フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013/03/31

~桜散歩~日本最古の芝居小屋・金丸座へと

桜道辿ればそこに芝居小屋今も昔の姿留める

P1110676

カラフルな幟が春風にはためく桜道を少し上って行くと金丸座がある。

P1110678

満開の桜が招く、現存する日本最古の芝居小屋へと。

P1110675

4月6日から21日まで、第二十九回「こんぴら歌舞伎大芝居」が開催される。
市川猿之助の襲名披露があるようだ。
前日5日には、「四国こんぴら歌舞伎大芝居」成功を祈願するお練りが行われる。お目当ての役者さんを間近で見ることが出来る。

この日は、人も少なくひっそりと佇む。
平日でも有料ではあるが、中を見学することが出来る。
私は何度か見たことがある。

P1110679

桜の季節には、例年こんぴら歌舞伎大芝居が開催される。
町は活気に溢れる。
県外からの客もいっぱいやってくる。

春の訪れと共にcherryblossom

おまけ画像

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

P1110673

トラ王子春眠中、心地いいのだのだにゃあ~catsleepy

~桜散歩~神馬に会う

花笑みの神馬(しんめ)に出会う桜道青い空から花びらひらり

P1110700

金毘羅さんの参道の途中、神馬が出迎えてくれる。
神馬も桜の季節到来を喜んでいるよう。

P1110687

大勢の観光客がカメラを向けても、動じない。
神馬・白馬は美しい姿、やさしいお顔をしていた。

P1110690

8歳の神馬「月琴号」と記されていた。
きれいな名前ですね。
人間だと推定32歳、元気いっぱい美しく輝いている時。

P1110689

こちらは、人が多くて横からしか撮れなかった。
21歳の「トウカイ・スタント号」
人間だと推定84歳になるそうだ。
食事の時間が待ちきれなくて?頭をを大きく左右に振っていた。
そこへ、係りの人が食事の入った桶みたいなのを運んできた。
美味しそうに、食べていたのが可愛いかった。

P1110694

金毘羅宮の本堂からは、雅楽の音が流れる。
参拝の人たちも皆祝福する中、神前結婚式が執り行われていたのに遭遇、横の方から撮影させてもらった。
なんだか厳かな雰囲気の中、こういうのもいいですね。

お二人さん、末永くお幸せにnote

まだ続く~

2013/03/30

~桜散歩~こんぴらさんへ

満開の桜トンネル花巡り心に満ちる淡き紅

P1110685

金毘羅宮が、今、桜満開ということで早速行ってみた。
土曜日だったので、観光客が多かった。
桜は満開、青空に映えてきれいだ。
観光客の人たちから「満開の時期に来られてラッキー」という声が聴こえてきた。よかったね!

P1110686

桜のトンネルを行く。
階段は、きついけれど桜花に励まされながら上る。

P1110680

階段から横を眺めると、またきれいな風景が広がる。
写真撮りながら、ゆっくりと本堂まで上る。

P1110682 P1110683
掃海母艦「はやせ」主軸が奉納されていた。
この由来など読みながら、しばし休憩。

P1110696 P1110697

ソーラーボート、世界初のものらしい。

P1110695
本堂からの眺望、左の三角形の山が讃岐富士だ。
この日は、晴れていたので見ることができた。

P1110698_2P1110699

花の道は皆笑顔。
花を眺めると幸せな気持ちになれる。

この日も平穏無事を祈願して、折り返し階段をと思ったけれど裏参道の桜も見たくて、山道を下って行くことにした。

P1110681
山道もこんなにきれいでした。

続く~

2013/03/27

~シティ・マラソンズ~

風になれ三都を駆けるランナーズ心と体透明にして

P1110672

シティ・マラソンズ 
  三浦しおん・あさのあつこ・近藤史恵 著 文春文庫

本書収録三作品は、株式会社アシックスが2008年~10年にWEBサイト及びモバイルサイトで実施した期間限定キャンペーン「マラソン三都物語~42.195km先の私に会いに行く~」のために三人の作家によって書き下ろされたもの。

P1110665

純白のライン 三浦しおん

 突然、ニューヨーク出張を命ぜられた不動産会社社員・安部広和。
参加した(させられた)のはニューヨークシティマラソンのツアーだった。
元長距離選手の彼が、再び走ることで忘れてはならない大切な想いに気づく・・

