フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010/05/31

~悪戯っ子トラちゃん~

金色のまん丸お目目で何狙うトラ猫トラはかわいい悪魔

P1040637_3

トラちゃんは、元気が余っている。ここかと思えばまたまたあちら・・・。
ルナもプロレスのお相手するの大変だ。
今日は、すごい悪戯をしでかした。
トラちゃんどこへ行ったのだろう?と思っていたら「ガラガラガチャーン・・・」と大きな音がした。
なんと、トラちゃん仏壇のなかに入って遊んでいたのです。もうびっくり!

仏壇の中がめちゃめちゃ!ではありませんか。

P1040647
「もう!ケージの中に入ってなさい!」
P1040644
「なんでにゃあ~cat
反省してない。

P1040642
「あたしは知らないッと、関係ないワンdogsleepy

仏壇、おかげさまで大掃除が出来ましたが。
でも、それはそれは大変でしたcoldsweats01

ご先祖様、お騒がせしました。

 

2010/05/30

~おとっちゃま?~

温もりが消えて行くよう言葉にも祖母の笑顔とあの讃岐弁

もし、ここにあの頃の祖母がいたなら言うだろう。

「ルナはおとっちゃまやなあ~そこがおもっしょい犬や~
こんまいけどもうおせなんやな~」

(ルナは怖がりのびびりやけど、そこが面白い犬だ。小さいけれどもう大人なんだね)
P1040651
「何言ってんの??dog

「トラちゃんをてがうばっかりして喜んでさいあがるし・・・」

(トラちゃんをからかって(ちょっかいを出す)、大喜びで舞いあがって・・)
P1040650
「もう、解らんdog

P1040633
「トラちゃんはわやしやけど、おなかおきたらおとなしいなあ」

(トラちゃんは、めちゃくちゃするけれど、お腹がいっぱいになると大人しくなるね)

P1040635
「ニャに言ってんの?cat

讃岐弁(香川県)今ではもう聞くことはない。
ばあちゃんの言葉理解できますか?
ルナ&トラは解らないそうですhappy01

懐かしいばあちゃんの声がした。
「よもよもせんと、しゃんしゃんしなよ!」
(もたもたしないで、早くしなさい!)

「はい、はいcoldsweats01

2010/05/28

~時間の旅は~

きらきらの川は流れてどこまでも空ゆく雲と時間の旅へ

F1000687
五月の終わり、きらきらの光の粒を乗せ、川は流れを加速する。
時の流れは止まらない。
だから、自然の営みのこの一瞬が眩しくて愛おしい。
かけがえのないものだ。
F1000682
仔犬だったルナ、いつの間にかたくましい立派な成犬にと変わった。

人も時の流れと共に、時に荒波にもまれ、磨かれ、たくましくなってほしいものだ。
F1000684
どんな荒波も乗り越えられるように・・・。
水底の石のように、堅い信念と丸い心で。
F1000681
決して道を見失うことのない人生を・・・
と願う。

昨今の痛ましい事件を見聞きするたびに想うのでした。

2010/05/27

~緑の風に背中押されて~

いつの日も何があろうとなかろうと前へ進めと風が背を押す

F1000664
曇り空から時々お日様が顔を出す。
静かな公園、緑の風が心地いい暑くもなく、寒くもなくちょうどいいお散歩日和。
五月の下旬というのにひんやりとした空気が漂う。
早足で歩け歩け、風が背中を押してくれる。
あんなこと、こんなこと、忘れさせてくれる自然は無言いつだって。
F1000667
ルナは公園で、リードを外してもらってクンクン探検。
F1000670
ボールを水の中へポトンと鼻で落としたルナ。
今日は、水が冷たいよ~まさか!
F1000671
ボールを追いかけドボン!
F1000674
水が冷たいので、ちょっと泳いではすぐに陸に避難するルナ。
F1000673
散歩中のオジサンが、ルナの泳いでいるのを眺めてびっくりしていた。
そんなひんやりとした空気が漂う公園なのでした。
F1000678
体を拭いてもらって、今度はボールを投げてもらってダッシュdash
F1000665

変な天候が続く日々ですね。
体調を崩さないようにお気をつけて。

2010/05/25

~夕日が沈む~

愛犬と駆けて行きたしあの空へ夕日静かに沈みゆく頃

F1000655

夕日はどうしてこうも暖かいのか?心が茜色に染まるから。
ひと日の終わりの美しい茜色の世界。
沈む夕日に向かって愛犬と駆けて行く。
特別な事は何もないけど、今日もまた一日が過ぎた。
P1040556

