フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/29

~ほっとタイム~

北風がこころ騒がす日々だけどコーヒー色のほっとタイムあり

相変わらず病院通いの毎日、会話はないけれど、母の顔を見ると安心する。微熱があるのがちょっと心配・・・ではあるが。

そんな日々、買い物に行くと、時に立ち寄るCafeがある。
ショッピングセンター内にある、Cafeだ。
ゆっくりとコーヒーブレイクそんな時間がちょっとうれしい。

P1120641
(猫好きなわたしのために、描いてくれた猫のイラスト)
ふふ・・・トラ王子のこと思いながらいただくカボチャのケーキ。
優しい甘さがいい。

P1120643
(マラソンオジサン(夫)のためには、こんなイラスト)

頑張ってるね!runsweat01

時々立ち寄るようになって、仲良くなったお店の人と話す中で、神戸マラソン完走の話をした。
するとこんなイラスト描いてくれた。
「ありがとう~runscissors

その他にもこんなかわいいのがあるので紹介です。
P1120644 P1120645

あ・一度にこんなに食べたんじゃあないよ!(笑)
消えるもったいないので、カシャっとcamera
撮りためたものの一部。

P1120646

コーヒータイムは、ほっとタイムでしたcafe

2013/11/27

~海が見たくて~海に寄せる想い・タンポの石棺

潮風は母の想いの子守唄寄せては返す波はゆりかご

P1120630_2

ここは沙弥島(しゃみじま)秋晴れの日曜日。
島の遊歩道、ルナ姫catと散歩、潮風が心地よい。

P1120628

瀬戸の海を見下ろす小高い場所にひっそりとある小さな石棺。
「タンポの石棺」その昔船旅の途中で亡くなった子供の墓とか。
ここを通る時、わたしはそっと手を合わす。

P1120627
寄せては返す波は、きっと母のゆりかご潮風は子守唄。
時は流れても、変わることなき母の想い。
幼子は、永遠に母の胸に抱かれゆりかごの中・・・・。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

P1120621

ここでも「ルナを探せ!dogeye
チビルナどこにいるか分かるかな?
保護色になってる。

P1120625

かなり下までボール追いかけダッシュdogbasketballdash

P1120626

この時期、海の水は冷たい。
けれど陽射しはキラキラ暖かい。
水遊びが大好きなルナ姫も、水際を歩くだけdogsweat01

P1120616

久しぶりの沙弥島散歩、ルナさんdognote上機嫌。
「帰りたくないワン!」

木漏れ日の道は、どんぐりころころ。
P1120623 P1120619

この実、何の実?
P1120618

紅葉も見ることが出来た。
P1120631

久しぶりに島散歩、やはり自然はいいな。
心がリフレッシュ!

P1120615
「楽しい一日だったワン!dognote

「ルナと一緒にお散歩楽しんでくれてウレシイワン!doggood

2013/11/25

~海が見たくて~沙弥島へ行こう

訪ねきてゆらゆらゆらり瀬戸の海青はやさしさこころ預ける

P1120614
秋晴れの日曜日、ふいに海が見たくなった。

ルナ姫dogを連れてcardash
やって来たのは、沙弥島(しゃみじま)ナカンダ浜。
変わることなき瀬戸の海、どこまでも穏やか、やさしい青が心を溶かす。
P1120613
小さな船が浮かんでいる様は、飽きない風景。
旅心を刺激するね!
P1120603
「ルナを探せ!dogeye

でもバレバレだよ。coldsweats01

P1120605

水際まで行っては、戻って来るルナ姫dogwave
もう海水は冷たいものね。
ボール遊びに夢中。
P1120609
「ここ掘れワンワン!」
お宝あった?
P1120606_2
「ボール見つけたワン!basketballeye
ルナのお宝はボールだね。

