« ~ゆめふくろうの森は秋色~ | トップページ | ~青鷺が~ »

2010/09/12

~神去(かむさり)なあなあ日常~

あるがまま自然と共に生きる日々林業にかけるゆる~い青春

P1050268

「神去(かむさり)なあなあ日常」
   三浦しおん著 徳間書店

なんとなく表紙絵に惹かれて(どんな基準で本を選ぶんだ?)買ってしまった本。

高校を卒業したばかりの平野勇気、将来のことはまだ考えられない、まあフリーターでもしながら適当に食って行こうなんて考えていた。
そんな勇気に卒業式の直後、先生が「おう、平野!先生が就職先を決めてきてやったぞ」「はあ?」「なんだそれ冗談じゃねえよ」
家に帰ると、母ちゃんが「着替えや身の回り品は、神去村に送っておいたから。みなさんの言うことをよく聞いて、頑張るのよ。あ、これはお父さんから」餞別三万円が封筒に。

母ちゃんの陰謀?「俺詩集・月だけが眠らない」いつの間に~引き出しに隠してあったのに~「これ、コピーしてあんたの友達に配られたくなかったら、おとなしく神去村に行きなさい」俺はすごすご出て行くしかなかった。

そんな訳で、着いた(放り込まれた?)所が、三重県の山奥、神去村だった。
個性的な村の住人との交流、神隠し?そして恋の予感もあり、山の仕事は命がけ?な日常が描かれる。

俺の一年間の暮らしの記録だ。

「俺は、これからも、たぶん神去村にいるであろう。
 神去村の住人は、「なあなあ」「なあなあ」って言いながら山と川と木に包まれて毎日を過ごしている。虫や鳥や獣や神さま、神去村にいるすべての生き物と同じように、楽しく素っ頓狂にね。」

※なあなあとは、「ゆっくり行こう」「まあ落ち着け」ってニュアンス。

P1050277
P1050273

我が家のトラ王子サマもゆる~い日常を過ごしているんだにゃ。

神去村に行く?


« ~ゆめふくろうの森は秋色~ | トップページ | ~青鷺が~ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

気をひかれながら未読です。
自然の中で生きる人の噺は面白くて憧れますね。
でもほんとに自分ができるかというと、、?だから面白いのかも。

saheiziさん
 自然を相手にして生きて来た人たちの暮らしぶり、いいですねえ。
面白いです。林業の大変さと楽しさが少し解ったような・・。

たしかに自分がそこに住めるか????ですが^^。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ~神去(かむさり)なあなあ日常~:

« ~ゆめふくろうの森は秋色~ | トップページ | ~青鷺が~ »

フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

出会った人たち

無料ブログはココログ