ワンニャンたちは、いつも元気。
いっぱい走っていっぱい遊んで、たくさん食べて、後は寝るだけsleepy

それなりに本日もシアワセなのでした。

2010/05/23

~笑顔~

小さくてまあるくなった母の背をそっと撫でつつ雨音を聞く

P1040555

雨が断続的に降り続くそんな日の午後、母の顔を見に車を走らせた。
先日、なんだか元気がなくて、あまり話もしないし、笑顔も見られず気がかりだったから。

今日は、元気で笑顔が見られた。車椅子も自分の力でなんとか動かせる。
母の日に妹と二人で選んだブラウスに着替えると、ちょっと若返ったhappy01
好みの服でないと着てくれない、まだおしゃれに関心を持つ母がいる、いいことだ。

でも、わたしたちがプレゼントしたのだということはもう忘れている。
それでいいのだ、昔のことは忘れても。今を生きていればいい。

わたしたちのことだけは忘れないで・・・。

P1030527

今夜の夢の中、遠い昔の若かりし日の母に会えるだろうか。

2010/05/22

~涼しさを~ディスカスたち

水中でディスカスゆららゆらめいて我を誘(いざな)う初夏の夜の夢

P1040619

ルナと夕方の散歩も早足で歩けば汗ばんでくる。
日中は夏日となった。

こんな日は、我が家のディスカスたちが、涼しさをくれる。
ディスカスもかなり大きく成長し、手狭になったので少し大きい水槽にお引っ越しした。
全員、元気に優雅に泳いでいる。
P1040624
涼しげなターコイズブルーのディスカス、不思議なくらいきれいな色だ。
紅一点ではない黄一点の「ディクソン・ゴールデン」後から仲間に入れたもの。
最初は仲良くできなくてどうなることかと心配したけれど、今では仲良く優雅に泳いでいる。
輝くような黄色がまぶしいくらい。
P1040632
P1040631
今では、餌の時間になると「早くちょうだい」と集まってくる。
それぞれ顔が、色が、大きさが異なるが、どれもまんまるお目目でかわいい。
我が家にディスカスが来て、一年余り。無事に美しく成長してくれてありがとう!

蒸し暑い一日。
さわやかな涼しさをお届けですpiscesfish

2010/05/20

~雨の歌~眠れワンニャン

雨音はやさしい母の子守唄遠い昔に聞いた気がする

P1040493
「外は雨だワン!dograin

「ワンニャンプロレスにも飽きたニャア~cat
「うん。飽きたワン!dog
P1040547
「かあさん、何処かへドライブしたいワン!cardog
P1040492
「今日はダメ!忙しいんだからbearing
P1040448
「こんな日は眠たいんだニャ~catsleepy
P1040449
「邪魔しないで、寝子なんだから~dogsleepy
P1040487
「ルナも寝るワンdogsleepy
P1040486
「寝る・・・・sleepysleepysleepy

思いっきり、リラックスポーズheart01

つかの間の安らぎの時間が訪れたのでした。
静かになった我が家・・・・

わたしも眠くなったsleepy
あなたも・・・・sleepy

優しい雨音は子守唄notes

2010/05/19

~木漏れ日の道を~

夏めいてひかり輝く命あり小鳥が歌う木漏れ日の道

P1040583
前回の青の山散歩の続編です。

木漏れ日の山道を、ルナに促されながら山頂へと足を運ぶ。

いろんな所で小さな命が輝いている。
まぶしい命です。
P1040591
P1040573
P1040574
もうすぐ山頂だ。ルナがボールを持って走りだす。
道覚えているようだ。
P1040575
広場で思いっきり走ってゴキゲンなルナ。
P1040577
山頂の展望台では、年配のご夫婦が仲良く並んで座っていた。
お弁当を食べながら瀬戸の海を眺めていた。
そこだけ時間がゆるり流れて行くようだ。
P1040582

邪魔しないようにルナを連れて山道を戻って行ったのでした。
P1040589
木漏れ日の道は、小鳥のさえずりと風が心地よかった。

2010/05/18

~ルナの川遊び~

生き生きと水辺に遊ぶ愛犬は初夏の光を体にまとう

P1040598
晴れた日の午後、河原にやって来たルナ。
少し走ると、暑くなったのか水の中へと入っていった。
ボールを投げると、スイスイと泳ぐ。
P1040599
ボールがちょっと大きくて、咥えようとすると、水を飲んでしまう。
去年は、もっと上手に泳げたのにね。
夏は今から、もっともっとうまく泳げるようにしなくては。

