フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/31

~北風とネコ~

寒風にネコ髭ゆらし何見てる?探し物何?茜の空に

P1110362

寒い夕方、北風の中お庭散歩のトラ王子。
寒風にオヒゲ揺らして何見てる?

どんなに寒くても外の世界に興味津々なんだにゃあcateye

P1110361

冬の空は鈍色、西空の彼方に沈む夕日が希望のように茜に染まる。
明日への入り口は明るい茜色。
今日がどんなに寒くても春は又来る。

P1110363

一瞬、明日が見えた。
今日とは違う明日が。

この寒さ、短時間で家の中に直行のトラ王子。
一月のある寒い寒い日のことでした。

(今日31日は、暖かい陽射しが嬉しい一日だった。
トラ王子は日だまりの中でお昼寝でしたcatsleepy

2013/01/30

~ライフ・オブ・パイ~

果てしない大海原で生き抜いた少年とトラ 希望の彼方へ

P1110366

ライフ・オブ・パイ~トラと漂流した227日~

  原作 ヤン・マーテル「パイの物語」
  監督 アン・リー
  出演 スラージ・ジャルマ他

動物園を経営する家族と、移住先のカナダへ向かう途中、船が沈没、荒海に投げ出された16歳の少年、小さな救命ボートと生き残った数頭の動物たち。
ボートには少しの非常食と水。
舟底には、なんと一頭のベンガルトラが潜んでいた。
弱肉強食の世界、次々と死んでゆくシマウマ・オランウータン・ハイエナ・・・

トラの最後の晩餐は少年か?

大自然が牙をむく瞬間、信じられない展開、227日間の冒険。
生き抜くための少年の知恵と勇気、そして希望。
3Dの大画面にくぎ付け、大自然は怖ろしい、けれど神秘的で美しくもある。

トラの存在と恐怖は少年を強くしたのかもしれない。
だとすればトラは救世主だったのか・・・と思う。

映画で奇跡のような(ありえない)体験をする、幻想的な映画だ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

P1110350

我が家の守護神?トラ猫トラ王子

P1110351

君は、泳げるの?
サバイバル出来るかなあ~

2013/01/28

~黄金色の夕日が沈む~

キラキラの黄金色の陽が沈む今日一日の充実として

P1110359

寒い寒い一日だった。
夕方、車を走らせ家路に急ぐ途中、西の空に眩しい夕日。
黄金色の陽が沈むのを見ていた。
厚い雲に覆われた空だったが、雲の切れ目に一瞬顔を出すお日様。
ひと日の終わりを温かい色に染めてくれる。

P1110352

ルナ姫、相変わらず炬燵の中でまったりdogannoy

P1110324

トラ王子は、まあるくなって熟睡中catsleepy

平穏な日々に感謝!

2013/01/26

~にゃん体操だ~

おはよう今日も元気に猫体操ほっこり空間外は寒風

P1110333

ヒーターの前で赤く染まったトラ王子cat
トラ王子の朝は早い。

P1110334

外は北風ぴゅ~ぴゅう~
冷え込む朝、早く起きてとネコパンチ。
仕方なくわたしは起きだしてトラご飯をあげる。
お腹を満たした後は、体操だにゃん。
その柔軟な体で、あんなことこんなこと・・・。
真似できないな。

P1110335

わたしはまだ眠い~暖かい布団に潜り込む。
もうひと眠りsleepy

インフル注意報が出されたようだ。
うがい手洗い、マスク忘れないように!

