« ~夏空へ~ | トップページ | ~暑中お見舞い申し上げます~ »

2015/07/24

~蝉~

懸命に鳴く蝉愛し空を見る
 短い夏の短いいのち

P1150439

今朝の庭、足元に何かいる。
蝉だ、かなり大きい、クマゼミのようだ。
この夏のいのちを終えた蝉なのか。

夏、やかましくなくセミたちの声を聴くと夏だなあと実感する。
命の限り鳴いて子孫を残す。
短い夏に短い生を精一杯生きる蝉たち。

ルナ&マグに見つからないようにそっと草むらへ・・・。

P1150441

今朝のマグねえさん、この暑さ最近ちょっと元気がないかな。
食欲はあるので、大丈夫だね。
この蒸し暑さ、老犬には厳しいね。
頑張ってこの夏も乗り切ろうね!

P1150440


トラ王子の後姿に漂う哀愁?
短すぎる蝉の一生を思っている・・・・

なんてことはないよね

« ~夏空へ~ | トップページ | ~暑中お見舞い申し上げます~ »

自然・動物」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
こちら、今年はセミの声が聞こえません。
いつものように、あのうるさいセミの声が聞こえないと、猛暑もただただ暑いだけ。
早く聞きたいものです。

マグねえさん、お年寄りには、この猛暑、辛いでしょうね。

こんばんは。

蝉の命は短くて・・
花の命はけっこう長~いかな。

夏の蝉は1週間くらいの寿命と
言われている・・実は、夏は暑いから~!
そんなに生きられないのだとも?? そのウソほんと?!
そもそも夏の蝉は天敵が多いしね。

だけど、暑くなくて敵がすくなければ、
一か月くらい生きる・・という説もある。

それでも地上にでて一か月の命というのはまた、
100年も生きる人間の寿命からみれば儚い。

うちの猫ズは主に家の中にいるので、
夏には猫用の大理石を廊下に置いています。
すると、駆けたあと、この上で横になって
体を冷やします。

庭犬は、夏になると穴を掘って
体を穴の中に入れて体を冷やします。
そこが熱くなるとまた穴を掘るんです。
マグ姉さんは年なので、犬用大理石を
敷いてあげたらと思います。
あうあわないはあるかもですけど。

猫は狩人ですから、
獲物に対する慈悲はないでしょう。
動物界は食うか食われるかしかないから。。
とも言えない事例もありますけどね。

ゴリラ舎に幼児が落ちた時、
オスゴリラを払いのけ、
幼児を助けたメスのゴリラがいたそうで、
すぐに飼育員に幼児を帰したとか。

トラ王子もまた、天のイタズラ?で、
>短すぎる蝉の一生を思っている・・・・

なんて、素敵だね。

ソングバードさん
 おはようございます

そちらはまだ蝉の声しないのですね。
こちらは、今もやかましく蝉の大合唱が聴こえてますよ。
お隣さんにも、大きな木があるので蝉がいっぱいいるようです。
マグねえさんは、今朝も水遊びさせました
暑さに負けないでほしいと思います。

海tonさん
 おはよう~

蝉の地上での生はほんと短いね。
今も蝉の声を聴きながらコメしてます。
一生懸命に鳴いて生きているんだなあ~と改めて思います。
猫用の大理石、冷たくて涼しそうですね。
うちの先住犬モモも、庭に穴を掘っておなかくっつけてましたよ。
冷たくて気持ちいいのかな。
マグねえさんは、お庭に居るのでいつも水遊びさせてますよ。
大理石もいいかもね。
>幼児を助けた雌ゴリラ・・・
 常識では計り知れないのが、動物の世界かもね(人も含めて)
トラ王子は、夢の中では短すぎる蝉の一生を儚んでるかも

みいさま
越後新潟 我が家の周辺でもセミの鳴き声聞こえています。
儚い命、精一杯の力を振り絞っているかのように思えます。
もうすぐ8月 時の流れの速さ思い知らされます。

輝ジィ~ジさま
 こんばんは

コメントありがとうございます!
越後も蝉の合唱が始まりましたか。
夏本番ですね。
時の流れは速すぎましねえ~
一日一に充実させたいものですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~蝉~:

« ~夏空へ~ | トップページ | ~暑中お見舞い申し上げます~ »

フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

出会った人たち

無料ブログはココログ