でも、何度か飛び込んで、ボールをゲット。
P1040604
何度も泳いで、帰ろうとしないルナ。
「暑い~もう帰るよ~」
P1040595
「帰りたくないけど、仕方ないワン!dog
やっと上がってきたルナ。

帰りの車の中では、
P1040606
「もっと遊びたかったワン!dog
P1040605

ちょとだけ、泳ぎが上手になったルナでした。

2010/05/17

~夜空に~三日月と金星大接近

大接近三日月様と金星が初夏の夜空は不思議空間

P1040609
昨日16日夜空を見上げると、三日月のすぐ上に明るく輝く金星が並んでいた。
なんともきれいで不思議な夜空、しばし見入ってしまった。
ステキな天体ショーでした。

P1040608

早速、デジカメで撮影、あまりきれいな画像ではないけれど、こんな感じきれいでしょう。
よく晴れていたのでくっきり明るく輝いていました。

P1040610

今夜は少し移動して、三日月が左に来るそうです。
昨夜見てなかった方は、是非今夜、夜空を見上げてみてください。
金星と月は、春と秋に大接近するようです。

2010/05/16

~たんぽぽの綿毛の旅は~

タンポポの綿毛の旅は風まかせ見知らぬ町へふわふわふわり

P1040559

ルナの大好きな青の山へ。
新緑の散歩道、前回訪れた時は、黄色のタンポポロードだったのに、今は全部フワフワの綿毛に変わっている。
綿毛は、初夏の風に乗ってどこかへ、未知の旅に出るのだろう。

P1040563
青葉若葉の道を、ルナが案内してくれる。「早く~dog
P1040561
この道で又イタチ?に遭遇、あっという間に道を横切って行った。
ルナは、その辺をクンクンしていたが追いかけようとはしない。

急斜面でボール遊びに夢中。
ルナも若葉に負けずに生き生きdog

P1040565
木々の間から瀬戸内海が見える。

P1040571

ゆっくりと山頂を目指す。

続く・・・

2010/05/15

~夕日の中へ~

散歩道赤い夕陽に出会う時心にひとつ灯りがともる

F1000650
夕方ほぼ毎日一時間、ルナと散歩する。
同じコースを一回りして、時々寄り道などする。
ルナは道を覚えていて、嫌いなワンが居る家の近くに来ると頑として動かない。
仕方なく抱っこして通過する(仔犬か?君は)。JRTらしくないワンだ。
人の居ない場所では、リードを外して自由に行動する。その場所も覚えていて、そこに来るとリードを外さない限り動かない。

F1000643

(ケータイで撮ったのでボケボケ、一緒に走りながら撮影)

同じ道、同じ風景だけど日々違う色と匂いを感じながら歩く。

F1000647
F1000648

散歩をして帰ってくると、「遅かったニャーcat
トラ君、ちょっと怒ってます。

2010/05/12

~わんことドライブ Ⅳ ~

遥かなりあの頃の風その想い初夏の海辺の景色ぼんやり

P1040529

妖怪の町に別れを告げ三保湾を左に見ながら車を走らせる。
出来れば、妖怪アパートに一泊させてもらってゆっくりしたかった。coldsweats01
P1040554
ルナの他にも扶養家族(dogマグ、catトラ、piscesディスカス)がいるから、お腹をすかせて待っていることだし。

P1040535
ルナの大好きな海に下りてみた。
ここは美保湾、弓ヶ浜という所、砂の粒子が細かくてさらさらルナは砂に埋もれそう。
P1040531
P1040534
P1040528
ルナは海に向かって走りだす。dogdash
泳ぎたいルナは、ボールを持って海に向かって疾走しようとする。baseball
今回は、泳ぎは必死で阻止して、しばしボール遊びのお相手をする。
P1040526
日本海の景色にも別れを告げて(いつまでも見ていたいeye
P1040536
一路我が家へと向かうのでした。
P1040540
そんなこんなで短い旅が終わったのだワン!dognote。 