2013/01/24

~日だまりのニャンコ&TVワンコ~

晴れた日は光集めて丸くなる猫の居場所は日だまりの中

P1110346

晴れた日、お日さまぽかぽか縁側で丸くなっているのはトラ王子cat
君は一番気持いい場所を探すのが得意だね。

P1110348

そして、瞑想?
ではなくウトウトcatsleepy
ごはんの後は、寝るだけsleepy

cat「世の喧騒、関係ないニャア~」

P1110336

dog「トラは、のんきでいいワン!」

ルナ姫は、変なお顔、舌をペロンとして何してる?。

dog「人間は、なんで仲良く暮らせないんだ、解らんワン!」

ルナ姫は、今、TVニュース見ていたようです。

2013/01/21

~寒いですね~昨日は大寒

寒いねと言葉交わして犬と猫何して遊ぼ今日は大寒

寒い寒い日が続く。
連日恐いニュースが報道される。
心も体も寒くなる。

P1110343

花束をかかえるように猫を抱くいくさではないものの喩えに
     筒井宏之

P1110342

我が家のワンニャンたちは、いつも変わらない。
その日、その時を生きている。
何かを探しながら・・・。
好奇心いっぱい。

P1110341

何か面白いことニャイかニャア~cat
外の広い世界に飛び出したいワン!dog

P1110340

この部屋に差しこむ冬陽くらくらといるはずの猫みつからない午後
       小島なお

P1110339

いつも微妙な距離感を保っている犬と猫。
でも、時に大接近する。
元気が余ってしょうがない時?
どちらかが遊ぼう攻撃をするのだ。

P1110338

しばし、ワンニャンプロレスが始まる。
我が家の犬と猫との世界は、どこまでも平和なのでした。

昨日は、大寒でした。
お風邪にはお気をつけてお過ごしくださいませ。

2013/01/19

~時流れ~

時流れ人も景色も変わりゆく変わらないものえいえんはない

近所の一軒の古い家が解体中だ。
大きな音が響いてくる。

P1110279

その家には夫婦と一匹の犬が住んでいた。
何年か前、奥様が不治の病と闘病中と聞いた。
やがて、奥様はひっそりとこの世を去った。
密葬だった。亡くなったことは後から聞かされ知った。

Cocolog_oekaki_2013_01_19_12_09

数年が過ぎ、犬もおじさんも年をとった。
一匹の犬といつも一緒に散歩してい姿を思い出す。
時々犬を背中に乗せて歩いていたりした姿を・・・

P1110337

時流れ、一人で散歩するおじさんの姿を見かける。
どうしたのだろう?あの犬は・・・。
後から知ったのだけれど、ある日散歩中、犬が言うことを聞かないので強く叱ったそうだ。突然駆けだした犬は線路の上へ、運悪くそこに列車が!
あっけなく命を落とした犬。

P1110323

それから、二度とおじさんの姿を見かけることはなかった。

おじさんも又不治の病に冒されていた。
入院したとのこと。
短い闘病の末に、亡くなったということだった。

人も家も跡形もなくなってしまう。
そしていつか、ここに住んでいた人のことを覚えている人も、いなくなってしまうだろう。

P1110313

今、解体中の家の近くには、立派な家が建設中だ。
もうすぐ完成するだろう。

これからも、人も景色も変わり続ける・・・。

2013/01/16

~うたう百物語~Strange Short Songs

冬の夜に白い雪降る音もなく言霊ゆらぐ百物語

P1110326
寒い冬の夜、眠れぬあなたに・・・・いえ寝つきのいいあなたにも。
怖くて、不思議な短歌にまつわるお話を紹介しましょう。
P1110332
「うたう百物語」 佐藤弓生 著  メディアファクトリー

短歌を読み解くものではなくて、その歌から呼び起されるお話、言葉なのだ。
いつか聞いたことのある怖いお話、不思議体験、奇妙な出来事・・・等。
五・七・五・七・七という短い言葉に凝縮された想い、1300年もの長きにわたり紡がれてきた言葉たちには魂が宿っているのでしょうか。

P1110328

 いづくへか帰る日近きここちして
    この世のもののなつかしきころ
         与謝野晶子

P1110329

短歌を紹介しながら、500文字程の百物語が始まる。
妖しくて不思議な世界へ・・・。

P1110328_2


一話だけ紹介です。
興味のある方は、どうぞ。

「九」
__この絵は、なぜ「少女たち」という題なのでしょう。
 思わず質問していた。
 三点一組の、小さな腐刻画だった。ⅠとⅡは、尖塔の際立つ街並と、山頂の城塞の遠景。ところどころに、商人や農夫のような人物が見える。Ⅲは、蔦に覆われた城門のクローズアップ。いずれにも、若い娘らしい人影はない。
__詳しくは分かりませんが、画家の覚書に「彼女らは過ぎ去った」とあったそうです。少女の目に映った風景なのかもしれません。街から城へ向かうまでの。
 それでは、この門の中に少女たちがいるのだろうか。
蔦の葉に無限にかぶさる蔦の葉。噛みつくように城門のおもてを這う、たく             ましい蔦。光る鋲。
      息が苦しくなってきた。
少女たちは、やんわりと閉ざされて、二度と出て来なかったのだろう。
知ってか知らずか、彼女たちは美しい商品だったから。平凡な美しさではなかったのだろう。声を持たない者、眼窩の虚ろな者、歩けない者、背骨の曲がった者、歌が止まらない者・・・・そんな少女たちを城主は求め、茨で縛るのではなく、蔦で覆い隠した・・・・。
__そういえば、画家の遺書には、「私は与え過ぎた」とあったそうです。
   画廊のオーナーは嫣然と言った。