ルナのボール遊びは終わりにしてcoldsweats01
瀬戸の海と瀬戸大橋、美しい風景をお届け。
P1120607

青い海に白い瀬戸大橋が・・・
P1120611

ススキが潮風に揺れる。

P1120608

白い塔は、瀬戸大橋タワー、展望台が上まで移動する。

P1120612
きれいな風景は心まで透過する。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

今日25日は、朝から冷たい雨と風、本格的な冬がそこまで来たようだ。

P1120532

皆さま温かくしてお休みくださいませニャア~ By トラ王子catsleepy
続編あるニャン!又来てニャア~catwave

2013/11/23

~君は夕陽色~ねこはいいなあ~

生きがたき人の世なれど君はねこ夕陽色した温もりくれる

P1120601

トラネコトラcatは、毎夕方塀の上にどっかりと座って、世間を見ている?
鋭いその瞳に映るものは?

P1120600

瞳に中に映る世界は、人間世界。

あれこれと煩わしいこと、多き世界だ。
でも人は、ひとつひとつ乗り越えていかなければならない。

P1120599

その先にあるものを見つけるために・・。

P1120576

人間て大変なんだにゃあ~catsweat01
ぬくもりあげるにゃん!catannoy

ねこはいいなcatnote

お腹がすいたら、ごはんもらって遊んで、眠くなったら丸くなるsleepycatsleepy

2013/11/21

~吊るし柿ゆれる庭~

霜月の風がささやく甘くなれ自然の恵み太古の果実

P1120591

今年も渋柿がいっぱい実をつけた。
去年より数は、少ないけれど実は大きめだ。
そのままにしておくと、熟した頃にはカラスの餌となる。
カラスは賢い、渋柿は食べない、熟して甘くなるまでじっと待つ。

めんどうでも、やはりドライフルーツ・干し柿でしょ!

P1120584

昔は、どこの家の庭にも、畑にも柿の木があった。
我が家の庭にも子供の頃、一本の大きな柿の木があった。
秋になるといっぱい実をつけていた。
甘くて美味しかった。
ばあちゃんがご近所さんにお裾わけしていた。
その柿の木も今はもうない。

畑にある渋柿だけになった。

P1120597

トラ王子、柿は食べないけれど、
「オレンジ色のオモチャだニャンcatnote

P1120594
マグねえさんdogと、ルナ姫dogは、柿大好きだ。
あ・でもこれは。渋柿食べられないよ!
美味しくなったらお裾わけしてあげる。

懐かしい風景、我が家の近所ではもう見られない。

2013/11/18

~港町を駆け抜ける~神戸マラソン

秋空に熱い声援響く町駆け抜ける人風のランナー

P1120589

17日、「第三回神戸マラソン」が開催された。
運よく抽選で当たった、ルナとうさん、前日から出かけて行った。

P1120585

とうさん大好きのルナ姫dog、お留守番だ。
「寂しいけど、一日我慢だワン!とうさん頑張って!」

P1120586
「ちょっと心配だニャア~歳だから無理すんなよ!」
かなり生意気なトラ王子catだ。

P1120548
「頑張ってとうさん、完走してね~怪我しないでね~」
やさしいマグねえさんdogでした。

そんなワンにゃんに送りだされたとうさん、足の裏に血が・・・でも完走だ。
若い女の子がメダルをかけてくれたそうな。
よかったねhappy01
P1120587

応援メッセージは、神戸の子供たちが一枚一枚書いてくれていた。
オリジナルのメッセージ、ちょっと面白かったので紹介。
 マラソン42.195km
 おは朝 がんばれ いつもみている
 あきらめるな!
     以上

小学5年生の女の子からだった。
ありかちゃん、ありがとう!
ふふ・・・力強いメッセージ、笑顔になれるね。

P1120590

お土産にもらったTシャツ、おしゃれなデザインだ。

フルマラソンは、午前9時神戸市役所前をスタート、明石海峡大橋のたもとを折り返し、ポートアイランドのゴールを目指す。
招待選手を含む1万8267人が出場だ。
{ゲストは、有森裕子・高石ともや・朝原宣冶さん等}
沿道では、約59万人が声援を送る。
海上の船からも温かい応援があった。
秋晴れのこの日、ランナーはちょっと暑かったかも。

