« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019/01/31

~静かなる冬の公園~

静かなる冬の公園絵のように 

 碧の池に集う水鳥

P1230960
P1230952

梅林を出て公園をぐるりと一回りしましょう。

碧の池には鴨さんがゆらゆら、平和な空間。

P1230976

池の中にある築山には、音符のように仲良く並んだ水鳥たち。
何をお話してるのやら。
「君はどこから渡ってきたの?」
なんて会話が聞こえそう

P1230961P1230962

赤壁には流れ落ちる滝が。
冷たそう。
でもベンチに座ってじっと眺めている人がいた。

P1230958P1230959

日暮亭の横を歩く。冬の庭に万両の実の紅さが印象的。

P1230964

藪椿も開花し始めている。
かわいいですね。

P1230966
P1230967

和船が行く。
寒くても乗船する人がいるんです。
観光客のようです。
(乗船はネット予約できる)

P1230974

飛来峰からの眺めは最高にきれい。
さすが大名庭園
撮影スポット、来るたびにここでカシャット一枚。

P1230975

掬月亭を望む。

そうそうあの鯉たちはどうなったのでしょう?

園内の6つの池には約1000匹住んでいた。

(昨年4月コイヘルペス発症のため大量死、全部処分されてしまったようだ)

次回へ続く~~~

P1230750
トラくんも心配・・・

今日は冷たい雨の一日となった。
春が遠のいた感じ

みなさま、寒さに負けずによい一日を!

2019/01/30

~梅の園、やさしい季節が~

梅の園やさしい季節が巡りくる

 

 空を仰げばそこにある春

 

P1230941
栗林公園の梅が7分咲きと聞いて、早速見に行くことに
平日の寒い日だったので人も少なくてゆっくり散策することが出来た

北門から入って少し歩くと、北梅林が見えてくる

P1230950
P1230949

開花標本木の白梅、やはり七分咲きみたい
開花は12月21日、昨年より早く咲いたようだ。
やはり温かい日が続いたからだとか。

P1230942

ピンクの梅は、かわいい乙女

P1230944

ピンクの妖精たち


P1230945

白梅は凛として清楚な感じ

P1230946

かわいい桃色の花、青い空に映えてきれい

P1230947
P1230948

やはり紅梅の方が咲くのが早いみたい
白雲と青空とコラボ。

南梅林へと行ってみましょう

P1230951
P1230953

冷たい空気の中でも梅林散歩は楽しい

P1230954

確かな季節の巡り、やさしい梅の香に春を感じる。

P1230955

白い妖精に心が洗われる

P1230956



梅林散歩、楽しんでいただけましたか?
来月には梅まつりが開催される。
この辺りも人でいっぱいになることでしょう。
メジロさんたちの飛び交う姿も見られるね

まだまだ寒いけれど梅の香りに包まれて空を仰げば、そこに春を感じた。

公園散歩は続きます~~~

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

P1230938

トラくんは寝てお留守番
「早く帰ってにゃあ~

P1230939

ルナさんは、同行したね。
でも車の中で待機、寝て待ってたね。
栗林公園はわんこだから。
「でもね、帰り道の河原散歩楽しかったワン

2019/01/28

~ゆうらりと水の宇宙の~

ゆうらりと水の宇宙はゆめ模様

  歌っているよメダカの学校

P1230928

一緒に引っ越してきた小さなメダカたち。
元気にゆらゆら泳ぐ

小さないのちは逞しい。

P1230926

ちょっと大きくなった気がする。
気のせい?

メダカの世界はどこまでも平和で楽しそう

+゚゚。。+゚゚。。。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

今日もトラくんは、窓辺で外を眺めている

P1230908

外の世界に興味津々。
ご近所の猫さんたちが来るのを待っているのかな?
最近、来ないね。

P1230909
野鳥の飛び交うのを眺めているのかな。


P1230910
今朝はウグイスらしき姿があったね。

P1230919P1230917

寒い寒い一日だったけれどルナさんは元気にお散歩中。
自然児ルナさん。



P1230921
P1230916
ルナさんの探検散歩は続くのです。
でもあまり遠くへは行けないよ!