P1110578

フィニッシュ・ゲートから あさのあつこ

 ランナーの夢を諦め今はシューズメーカーの社員となった悠斗..
13年前の辛い過去。
音信不通となった親友・湊から突然の連絡がある。
東京マラソンを市民ランナーとして走るという。
フイニッシュ・ゲートそこで彼は、親友を待つ・・・

P1110544

金色の風 近藤史恵

 バレーを止め、日本を逃げ出すようにフランスに降り立ったわたし。
そこで出会った走る女性アンナと金色の毛をなびかせて走る犬ベガ・・
ベガの突然の死・・・そしてバレリーナの妹との確執・・
わたしも走る・・・そう日本に帰る前にパリマラソンを完走するのだ。
またやってくる幸せなときを感じるために。

P1110670

どんなことがあっても、人はまたスタートラインに立てるのだ。
そんな思いを新たにする短編集だ。

2013/03/24

~おかえり・今年も又ツバメが帰って来た~

「ただいま」と長い旅終え帰ったよ「おかえりツバメ」青空に舞う

Cocolog_oekaki_2013_03_23_19_50

先日21日、朝、空を見上げると数羽の燕が飛び交っている。
ツバメは、どこまで旅していたのだろう。
長い長い旅をして、また戻って来たのだ。
P1110645    

春の訪れとともに、そのスマートな姿を見せてくれる。
我が家の軒下、古巣を忘れない。
時速100キロ超と言われるその飛翔は素晴らしく美しい。
ツバメは集団ではなく、一羽づつが一日に300キロ以上も移動するという。
そして雄が雌より数日早く到着するとか。
ツバメの世界の不思議さannoy

P1110646

今年も営巣して、かわいい雛の誕生が見られることだろう。

マグねえさんdog、ルナ姫dog、外敵から守ってね。
トラ王子catは・・・近づかないでねcoldsweats02

2013/03/22

~いのち漲る時~

風ひかる台地の息吹漲るいのちここは陽だまり

P1110658

二つ並んだたんぽぽ、春陽に輝く。
小さないのちのエネルギー満ちるとき。

P1110661

こんな石の間にも、つくしんぼうが、顔を出す。
小さないのちは、たくましい。

P1110614

オオイヌフグリもあちらこちらに・・・
別名「星の瞳」とも言われるコバルトブルーの可愛い花。
元気な草花だ。
踏まないように気をつけて歩こう。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

P1110652

ルナ姫dogも、元気が余っているみたい。
トラ王子を追いかけて遊ぶ。

P1110651

トラ王子catも、元気猫、ルナ姫を「ここまでおいで!」
と挑発する。

我が家の廊下は、いつだってワンニャンの運動会dogdashcat

小さないのちは、心の中に暖かい陽だまりくれるnote

~公園の桜~

満開の寒緋桜が微笑んだ春の憂いを溶かす青空

P1110656

公園には、寒緋桜が満開だ。
緋色の花びらが青空に映える。

三月は別れの季節、ちょっと切なくなる。
旅立ちの時でもあるのだ。

P1110657

濃いピンクの花とブルーの空とコラボ。
咲き誇るその姿は、かわいい乙女のようだね。
見る者を笑顔にする。

今が満開、間に合ってよかった。

P1110660

ソメイヨシノは、まだ蕾、次の出番を待っている。
このところちょっと気温が低かったからかな。
もうすぐだね。

P1110662

椿もまだきれい~花が散って木の下は赤いじゅうたん。
この藪椿は、花が大きくて、華やかだ。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

P1110648

今回は、きれいな画像をお届けだにゃんcatcherryblossom

2013/03/20

~亀の世界は~

青空を映して静か寺の池小さな宇宙に亀の惑星

P1110619

お寺のお堀には、亀がたくさん住んでいる。
春の陽射しに誘われて、石の上に現れて甲羅干し。
のろのろと動く姿が、宇宙人?
いつからここに住んでいるのやら。

ここは、亀の惑星。

2013/03/19

~花の公園散歩~

春の道弥生の風がふうわりと花の香りをあなたにあげる

P1110639

先日、涅槃桜を見た後、陽気に誘われ花公園に行ってみた。
日曜日だったので、子供たちを連れた家族で賑やかだった。
広い公園、子供たちの元気な声が春の空に響く。
黄色い菜の花のようにきらきらの子供たち。

