている。 その様子を見ている人皆、幸せな顔になる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006/03/07

子猫ちゃんと遊ぶ

haru_066 春昼に子猫一匹浮かれたり春日やさしく吾と遊べやneko20-5

春日に誘われ散歩中、何かの気配に気づいて振り向くと、石の間から黒い小さな顔がこちらを見ていた。「あっ、子猫だ~」「おいで~あそぼう~」と声をかけた。子猫はこちらをじーと窺っている様子、動こうとしないので、帰りかけると突然飛ぶように私にじゃれついてきた。haru_065

「かわいい~」しばらく子猫ちゃんのお相手をした(私が遊んでもらったのかも)
お名残惜しいけれど「帰るね。バイ、バイ・・・」と、手を振ると悲しそう?に、いつまでも見送ってくれた。

子猫ちゃんとお友達になったある日の午後でした。

| | コメント (6) | トラックバック (2)

2005/12/13

話せば解る?

愛犬に話しかけてる冬の朝ちゃんと目を見て聞いているよね みいhana_010

動物を飼うということ。ほとんどの人が「ペットではなく家族の一員だ」という。「ペットロス」私も何回か経験したけれど、それは家族を亡くした悲しみと同様深い。「生と死」の喜びと悲しみ、けれどそういうことを経験して大人になった子供は、人の死を理解できると思う。まるでゲームのように、現実からかけ離れた思考で、起こしてしまう痛ましい事件などとは無縁と思う。
犬、猫、飼う事禁止のマンションが多い都会「自然」の無い所、こんな所にこそ「動物」がいて欲しいのに。

ワンちゃんには、いつも話しかけるようにしている。話せば理解することがたくさんある。誉めれば喜ぶし、怒ると尻尾をまいて逃げるし、いろいろ教えなくてはね。sora_032 sora_033

写真は我が家のワンコ、廊下から部屋をのぞいて何か言いたげ、「どうした?オシッコ?」「・・・・・」尻尾ふりふり「オシッコなの?ワンは・・」「ワン・ワンワアーン」会話成立、では外へお散歩に。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/11/05

ぬくもり

1026_005 静かなり秋の夜更けは愛犬のぬくもり恋し人みな孤独 みい

昼間の喧騒が嘘みたいに静かな秋の夜更け、肌寒くて、心まで寂しくなったりする。傍らのワンちゃんに話しかけてみる。黙って聞いてくれるだけなのになんだか暖かくなる。そのぬくもりが心地いい。s-dog1

暖かい家族はいるのだけれど、秋の夜更けはちょっと孤独を楽しんでみたくなる。そんな季節なのです。

愛犬の黒い瞳とぬくもりは心の奥の扉を開く みい

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/08/02

ワンコも夏ばて

wanko ビーグル犬momo、最近かなり太りすぎの様子。ダイエットのため、このところ毎日夕方散歩に連れ出し、4~5キロは歩いていたのだが、この暑さ夕方とはいえ、momoにとってはかなり厳しかったみたいだ。体温が上がり、口を開けハア、ハア。体温調節が大変だったんだね。バテバテ状態だ。
普通「お散歩に行こう」と言ったら喜んで飛び出してくるはず、が「お散歩」と言ったら逃げて、出てこない。そして写真のように、ごろりと寝てしまって動こうとしない。かわいい~・・・けれど。こんなに甘やかしていいのか?
当分外出無理みたい。でも食欲はあるから大丈夫だね。

過ぎてゆく夏は厳しく熱もてりいとしきものよわんこの夏よ  みい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/17

ワンちゃんを洗おう

四国地方も梅雨明けしたようだ。水事情は依然、厳しいようだが。
朝から晴れ間が広がり、気温も最高32度を超えたそうだ。ワンちゃん達も暑さには弱い、毛皮を着ているんだもの、ちょっと夏服に着替えてなんてことが出来ない。舌を出して体温調節している。
今日は、シャンプー・リンスしてもらってご機嫌(だと思う)うん、美犬になった。17day_005
「momoちゃんいい匂い」とmaguちゃんが、匂いをかいでいる。二人とも女の子なんです。とっても仲良しなんです。そんな二人のツーショット!