鉄門の槍の穂過ぎて春の画の少女ら常春藤(きづた)の門より入れり
                     山尾悠子

ふふ・・なんだかトラ王子catもミステリアス?annoy

2013/01/11

~深紅の椿~朝の風景

一輪の紅い椿がご挨拶心に灯す小さな灯り

P1110316

晴れた日の朝、庭の椿が「おはよう~」
今年は植え替えしたせいか咲くのが遅いような気がする。

朝陽に透けて紅い花びらがきれい。

P1110317

蕾がいっぱい、出番を待っているようだ。
次々に咲いてこれからも楽しませてくれるでしょう。

次々と灯る小さな灯りのように・・・

P1110319

電車が滑るように通り過ぎて行く。
この時間、乗客の姿は、少ない。
かなり離れてはいるけれど、窓から列車の走る姿を見るのは好きだ。
時に高知へ向かうアンパンマン列車が通過する。
旅に出たくなる・・・。

我が家の何気ない朝のひと時でした。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

マグねえさんdogvirgoも、天気の良い日は日光浴だ。

P1110320

ふかふかの冬毛になって、きらきらshine

P1110322

まだまだ元気なマグねえさんdognoteだ。
ふふ・・もう、おばあちゃん、なんだけどヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

2013/01/08

~書道ガールズ~希望

躍動する若い力は未来への確かな希望始まりのとき

P1110309

先日行ったショッピングセンターの吹き抜けに大きな書が展示してあった。
「躍動」若さ溢れる力強いタッチ、見てるわたしも元気をもらえた。
書道ガールズたち、ありがとう。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

今日のワンニャンたち

P1110259

ルナ姫も元気を届けるワン!dogdash

P1110202

トラ王子は、きれいきれい~毛繕い中catshine

P1110203

きれい好きだニャン!いつもピカピカだニャアcatshine

2013/01/05

~初詣~Ⅱ

奥社へと上る参道踏みしめる聖なる山に雪の精霊

P1110286

奥社へ向かう参道(階段)は人もまばら。
冷たい雨をたっぷり含んだ白い雪が落ちてくる。
周囲の景色は、モノクロ世界へと変わる。
雪の参道は厳粛な気持にさせてくれる。

雪の日の参拝、奥社までは初めての経験。
かなりきつい~~けれど、この景色には感動。
P1110288
誰かが作った雪だるま、ちょっと崩れていたけれどほっこり!
「がんばって!」とエールをくれる。
P1110284
参道で出会ったふかふかの毛並、雪のように白いわんちゃんdog
元気にお参りしてきたんだね。
立ち止まって撮影に応じてくれたcamera
ワンちゃんは、先を急ぐんだワン!て感じだったけどcoldsweats01
P1110294
寒いけれど、階段上がれば汗sweat01
やっと奥社に到着だ。
ここでもしっかり今年の平穏無事をお願いした。
P1110296
ここから下を見下ろせば、水墨画のような世界が広がる。
幻想的な空間だ。
周りに「わあ~」という声が上がる。
やはり聖なる山、身が引き締まる想いがする。
P1110300
奥社左側は、こんな絶壁だ。

雪になった元日、神秘的な風景に出会えた。
階段はきつかったけれど、参拝を済ませると清々しい気分で満たされた。

新しい年の初めの修行?でした。

2013/01/04

~初詣~Ⅰ

初詣金毘羅さんは雨模様傘の花咲く参道をゆく

P1110267

元日の朝、初詣は我が家恒例となったこんぴらさんへと。
車を降りると雨が落ちてきた。
階段は、雨に濡れて歩きにくい。
滑らないようにゆっくりと進む。

P1110269
途中、神馬と鴨さんにご挨拶。
神馬は顔を見せてくれないcoldsweats01この寒さ、ストライプのお洋服着てました^^。

P1110268

鴨さんもお尻向けたままcoldsweats02
今年も元気そうだ。
寒いので先を急ぐ。

P1110274

ハアハア言いながら、御本宮到着。
今年の平穏と健康を祈願した。
途中、霙交じりの雪となった。
御本宮の屋根も白く雪化粧。

本宮から、見降ろす景色もこの日はグレーに染まる。
雪雲の中だ。

ここから奥社までは、まだまだ階段が続く。
厳しいけれど、修行?
頑張って行くぞdashup

続く~~~

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

こんな寒い日は、我が家のワンニャンたち。
炬燵の中でぬくぬくspa

P1110263

2013/01/01

~新年明けましておめでとうございます~

初春の空気凛々我が家にも2013旅が始まる

P1110265

明けましておめでとうございます!

今年も相変わらずよろしくお願いいたします。
新しい年、何かが始まる予感、不思議の旅は続きます。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