P1110636

山間にある静かな公園。
空気が澄んで心地いい。
大きく深呼吸しながら、早足で歩く。

上まで行くと、羊さんに出会った。
夫婦なのかな二匹仲良くこちらを見ている。

P1110643

子供たちが草を与えていた。
人に慣れているようで、すぐ近くに寄ってくる。
かわいいね。

P1110644

薄い雲が広がるこの日の空、お日様がぼんやり。
春霞の中の風景。

P1110641

どこまでも歩けそうな気がする。
排気ガスのない場所、気持いい空間、空気が美味しいと思う。

花公園散歩でした。

2013/03/18

~涅槃桜(ねはんざくら)開花~

春彼岸涅槃桜が微笑んでお遍路さんに安らぎあげる

P1110625

総本山・善通寺の境内に、今年も涅槃桜がきれいに咲いたcherryblossom
お遍路さんたちを、やさしく引きとめる。
安らぎのひと時がうれしい。

P1110620

境内には20本ばかりの木がある。
1973年に愛媛県・新居浜市の寺から贈られた寒緋桜の変種だとか。
開花時期が、釈迦の入滅した3月15日に重なることから、善通寺が涅槃桜と命名した。
今年は、寒かったため、開花が例年より約一週間遅れたようだ。
花は、まだまだ楽しめそうである。

P1110622

淡いピンクの花が美しい。
花と競演?女性が花をバックに写真撮影していた。
春風に花びらがちらほら・・・
それも又、美しい。

P1110624

高さ5メートルになる木もある。
日当たりのよい所から順次花開く。
年配のご夫婦が立ち止まって、いつまでも眺めていた姿が心に残る。

お寺の番人、仁王様も笑顔になるかも(笑)happy01

P1110627

仁王様、振り向かないと桜は見えません。
夜、人気が無くなったら、ゆっくり鑑賞してるかもしれませんねcherryblossomeye

2013/03/17

~続・河原公園で~ルナ水遊び

春風が川面撫でゆくキラキラと淡くやさしい犬との時間

P1110613

春の陽に水面はキラキラ光りの粒が流れて行く。
水温む頃とはいえまだまだ川の水は冷たい。
けれど川面はきらめく、青空映して春の色。

P1110610

水遊びが大好きなルナ姫。
走って熱くなったから体を冷やすため?
バシャバシャ水の中へcatsweat02

P1110612

そして体が冷たくなったら又疾走するdogdash
写真撮れなかったけれど、少し泳いでいたdogfish
びっくり!coldsweats02

P1110606

どこまでも・・dogdash
でも呼ぶとすぐ駆けてくる。
呼び戻しのきく賢いワンなのです。

P1110598

河原には、一本の桜の木があったcherryblossom
淡いピンク、きれいに咲いていました。
うれしそうに駆けるルナ姫を見守っているよう。

P1110618

いつまでも遊んでいたい、帰りたくないルナ姫。

P1110617

また、来ようね。

2013/03/16

~河原公園へ~ルナ散歩

愛犬と河原駆ければ春うらら風が歌うよ空が青いよ

P1110615

久しぶりにやって来た河原散歩。ルナ姫は大喜びdognote
暖かい春の陽射しが降り注ぐ河原公園。
青い空を映して川はキラキラ。

川べりの道を散歩に選ぶ午後
 風が笑えば水面が笑う

    俵 万智

P1110593

「ひゃっほい~」広い公園をノーリードで駆けまわるルナ姫。
やはり広くて自然がいっぱいの場所がいいね。

P1110599

大好きなボールは離しません。
しっかり咥えてdogdash
まだまだ元気な5歳です。

P1110601
かなり暑くなってきたようね。
ハアハアしてる。
P1110602

大きな石の影でしばし休憩だ。
体が熱くなったら・・まさか・・・sweat02

続く~

2013/03/15

~トラ王子・春の朝の冒険~

猫だって春の陽射しに誘われて遠くへ行きたい未知の世界へ

P1110572

ある日の早朝、この日の朝は寒かった。
トラcat&ルナdogは?
やはり炬燵の中だったdogcatsleepy

この日は友人数人と会う約束があってバタバタしていた。
家事をさっさと片づけて、さあ着替えて出かけましょう。
と思って、窓から外を眺めると、塀の上に一匹のネコがいる。
ご近所さんちのネコが遊びに来たのかな?
でも、よおく見るとトラネコ、なんとトラ王子ではないですか!cat
びっくり、いつ脱走したんだろうshock
あわてて外に出て「トラちゃあん~」と呼ぶと「嫌だよ~帰らないニャア」
隣の塀を乗り越えどこかへ消えたcatdash