イノシシが出没するかも

P1230914

道の下側には、水仙が咲いている。
冬の陽射しの中で清楚な姿。

人も自然の一部、小さな存在。
あるがままに生きたいと思う。

寒い毎日が続きますね。
でもその先には春が待ってます^^。
みなさま元気な毎日を!

2019/01/26

~十二番目の天使~

人生はどんな時でも精一杯
  ネバーギブアップ天使は傍に

P1230925

「十二番目の天使」 オグ・マンディーノ  坂元貢一訳

       発行者 足立欣也
       発行所 株式会社求龍堂

すべての人間の人生が、
神によって書かれた、
おとぎ話である
    -ハンス・クリスチャン・アンデルセン

人生・・・愛・勇気・決して諦めないこころ・・・
いつしか物語の中に惹きこまれてゆく。
感動の物語である。
号泣ものだけれど、読後、心が洗われる思いがする。

あらすじは敢えて書かない。
興味がある方は、是非一読を!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

この記事を書いている時、お邪魔虫になるトラくん
マウス返して!

P1230932

その横で眠るルナさん

P1230930

みなさま、寒さ厳しいですね!
インフルお気をつけて!
よい週末をお過ごしくださいね。

2019/01/24

~夕散歩冬陽やさしく~

夕散歩冬陽やさしく降り注ぎ
  影と歩めば茜に染まる

P1230920

夕方散歩は、長い影と二人三脚だ。
分身はどこまでも着いてくる。

P1230917

ルナさん、ノーリードで散策中。
影と一緒にお気に入りの草を見つけたかな?

P1230906

わたしの長い脚(笑
アシナガオバサンになる
西陽の中で、どこまで伸びる?

P1230905P1230907

夕方散歩は快適だ。冷たく澄んだ空気吸い込み歩け歩け!
身も心もしゃきっとする。

ここに来て日課になった。




P1230911
窓辺のトラくんは、何を思っているのでしょう。

P1230912
しばし哲学にゃんになったトラくんでした

トラくんも茜色だね。

ひと日の充実、大切ですね。
みなさまよい一日でしたか~

明日も笑顔でね

2019/01/22

~永遠はあると思える~

 永遠はあると思える青い空
      冬の陽射しが降り注ぐ午後

   

P1230888

先日、知人を空港まで送っていった。
飛び立つ機体を見送って、しばらく空を眺めていた。
空気は冷たく澄んで寒さを忘れる。

P1230891
眩しい冬のお日さま。

P1230893

ヘリが一機いま飛び立とうとしていた。
大空へと舞い上がるとき。

P1230894
やがて高い空へと。
鳥になった気分で気持ちいいだろうな~

永遠に続く青い空、輝きを増したような冬陽と白雲とヘリコプター、メルヘンでした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

同行していたルナさん、途中下車
草むら散歩。

P1230895
P1230896
お気に入りの草を見つけたみたい。

P1230897
P1230898
小さなルナを温かい冬の陽射しが包む。

P1230900
光合成出来たようだね。
しばらく散策して、さあ帰りましょう。

P1230899
P1230901
見飽きない青い空と白い雲。
ルナさん、帰りたくないようでした


P1230902
帰りを待ちわびていた?

「トラくんただいま」

P1230904

喉の辺りををなでなで中。
こんなお顔になる

週末は寒くなるようですね。
インフル引き続きご注意ください!

今日も笑顔の一日でしたか?