暑い日は犬を洗って太陽の下で遊ぼう負けるな夏に  みい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/07/06

どっちがかわいい?

bidama_004 癒されて傍らに在るいつも在る犬という名のおもしろきもの  みい

いつの間にか家族になって、そこに居るのが当たり前という存在になって何年たったのか、いつまでもこのままで居てほしいと願う。六匹生まれたあの日、一番やんちゃで一番かわいい顔してたっけ、今もかわいい(親バカ)けれど、他の五匹はそれぞれもらわれて行き残ったというか残したのが、この子だ。
交通事故に遭い、奇跡的に助かったという過去もある。今では、家族の潤滑油であることは確かだ。

写真は、お気に入りのビーグル犬のぬいぐるみ、並んでパチリ!さあ、どっちがかわいい?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/27

わんこも夏ばて

satuki_001 なんとか食欲も出て少し元気になりました。どうもご心配かけました、そしてありがとうございました。 by momo

病院へいってきました。軽い熱中症と、生理の時期が重なり、お腹は、乳腺が腫れて硬くなり触ると痛かったのかも・・・・・ということで、一応お腹のエコー検査して、お薬出されて、又一週間後にきてくださいでおしまい。くわしい説明もなく、大丈夫かな。

水不足わんことわたし雨のない梅雨空見上げ雨乞いしましょ  みい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/05/30

脱走!

さぬきワンワンパークで、遭遇したワンちゃん(フレンチブルドッグ)柵を乗り越え、今まさに脱走?しようとしていた。けれど「ちょっと高すぎて、飛び降りることはできないワン!誰か助けて!inu2 200505291441 ワン!」と言っているところだ。その表情が、しぐさが、なんともユーモラスで、思わず笑ってしまった。ワンちゃん必死なのに、ごめん!
日曜日ということで、子供達も多く来ていた。ブルちゃん人気者、カメラのシャッターを切る人多数、一緒に記念撮影に応じて、この格好のまま、大サービス?

ブルちゃんは、一見恐い顔してるけれど、性格は穏やかで、情愛が深い犬種といわれている。

人々を笑顔にさせるものは何命あるものみなかわいくて  みい

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/01/11

被災地で活躍するわんちゃん

200411192115中越地震で活躍した救助犬レスターのことを、憶えていますか?
タイ南部の津波の被災地でも、ワンちゃんが活躍しているのです。もと野良犬だった雑種犬「マコック」「マックルワ」「ブアダン」三匹は、初日6日に約50人の兵士とともに出動、3遺体を発見、10日までに10人の遺体を発見した。
タイ国王は、愛犬家で、野良犬を引き取って育てている。国王の発案で、国軍が50匹を救助犬、遺体捜索犬として訓練していた。「何故遺体捜索現場に犬がいないのか?」という国王の発言がきっかけで、訓練中の犬の中でも、特に嗅覚の優れた三匹が、選ばれ急遽出動という事になった。
今も、被災地で活躍している。「三匹は国軍の誇り」といわれて。

そんなニュースに感動!我が家のわんちゃんは?餌を前にしてよだれをだらーっと「待て!」の姿勢、早く「よし!」って言えよとこちらを見ている。う~んでも、可愛いからまっいいか!

この地球命あるもの助けあう優しきものの生きる世界
                   みい

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/12/26

傷ついたワンちゃん、その後

kurisumasu6クリスマス傷つけられしそのワンコ優しき人に引き取られゆく
            みい

16日の、記事で紹介した「ワイヤの巻かれた犬」
25日早朝、無事保護された。幸い左前脚の傷も軽傷だった。すでに名乗りをあげていた、里親に近く引き取られるという。野良犬だったワンちゃんほんとによかったね。クリスマスわんちゃんにとってのサンタさんは、引き取ってくれるやさしい里親だったんだね。犬が出没した近くの女性「無事保護されて一安心」と胸をなで下ろしていた。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2004/12/16

傷ついたワンちゃん

bi-tyan3心なき人を怖れて傷ついたワンコ一匹人を拒みて
                  みい

テレビのニュースで、知った。痛々しい姿のわんちゃん、前脚にワイヤーのようなものを巻かれ、痛いのだろう、前脚を持ち上げたまま、逃げるように、歩いている。皆、なんとか捕獲して、救ってあげようと、努力している。けれど、人間不信、警戒して、餌をやっても、決して近づこうとはしない。
時々この犬に餌を与えていたという、女性が、早くなんとか助けてほしい・・・いじめられよほどつらい思いをしたのだろうと涙を流していた。
わんちゃん、人間てほんとは、いい人ばかりなんだよ。逃げないで・・・・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004/12/05

同じ命

sozai2.bmp
ひとつだけ命あるもの皆同じ限りあるからだから愛しい
                      みい

中越地震で、家を離れざるを得なくなった人々の中には、ペットといるため避難所にも行けず、車とかテント生活をしている人がたくさんいる。独りのおじさんが、ペットを抱き「、この子がいるから、癒されているんです。心の支えです。」と言っていた。地震の最中、子犬を産んだわんこもいた。助け出されるまで、ちゃんと子犬を守って育てていたそうだ。
先日のニュース・自宅が火事になり、逃げ出したものの、ワンちゃんが三匹、火の中に取り残されているのを知って、火の中に飛び込んでいった子供がいた。その子はそのまま帰ることはなかった・
同じ命、悲しすぎる・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)