家の前は、車がびゅんびゅん走る。
「もし跳ねられたら…敷かれたら・・・」
必死で名前を呼んだけど、反応なし、鈴の音もしない。

P1110585

それから30~40分くらい経っただろうか「にゃあ~」という声に振り向くとトラ王子のご帰還だ。
やれやれ、ちゃんと帰って来たんだ。
短い旅に出たトラ王子、やはり我が家がよかった?
というか、お腹をすかせていたんだ。
朝ごはん前だったから、よかった。
もし、お腹いっぱい食べた後だったらどこまでも行ってしまったことだろう。

P1110586

ほっとした。

けれどわたしは、約束の時間に遅刻してしまったcoldsweats01

こんな日に限ってとうさん、早朝ランニングで留守だったbearing
とうさんが、外へ出た時に一緒に出てしまったのだ。
ネコは気配を感じさせないで、足音もなくすうっと出るからなあ・・

トラ王子の短い旅は終わったのでした。

2013/03/14

~お城の白鳥~

願うのは世界の平和キラキラの白はやさしさ城の水鳥

丸亀城のお堀には、白鳥たちが仲良く暮らしている。
二羽の白鳥が、ゆらゆらとわたしの目の前を泳いでゆく。
白鳥の世界は、平和、人間世界が平和だからなのです。
そのとおりですね。
人間は、平和を守る義務があるのです。

P1110590

お堀には、鯉もたくさんいる。
鯉もいっぱい住んでいる。
ゆりかもめも飛んでくる。
そんな平和で穏やかな風景がある。

P1110592

青い空をバックに、美しい天守閣。
今も昔も変わらずに。

P1110587

もうすぐ桜の季節がくる。
桜満開の時には、お花見客でいっぱいになる。

P1110591

この日は、人も少なくて静かな空間だった。
写真撮影している人が数名いた。

P1110588

お堀の風景。
ここも桜の季節は、華やかに彩られることでしょう。

改めて平和の有難さを想うのでした。

2013/03/12

~春陽に深く包まれて~

春の陽に深く包まれ犬と猫ただそこに居るそれだけでいい

P1110582

春陽が嬉しい昼下がり、トラ王子catの好きな場所、竹垣の上でどっかり。
気持ちよさそうにcatsleepyまどろむ。

P1110581

高い所から見降ろしている。
その視線の先にはeye

P1110584

マグねえさんdogだ。
「トラはいいワン、そんな高い所で気持ちよさそうだワンdogannoy
マグねえさん、毛がふかふか冬毛がふわふわ。

このマグねえさんの毛を狙っている雀が居るのです。
マグねえさんのふわふわ抜け毛一か所に固まっている。
マグねえさんが繋がれたのを見届けると、雀が二羽降りてくる。
抜け毛の固まりを口に咥えては、何度も往復、巣作りに使うのだろう。
柔らかくてふかふかのベッドが出来るねchick

P1110583

おっと、ルナ姫も忘れてはいませんよ~
春の陽射しの中で
「見返り美人(美犬)だワンdogvirgo
「ハイ、そうねcoldsweats01

我が家の大事な家族、その存在が春の陽射しのよう心優しくしてくれる。
手のかかる悪戯っ子たちだけどねcoldsweats01

2013/03/11

~木漏れ日の参道行けば~滝の宮神社

木漏れ日のスポットライトが当たる道主役は春の草や木や花

P1110545

滝の宮天満宮へと続く参道は木漏れ日の道。
まるでスポットライトが当たっているよう。
草や木や花が芽吹くとき、生きものたちも冬眠から目覚める頃。
主役は君たちだよ。

風と草と 光と春のかくれんぼ 探してごらん さわってごらん
                 俵 万智

P1110561

天満宮に隣接して、滝の宮神社がある。
天満宮は人が多いけれど、ここは静かだ。
牛の石像が所々にどっかり、ゆったりと座していた。

P1110559

よく見ると愛嬌のあるお顔してますね。

P1110560
念仏踊りの碑がある。
P1110558
「土ぼこり立てゝ雨乞い踊かな」と記されていた。

その昔、水飢饉の折には、村人達が雨乞い踊りをしていた。
雨が降らないので土埃が舞う中で踊っていたのでしょうか。

「滝の宮念仏踊り」downwardleftクリックで。
毎年8月25日には念仏踊りが奉納されるとか。

P1110562

そんな昔を想いながら、本堂に手を合わせた。

2013/03/07

~旅屋 おかえり~

ままならぬ人生だからどこへでも「旅屋」の旅は心を融かす

 旅屋 おかえり  the long way home 
                  
harada maha
               原田 マハ著   集英社

P1110576

日本最北端の島、礼文島から上京した元アイドル、売れないアラサータレントとなった今、最後のレギュラー番組は「旅番組」一本きり、その一本が打ち切りとなってしまう。

そんな時、難病を抱えた娘のために旅をしてきてほしいという母親の依頼を受けて、えりかは旅に出る・・・
泣いて笑ってそして出会うすてきな人たち、そこには美しい風景があった。