2019/01/20

~冬の朝小鳥の声に~

冬の朝小鳥の歌に誘われて
 光の中へ未知の世界へ

 

P1230869

ある晴れた日の朝、二階の窓からトラくんは、じっと外を眺める。
しばらくその場所から動かない。
澄んだ空気きりっと冷たい空気の中へと。
トラくんは冒険に出たいのだ。

P1230870

先日帰宅したときに見た光景が蘇る。
門扉を開けて中に入ると日当たりのいい庭になんと猫ちゃんが4,5匹まったりとしているではありませんか。
すぐに逃げ出す気配はなくゆっくりと塀によじ登って姿を隠した。

我が家が猫屋敷になっていた(笑

P1230883

家の中では、トラくんが窓際でその様子を眺めていたみたいだ。
トラくん、みんにゃの仲間に入りたかったの?

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

P1230884

先日友人と会った時に一緒にいただいたモーニング。
ここはコーヒーの美味しいお店。
厚切りパンは、外がこんがり中はもちもちで美味しいのだ。
笑顔のひと時

P1230885
その後買い物に行ったショッピングモールには、まだ高校生の書道作品が飾られていた。
先日紹介したものの他にこんなのがあった。

笑顔は人を笑顔に幸せな気分にさせますね。
今年は笑顔の多い年にしましょう
改めて思った。

P1230886

ルナさんも冒険散歩いっぱいしようね!

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

平成最後の歌会始
お題は「光」

みなさま、素晴らしいお歌ばかりでした。
その中で、最年少16歳・加賀爪あみさんの一首

ペンライトの ひかりの海に飛び込んで
 私は波の一つのしぶき

情景が浮かぶ歌、若い感性が光ってますね。

2019/01/17

~ゆらゆらと小さな宇宙で~

ゆらゆらとグラスの宇宙で生きている
 小さないのちは世界を知らない

P1230864

先日買い物に行ったショッピングモールで開催されていた。
「干支のお魚大集合! 開運 遊べる水族展」

干支のお魚ってあるんですね。
ちょっと興味があったので覗いてみた。
P1230866
P1230865

干支のお魚たちの写真は撮れなかったけれど小さな魚たちに魅了された。


P1230861P1230863
P1230862

グラスの中の小さな魚たち、きれいな色をしていた。
クラゲは、神秘的面白い生き物だ。

金魚すくいも出来るとかで入り口で紙の網?を渡されたが。
これはそこに居た小さな子供にどうぞした。
喜んでくれた、いっぱいすくえるとといいね

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

陽だまりの中で
P1230859
P1230860
ルナさん、ご飯の後は眠くなる。

P1230867
「冬の陽だまりは気持ちいいワン

P1230868
トラくんも眠くなってきたようです。

「ルナ姫と一緒にお昼寝するニャン

2019/01/14

~冬ざれの丘に~

冬ざれの丘に登って見渡せば
 絵画のように霞む山並み

P1230880

良く晴れた日曜日。
ルナと近くを探検散歩した。
車で5分ほど山間の道を進む。
看板に「陣の山古墳」と記されていたのを見つけた。
早速登ってみることにした。

冬ざれの坂道、ルナは大喜び。

P1230876P1230875

少し登ったところにそれはあった。
この場所からの眺めは最高。
遠くに見える山並みは少し霞んで絵画のようだ。
ぐるりと360度のパノラマビュー。

わたしたちの住む団地が小さく見下ろせる。
大自然の中に小さな人の営みがあるのだなあと。


P1230873
クリックで大きくなります。興味のある方はご覧ください。
P1230874P1230877

「陣の丸古墳」
ここは陣の丸という独立した丘陵上に位置する。
標高142.4m山上は「陣の丸高原」綾歌十景のひとつとか。

まだ発掘調査はされていない。
詳細は不明だが斜面部から埴輪片が見つかっている。
埴輪が巡らされていた可能性が高い。
中世戦国期に「陣の丸城」という陣城として利用されていたようだ。
「陣の丸」と称される由来である。


P1230878
P1230879
築造時期は4世紀中頃、この辺りにはかなり大きな集落があったのだろう。

P1230881
高い鉄塔が青い空に向かって背伸びするよう。

いにしえに思いを馳せたひと時。
また来てみようね、ルナさん!