最後までお付き合いありがとうございました。paper

2010/05/11

~わんことドライブ Ⅲ ~ 妖怪の住む町へ

その町は妖怪たちが甦る子供のこころ取り戻す場所

P1040552

水木しげるロードは、境港駅から本町アーケードまで約800メートルの間に「ゲゲゲの鬼太郎」のキャラクターを中心とした日本各地の妖怪の銅像が設置されている。
子供も大人(昔子供だった)も楽しみながら歩けるところだ。
P1040514
P1040513
こんな感じで134体もの妖怪が出没。

P1040515
水木しげる記念館、妖怪ワールドの殿堂へ。
P1040519
昔は、といっても七、八十年前のことですが
電気が節約されていたせいか、暗いところが多く
お化けもたくさん住んでいました。
わたしは妖怪研究のすえに
「電燈がお化けを消した」
のではないかと思っています。
水木しげるの記念館には、そうした、今ではなかなか
出会えないお化けたちに集まってもらいました。
お化けだけではなく
わたしがいままでに描いてきた作品や
集めた宝物も展示されています。
のんびりと見てもらえれば、
よろしいです。   水木しげる

P1040553
P1040520
水木さんご夫妻?が迎えてくれる。
P1040521
若かりし頃の水木さんちを再現、貧乏生活だった。

ここより先は撮影禁止。
のんのんばあに会いに妖怪たちの世界を堪能だ。
P1040551

P1040517
記念館内の妖怪庭園、あちらこちらに妖怪が~~~~coldsweats02
P1040516
でもなんだかユーモラスhappy01
ルナを待たせてあるので駆け足run(妖怪たちが追いかけて来たeye)だったけど、面白かった。

ルナは入れなかったね。
では、妖怪神社にお参りして帰りましょうか。
P1040523
P1040524

ルナは妖怪に飽きたのか、「何処かで走りたいワン!ボール遊びがしたいワン!」などと申します。dogbaseball
それでは、帰り道途中、海辺へと寄り道をすることに しましょう。

まだ続く(しつこく)coldsweats01

2010/05/10

~わんことドライブ Ⅱ ~

青空に白い絵の具で絵を描こう雲は流れて変幻自在

P1040509

心地よい風を感じるここは、米子自動車道にあるSA蒜山高原(岡山県真庭市)。
SAは、土曜日なので車が多かったけれど、高速道路は渋滞もなく快適ドライブ。
P1040507
さわやかな高原の風を感じながらひと休み。
ルナも風を感じた?
しばし、ルナとうさんに遊んでもらって満足。

P1040502

蒜山高原は、蒜山ICから車だと5分の距離、行ってみたい衝動に駆られるが。
今回は目指すは境港、日帰りドライブなんだから。
蒜山ジャージー牛乳と蒜山カフェオレを飲んで、軽食を済ませ出発cardash

境港は鳥取県北西部弓ヶ浜半島の最北端にある港町。

P1040548

右側に日本海を見ながら車を走らせ水産物直売センターへ立ち寄る。
観光客で賑わう海鮮市場でひもの(のどぐろ・かれい)等お土産ゲット。
P1040549

これから水木しげる妖怪ワールドへと向かう。
P1040525
ちょうど隠岐汽船がゆっくりと滑るように通り過ぎて行った。
水木しげる通りはこの先らしい。

次回は妖怪タウンへと・・・・・shock

2010/05/09

~わんことドライブ~

風香る季節の中で深呼吸光の中へ知らない町へ

P1040497

瀬戸大橋を渡って、わんことドライブ。
さて、どこへ。

連休の混雑はどこへやら橋は混んでなかった
好天に恵まれた土曜日、少し暑いくらいだったけれど快適なドライブ日和。

橋の途中の与島に立ち寄った。
ルナを少し散歩させるために。
朝日が眩しいけれど、朝の空気は美味しい。
ここでは、県外ナンバーの車も、かなり多かった。

P1040498
藤棚の下でコーヒータイム。
空色を背景にすると、薄紫の花びらが透けて一段ときれい。
P1040505
いつまでもここで遊んでいたいルナだけど、ここはトイレ休憩だけにして。
P1040503
「ボール遊びが出来る所?dogへ行きたいワン!」

「そうだね。出来るよ。たぶん」

さあ~出発~

続く・・・・

2010/05/05

~白寿の詩人~

やさしさはどこから来るの澄みきった皐月の空に問いかけてみる

P1040488

やさしいお顔をした柴田トヨさんは、今年99歳になられる。
90歳を過ぎてから詩作を始めた。
昨年詩集「くじけないで」を出版。
世代を超えて、多くの人の心に届く。

P1040417

やさしさ

 歳をとると
 やさしさが
 ほしくなるの
 それが栄養になって
 元気になる

 でもね
 偽りのやさしさを
 食べた時は
 吐いてしまっった

 真実のやさしさ
 手料理を
 いただかせてください

流行

 世界の何処かで
 今も 戦争が起こっている

 日本の何処かで
 いじめも起きている

 やさしさの
 インフルエンザが
 流行しないかしら

 思いやりの症状が
 まんえんすればいい

            (柴田 トヨ)