わたしも応援に行きたかったけれど、今回は断念、病室で母と応援だ。
でも母には伝わったかなあ?
言葉を発してくれるといいのだけれど・・。

そんなこんなの1日が終わる。
夕方から雨になった。

2013/11/15

~月夜の散歩~

やわらかい月の光と若き母遠いあの日の月夜の散歩

P1120581

母の実家は、今では車で30分もあれば行ける距離だ。
讃岐富士(飯野山)の麓にあった。
里帰りするたびに、幼い妹とわたしは母にくっついて行ったものだ。
そこには、優しい笑顔のおばあちゃんが居た。
月のきれいな晩に、母に手を引かれ散歩したことを、その手の温もりを、何故か思い出す。
「お月さまの中では、兎さんが餅つきをしてるんだよ」
なんて、話を聴きながら・・・
月の光に照らされた母の顔は白くてきれいだった。
そんな思い出の中の母の実家、今は無人・・・
時の流れは早いそして残酷。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

暗くなってからマグねえさんと、ルナ姫がお庭散歩。
ぼんやりと月の光が降り注ぐ庭。

P1120579

なんだか怪しい生きものが?
ルナのボールを奪って逃げるマグねえさんdogbasketballでした。

P1120582

夜のわんにゃん、デジカメの画像では変な生きものがウロウロしてる?って感じだ。

P1120532

トラ王子catは、お家の中で丸くなってます。
外へは出せない、脱走するからrun
P1120578
ちょっと怒ってる?catpout

2013/11/09

~星がひとつほしいとの祈り~

女性たちひとりひとりの人生に小さなひかり星のきらめき

昨夜読んだ本の紹介です。

「星がひとつほしいとの祈り」
  Pray for a star  Maha Harada 実業の日本社文庫

P1120575

原田マハさんの短編集
 椿姫
  夜明けまで
 星がひとつほしいとの祈り
 寄り道
 斉唱
 長良川
 沈下橋
7編が収録されている。

それぞれの世代の女性たちが、生きてきた物語。
どんなに困難な時代であれ、境遇であれ人には希望がある。
今の自分を肯定し受け入れることから又歩き出せると。

P1120537

「椿姫」は、グラフィックデザイナーを目指し上京してきた女性芹沢香澄。
 彼女が、路地裏の産婦人科医院を訪れる所から始まる物語。
 理想と今の現実に色を無くした彼女の目に映る真っ赤な椿。
 そして、診察室の前に居た少年、その言葉に・・・

P1120534

「夜明けまで」
 大女優を母に持つ堂本あかり、父のことも母の過去も何も知らない彼女。  今は母を避けセネガルで働く。
 そんな彼女に、母の死の知らせが届く。
 残されたのは一枚のディスク、「あたしの骨をひとかけらだけ夜明けまで、連れて帰ってほしい」遺言だった。
「夜明け」駅に降り立ったあかりは・・・
知らなかった母の過去を知ることになる。
あかりの命、そして自分の運命を・・・母は諦めなかった。

P1120574

「星がひとつほしいとの祈り」
 大手広告代理店で働く文香、不倫旅行を楽しむつもりが思うようにならず、一人気まぐれに訪れた道後温泉。
ホテルで頼んだマッサージ師・老婆の過去を聴くことになる。
それは、ちょっと不思議で悲しく切ないけれど温かなものがこころに残る。

P1120535

「寄り道」
 ハグこと波口善美とナガラこと長良妙子の、旅好きコンビ。
今回は白神山地、そのツアーで知り合った黒スーツにヒールの中村奈々子、彼女の事情が明らかになる寄り道の時間・・・