お留守番トラくん


P1230872
このまん丸いフオルムが大好きだよ

みなさま、あったかくしてニャア~
風邪ひかないでニャア

2019/01/12

~彼方から白い手紙が~

彼方から白い手紙がふうわりと
 こころに届く冬の境内

P1230846

「国分寺」へ参拝した。
※四国八十八か所霊場・第八十番札所

買い物途中にいつも横目に見ながら通りすぎていたが

お正月には、駐車場も満杯、人人人で溢れていたようだ。
今はひっそりとして、参拝する人影もまばら。

P1230847

かなり広い境内はきれいに手入れされている。
左右には、「ミニ八十八か所」それぞれのご本尊の石像が並んでいる。


P1230848

まずは本堂へと。

P1230849
静かに手を合わせ今年の平穏無事を祈る。

P1230850
弁財天

P1230851
不動明王  お大師さま

冬日の中で静かに立つ姿を眺めていると心が平穏になる。

ゆっくりと参拝を済ませて車へと

車の中ではこの方が待機中

P1230640

車の中では、大人しく待っているルナなのです。
いつも着いてくる

この丸い物体は?

P1230852

トラくんですね。
わたしがPCの前に居ると傍で

P1230853
ふわふわの冬毛、ますます丸くなった(笑

三連休ですね~
みなさまよい週末を!

2019/01/10

~ひっそりと丘の上に~

静かなる丘の上には地神あり
  いにしえの空気渡りくる風
 

P1230857

新しい居場所に、もうすっかり慣れてきたわたしたち。

気になっていた「富熊地神社」へ行ってみた。
一段と小高い丘の上にそれは建っていた。
石の鳥居の向こうには石の塔(地神塔)が立っているだけ。
そこはかなり広い広場になっている。
犬の散歩はご遠慮くださいと看板があった。
参拝する人の姿はなかったが、お供え物はしてあった。

その昔は、ここで祭礼とかあったのかなと思う。
ネットで検索してみたが、詳しいことは解らなかった。

いつか地元のお年寄りに聞いてみたいものだ。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

おまけ画像 
  ちょっとデコってみました

P1230854
P1230855
ゆめの国へと


P1230856
P1230858
冬のワンニャン

空気が乾燥しています。
インフルエンザが流行っています!
みなさまお気をつけて!

2019/01/07

~冬木立カラスに宿を~

冬木立カラスに宿を貸しにけり
 静かなる生内に秘めつつ

P1230843

5日、近くの天満宮へ参拝した。
曇り空の下、メタセコイアがすっくと立つのを、眺めていた。
冬景色の中、力強く空に伸び行くその姿に元気をもらった。

上の方にあるのは、カラスの巣?

P1230842
ここ滝宮天満宮は学問の神様、いくつになってもお勉強はしないといけません。
頭が退化しないようにと お参りをした(笑

P1230840
本堂の横にある梅の木、よく見るとちらほら花が咲いていた。

P1230841
一足早く春を呼ぶ。
白梅きれいですね。

境内の下方には梅林が広がっているが、まだまだ固い蕾だった。
花開くころまた来てみよう。

P1230845
隣接する滝宮神社にも参拝。
狛牛さんがお出迎え。
なんか愛嬌のあるお顔でした^^。

P1230839
入り口付近にあるのは鳥のオブジェ?
ではありません。
松の木ですよ~枝が面白い形になっていた。

P1230844
滝宮神社に今年の安寧をお祈りして、ルナの待つ車へと

P1180356
人のいない場所を探して、ノーリードお散歩したルナさん

P1230838
お留守番トラくん、まあるくなってお休み中。

みなさま、どんなお正月を過ごされましたか?
新しい年も笑顔で過ごしましょう

2019/01/05

~参道に~  お猿さんに会う

参道にポツリポツリと梅の花

 