P1110549

生きることを諦めていた娘は、もう少しがんばって生きて両親とその場所に行きたいと思う。そして父親の深い愛をも知ることとなる。

えりかは「旅屋」旅の代理業を始める。
様々な事情を抱えた人たちのために願いを叶える旅に出ようと・・・。

重い使命を持って出かける旅がある。
そして複雑で辛い過去を知ることになる。

P1110546

えりかのその笑顔が、出会った人たちの暖かさが、とびっきりの風景が、固く閉ざされた依頼人の心と、周りの人たちの心を少しづつ融かしてゆく・・・・

P1110547

そして、今日もえりかは旅に出る。
おかえりのひと言が待っている限り・・・・

読後感のいい本でした。

2013/03/03

~灯りをつけましょぼんぼりに・・~遠い日の思い出

ひな祭りパステルカラーの思い出は遠い昔の幼い姉妹

P1110575

note灯りをつけましょ ぼんぼりに お花をあげましょ 桃の花・・・notes

妹と母の面会に行った帰り、立ち寄ったカフェで流れていた歌。
遠い昔のひな祭りの情景を想う。
妹とわたしは一歳違いの姉妹だ。
いつも双子?って聞かれたそうなgemini

家の八畳間には、七段飾りのお雛様、そして周りには5~6体の市松人形が並んでいた。
市松人形はその当時のわたしたちよりちょっと大きかった気がする。
わたしたち二人の着物を着せていた。
いつもの家が、一段と華やいでいたっけ。

若かりし日の母と亡き祖母が、お雛様を出して飾っていた姿が浮かぶ。
すごく嬉しく二人で飛び跳ねながら歌ってたなあnotes

話は尽きない。

P1110312
(お店に並んでいたお雛様)

今夜は夢の中で亡きおばあちゃん、若くてきれいな?母に、幼いわたしたちに出会えますようにannoy

※イラストは数年前に描いたもの

~白い船が行く~

さやさやと波がささやく青い海白い船ゆく弥生三月

P1110568

海は穏やか、潮の匂いが心地いい、やさしい風が春の歌note
海辺には鳩が二羽仲良く並んでいた。

P1110566

淡いブルーの空と海に引き込まれる。
春の便りがわたしに届く。
ゆらゆら揺れる波がゆっくりと春を運んでくるのでしょう。

P1110569

白い船が滑るように進んで行く。
どこから来てどこへ行くのだろう。
夢の中のワンシーン。

P1110570

いつか行った旅先の風景が浮かぶ未知との遭遇は心の栄養。
春は旅立ちの時そして始まりの時でもある。

何か始まる予感、白い妖精がふわふわふわり舞い降りた。
それはキラキラの春光の粒になる。

ある日の白昼夢。

‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

P1110563

マグねえさんdogもどこか遠くへ行きたいわん!
まだまだ元気いっぱいの13歳、遠くを見てる。

2013/03/01

~2013そうじゃ吉備路マラソン~ルナの報告

春浅き吉備路駆け抜けひとり旅マラソン人のゴールは熱い

2013・2・24日 「そうじゃ吉備路マラソン大会」が開催された。
各種目計18000人余りが参加した。
当日は寒い一日だった。

ルナ姫が、とうさんの結果報告だワン!dog
P1110246
ちょっと遅くなってとうさん怒ってるかな。

とうさんは、フルマラソンにエントリーしていたんだワン!。

P1110573

晴れの国・岡山県・総社市は「吉備の国」と呼ばれる。
吉備路には、造山古墳・備中国分寺の五重塔・雪舟生誕地などが点在。
でも、とうさん、そんな景色を眺める余裕はなかった(笑)

P1110574_2

足の裏を痛めて、出場辞退しようかなあ~なんて言ってたとうさん。
頑張ってくると言って早朝から出かけて行った。
けど、ちょっと心配してたワン!dogsweat01

しかし、とうさん、やりました無事完走だワン!rundashscissors

P1110564_2

よかったね!
ルナも応援に行きたかったワン!dogpaper

完走おめでとうscissors

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