P1120572

「斉唱」
 梓が一人で大事に育ててきた娘、14歳の唯。
いつのころからか彼女は壊れかけていた。
そんな娘が、体験学習で佐渡島のトキをみたいと言った。
二人は一泊二日の旅に。
島の暮らし、トキを愛した人達のお話・・
唯の心が動き出す、梓の気持も溶けてゆく・・・

P1120570

「長良川」
 挙式を目前にした娘・麻紀とその婚約者・章吾と三人で訪れたのは、岐阜だった。
半年前に亡くした夫と、新婚旅行で訪れた場所。
夫の命の期限を知って、再度訪れた場所でもあった。
甦る幸せな記憶、懐かしい風景と共に。
切なさと幸せな記憶・・・
今も幸せな自分なのだと気付く。
母の想いが、心情が、こころに深く迫る物語。

P1120577 

「沈下橋」
 四万十川のほとりで、ひとり暮らす多恵、村の食堂で働いている。
そんな彼女に思いがけない再会が・・・
かって由愛という娘の義母として暮らした時期があった。
今は人気歌手となった由愛、彼女に薬物疑惑で逮捕状が出たことを知る。
もう会うこともないと思っていた彼女から、助けを求める電話が・・・
多恵はどう彼女と接するのだろう・・・

P1120536_2

今日はルナ姫dogに登場お願いした。

「写真、いっぱい載せてくれてうれしいワン!」dognote

 

  
 

2013/11/05

~今朝の出来ごと~

突然に珍客出没にらめっこネコとイタチは未知との遭遇

Cocolog_oekaki_2013_11_05_21_17

今朝のこと、トラ王子catが窓の外をじいっと見ている。
何か居るのかな?

そおっと窓の外に目を向けたわたし。
塀の上で、何かがトラ王子を見ている。
初めは、茶色っぽい生きもの、ネコかなと思ったら!
よく見るとイタチではありませんか。

一瞬の出来事、あっという間に姿を消した。

トラ王子catは、イタチとにらめっこしていたのだ。
写真撮りたかったなあ~

2013/11/03

~銀木犀の花の想い~ ワンニャンバトル

ひかりつつ白い妖精微笑んだ今日を信じて明日を信じて 

P1120565

庭の金木犀が秋風に散り始めた。
庭の石の上に散らばる様は、オレンジ色の小さな星のよう。

P1120562

銀木犀は、まだまだきれいに咲いている。
小さな花弁は、小さな白い妖精たち。
こころに灯る灯りのよう。

P1120563

今日も、明日も明後日も・・・楽しませてくれそうnote

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

外はどんよりとした曇り空、ワンニャンは、今日も元気いっぱい。

P1120504
「退屈だニャア~cat
P1120505
「うん、退屈だワン!dog
P1120511
「ルナ姫、追いかけっこするニャンcat
P1120510
「ガウガウ~プロレスがいいワン!dog
P1120512
そんな会話したかどうかhappy01
こうやってワンニャンバトルが始まるdogpunchcat
P1120556
「ちょっと休憩、水分補給だニャンcat

ルナ姫は、ちゃんと待ってる。
やはり、お姉さんだheart01
さあ、第二ラウンドの始まりnote

2013/11/01

~薄暮の空は至極色~

大いなる何かに祈るマジックアワー薄暮の空は母の温もり

P1120558

昨日の夕空。
赤い陽が落ちて行くのを見ていた。
秋の空と秋の雲が刻々と姿を変え色を変える。

P1120559
大いなる力の存在を感じる。

薄明の捉える事の出来ない空の色を「至極色・しごくいろ」というそうだ。
日々違う色の、空があり雲がある。

P1120560
トラ王子catは、いつも夕景を眺めている。
P1120557
その瞳には何が見えているのだろう?
生後三カ月で別れた母猫、兄弟猫のことなど想うのかなあ~

「冒険心いっぱいだワン、脱走しようかニャア~」
P1120555
「そんなことしか考えてないでしょ!dog

マグねえさんには解ってますワン!

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