 見上げて歩けば初春の笑み

P1230829

金毘羅宮へ参拝して、帰りは階段を避けて裏参道へと。
裏参道から登ってくる人は、まばらで、ゆっくりと下っていける。

途中休憩所に梅の木がある。
オジサンが写真を撮っていた。
「梅の花が咲いてるよ」

P1230830

見上げるとポツリポツリとかわいい花が咲いている。
冬陽にキラキラほほ笑んだ。

P1230828_3

紅い実は南天。

P1230831

下向道と記されている。

下まで降りてくると何やら人だかりが・・。

P1230832

なんと神戸モンキーセンターからやってきた猿回しだった。
かわいいお猿さん、ちいさな体でいろんな芸を披露する。
賢いね。

P1230833

竹馬も自分で用意してひょいと飛び乗る。
みなさん拍手!お猿さんは得意顔

P1230835
後ろ姿もかわいいですね。
ちゃんとご挨拶。

P1230836
お正月の衣装も似会っていてかわいい。
逆立ちも得意。

P1230837
ジャンプ!

わたしたちは途中から見たけれど、訓練された芸は一流。
子供たちは大喜び。


P1230834

500円以上籠に入れるともらえるカード。
すごいです千円札が飛び交っていた

帰り道に遭遇したモンキー劇場。
いっぱいの笑顔に出会ったのでした。

2019/01/03

~新しき年の初めの~

新しき年の初めの願いあり

 淑気満ちたる参道を行く

P1230803_2P1230804_2

元日の朝、金毘羅宮へ初詣に行った。
良く晴れた日の、空気は澄んでその冷たさが心地いい。

好天に恵まれて参道は人波が長く続く。

今年も頑張って785段上って行きましょう。


P1230826P1230805_2

途中、ルナにそっくりの金毘羅代参犬にご挨拶。
頭と鼻をみんなになでなでされ、ぴかぴか(笑
(金毘羅宮初詣は、ワンコ同伴OKですよ)

あまりに人が多いのでルナはいつもお留守番だ。

P1230806_2P1230807_2
P1230809_2P1230827
神馬にもご挨拶。
ルーチェ号は、しっかりお顔を見せてくれる。
月琴号は、残念ながらお休み中、背中しか見えなかった
右下の画像は「さざれ石」


P1230810P1230811
その横の広場には巨大な絵馬が設置されている。
みなさん思い思いに願い事を記している。
もちろん、わたしたちも書きましたよ。

P1230812P1230813
P1230814P1230815
まだまだ階段は続く~~~
かなりきつい階段だ


P1230816P1230817
頑張って登った先に姿を現す本宮。

しっかりと願い事を。

P1230818P1230819
本宮からの羨望。
讃岐平野が見渡せる。
晴れた日、すっくと立つ讃岐富士がひときわ美しかった。

P1230820P1230821
本宮の下はトンネルになっていてくぐり抜け出来る。
その先で、「幸せの黄色い守り」をいただいた。

P1230822P1230823
ここから見る空は青くて高く、元日のお日さまが眩しい。


P1230824P1230825

藪椿も朝陽にキラキラ。

今年は災害のない明るい年になればと祈る。
みなさま元気で笑顔の多い年にしましょう。

帰りは裏参道をゆるり歩いて帰ることにした。

帰途の様子は次回へと続く~~~

P1230797

ルナ&トラ

もうすぐ帰るよ!

2019/01/01

~初美空見上げて~

初御空見上げて思う今年こそ

 新しい空気流れだす朝

 

P1230770

新しい年の始まりです。
皆様にとって良きこと多き年でありますように!

P1230763

今年もルナ&トラよろしくお願いします。
元気な年にしたいと言っております。

同じ朝なのに何もかもが新しく感じる、そんな朝でした。
「今年こそ」「今年も」いろんな思いが溢れます。

新しい年が平穏無事な世界でありますように!

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物
2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

出会った人たち

無料ブログはココログ