P1040468

トヨさんは、18年前に夫を亡くしてひとり暮らしを続けています。
腰を痛めて、好きだった日本舞踊も踊れなくなり、ふさぎこんでいた母に、何か生きがいをと、詩作を進めたのは、一人息子の健一さんだったのです。
詩のおかげで、たくさんの人に励まされ(いえ、たくさんの人を励まして)、6月で99歳となるトヨさん。

今も一人暮らしで、しっかりと生きているのです。

2010/05/03

~新緑 Ⅱ ~

こんなにも空は青くて果てしない生きる意味などなくてもいいよ

P1040474

初夏の空は、どこまでも青くて、どこまで行っても空また空。
緑の木々が高く高く手を伸ばす。

P1040476

池面は、緑の風に撫でられ、さざ波がたつ。
いっぱい浮かんでいたカモサンたちも、今はもういない。
はるか遠くへと旅立ってしまったのだろう。

P1040475

イロハモミジが、幼子の手のような葉っぱをきらめかせてわたしを招く。

木漏れ日の道がうれしい。初夏の日差しは眩しすぎるから。

P1040460

ルナも木陰がうれしい。
赤いつつじの花びらが散る中でボールと戯れる。
ルナ時間はゆっくり流れる。

P1040481
「今日は遊びすぎてちょっとお疲れ?」
P1040482
「疲れてないワン!ちょっと眠いだけだワンdogsleepy

P1040480
置いて行かれたトラちゃん、こんな格好で寝てました。

「怒ってる?」

P1040483

「ニャンで連れていかないのcat

やはりゴキゲン斜めでした。

2010/05/02

~新緑~

新緑の風が背中を押すだろう今日という日は明日への道

P1040456

ここは、満濃池森林公園、ルナのホームグランドお気に入りの場所。
P1040479
桜の季節が過ぎて、華やかだった風景が濃き薄き緑へと変わった。
自然の巡りは確か、いのちあふれる季節となり、すべてが生き生き輝いている。

P1040462
木漏れ日の道を駆けるルナ、嬉しくて先に行ってしまう。
写真では、どこにいるのか分かりづらいcoldsweats01

緑いっぱいの山道を行けば、思いがけない鮮やかな赤に出会う。
山つつじが見ごろだった。
心地いい小鳥のさえずり以外は聞こえない。
静かな空間、すれ違う人も数人だけ。

P1040465
緑と赤のトンネルを歩く。ルナは走る、時々立ち止まってクンクンしながら。   

P1040461

見上げると、そこには赤と緑と青の世界があった。
眩しい、初夏の空だ。しばらく見上げていると吸い込まれそうになる。

P1040469
P1040470
緑の斜面をボールを追いかけ駆け上がったり、駆け下りたり、本能全開だ。
ハアハアしながら。
かなり暑いはず。

P1040472
遊び疲れた帰り道、ルナは自分の荷物、ボールは自分で持って歩く。
P1040477
ここは、ルナのまほろば。
P1040478

また、来ようね。

ルナとわたしのまほろばへ。

2010/05/01

~すずらん~

すずらんは緑の葉っぱに守られて風にゆらゆら白い妖精

P1040453

我が家の庭のすずらんが今年も小さな白い花をつけた。
数年前に、知人に分けていただいたものが、毎年こんなにきれいに花を咲かせるようになった。
P1040454 

緑の葉っぱに守られて、かわいい小さな妖精のよう。
わたしは、小さな花が好き、大輪の花もきれいだけれど、こんな小さな花を眺めているのが好きだ。

P1040446

庭の石の小さなくぼみにも緑の葉っぱが元気に顔を出す。
自然は不思議に満ち満ちてたくましいね。
小さな発見もうれしい。

新緑の季節は、眩しいですね。
小さないのちの輝きが。

P1040405
皆様、楽しい連休をお過ごしくださいニャcat
P1040406
トラもどこか連れてってくれないかニャア~cat

プリンターの上にお座りしてご挨拶、でした。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