フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009/11/30

~霜月がゆく~

透明な朝の空気は凛々と空の高みに霜月がゆく

P1030715

早いものですね。霜月も今日で終わる。
我が家の庭にも、紅葉が朝光にきらきら。

P1030716_2 朝の空気は、頬に冷たい。
大きく深呼吸すると体がしゃきっとする。

庭の山茶花も次々に花を咲かせている。
毎年、毎年この季節に庭を華やかにしてくれる。

変わらぬ営みがある。

P1030719

ルナも朝はマグと庭を散歩する。お姉さん犬マグの後を付いて行く。
犬種が違うけれど、色が同じなので、「親子なの?」ってよく言われる。
大型犬と小型犬、見てると親子に見えてきたheart04
P1030722

お気に入りのオモチャを銜えたマグ、体は大きいけれど甘えん坊の女の子なのだ。
「これ、投げてよ」といつも催促する。
P1030724

毎朝、そんな情景を見るのが好き。

P1030727 P1030728 P1030726_2

そして、今日が始まる。

 

2009/11/29

~ルナとトラとの大接近~

真っ直ぐに吾を見る目がきらきらと犬と猫との日々は新鮮

P1030699
ルナとトラとの距離が近くなった。
ルナがトラに興味をもってきたようだ。少しづつ接近して(でも恐る恐るという感じ)様子をみている。何者にも動じないトラ。その後を付いて行くルナの姿がおかしくてhappy01

「チビ、よろしくdog」「ルナ姉さん、遊ぼうよcat」なんて会話はまだまだ。

P1030703

しなやかで動きの素早いトラに振り回されているルナ、急にガウガウして追いかけまわすルナ。
トラも負けてはいない、「シャ~」と言って必殺ネコパンチを繰り出す。
逃げ足は、トラの方が速い、どこへでもヒョイヒョイ飛び上がる、飛び移る。
ルナ、コネコちゃんに負けているよ。
でも、やさしい?ルナは本気で噛んだりはしないようだ。

バトルは続く~いつまでも~

P1030702 P1030701

早く一緒にお昼寝なんて画像をお見せしたいものです。sleepydogcatsleepy

2009/11/28

~ワンニャンは仲良し~ゆめフクロウの森へ

ふくろうが誘(いざな)う秋の夜の夢パステルカラーの想い出の中

P1030714

冬の足音が聞こえそうな寒い夜でした。
秋の終わりは、少し淋しくて長い夜にはあれこれと行く末、来し方想います。
時は流れ続けて、変わらぬものと変わりゆくものがあるけれど・・・・。
明るい未来を子供たちに手渡したい、パステルカラーの未来を・・・・。
sleepyいつの間にか夜の闇に吸い込まれて行ったのです。

「ho-ho-起きなさい」フクロウの声がした。
目を開けると、そこはパステルカラーのやさしい風景の中。
幼いころのわたしがいた。

「ゆめフクロウさん、こんばんは!またこの森に連れて来てくれたのね」
「そうだよ。今夜は、皆を招待したからね。ここでは皆みんな仲良しなんだよHO-HO-」

月の光に照らされて、ゆめフクロウの森は絵のようにきれいでした。
「マグちゃんdog ルナちゃんdog トラちゃんcat、ここではみんな仲良しなんだね」
「そうだよ。トラもルナもかわいいワン!」一番お姉さんのマグが言いました。
「ルナもトラのことガウガウしないワン!」トラよりお姉さんのルナが言いました。
「もう悪戯して、ルナ姉さんたちのこと、爪でひっかいたりしないからニャアー!」トラが言いました。

ワンコとニャンコは、この森の中で、いつまでも仲良く遊んだのでした。

2009/11/27

~トラちゃんのお気に入り~

ほっこりと小春日和のネコ時間笑顔集まる陽だまり空間

P1030691

悪戯ニャンコのトラちゃんが狙っているものは?eyecat

P1030692

お気に入りのオモチャころころ動くネズミさんです。

P1030690

こんな所から、ネズミさん目がけてジャンプ!dash

P1030696

ネコパンチにカミカミ攻撃だcatpunch
トラちゃん、すばやい動きだニヤア、さすが男の子scissors
君は、強い!

P1030695

こうやって、トラちゃんはいつまでも一人(一匹)で遊んでいるのでした。

P10306031

ルナは、出番がないねえ。
見守っているだけなのでした。

「なんだ、あのチビはdogshock

2009/11/26

~シートン動物記~

動物に注ぐ眼差し優しかりシートンに出会った秋のひととき

P1030261

シートン動物記「愛犬ビンゴ」アーネスト・T・シートン著・藤原英司訳 集英社文庫

収録作品 愛犬ビンゴ
       銀ギツネの伝説
       ウェイ・アッチャ ー キルダー川のアライグマ

「愛犬ビンゴ」はシートンが22歳から28歳にかけて実際に飼っていた犬の話です。
忙しくしていたシートンは、毎日ビンゴと一緒に居たわけではないが、犬は最初に生活し愛情を受けた人に対して、生涯忠誠を尽くすという特性がある。そして両者には目に見えない特別のつながりが生まれ、それは生涯続くという。
すべての犬がそうではないかもしれないが。

ある日シートンが自分で仕掛けた罠に両手両足を挟まれ動けなくなり、周りにはコヨーテの群れが・・・死を覚悟した。
その時ビンゴは遠く離れた家に居た。
それなのに、ビンゴは急に鼻を高く上げ悲しそうな叫び声を上げて家から飛び出して行ったそうだ(シートンの兄の話によると)
ビンゴはシートンを助けに駆け付けたのだった。
テレパシーなのか、それは解っていないが、こういうことは人と人の場合でも起こることがあるようだ。

時は流れ、ビンゴが瀕死の状態でたどり着いたのは、シートンが居るはずだった小屋の入口。ビンゴが子供時代を過ごした小屋だった。

老犬ビンゴが最期に助けを求めたのは、シートンだったのです。

「銀ギツネの伝説」
P1030697

挿絵もシートンによるものです。

この物語は、野生のキツネの一家の生活が描かれている。
素晴らしい毛皮をまとった銀ギツネドミノ、その知恵と勇気に圧倒される。
読み出したら止まりません。

「ウェイ・アッチャ ー キルダー川のアライグマ」
P1030698

この物語は、シートンが56歳の時に出版した「野生動物の生き方」という本の中に収められている。
やんちゃでかわいくて好奇心旺盛なアライグマの冒険が生き生きと描かれている。

動物好きの人なら読んだことがあるでしょう。
又、読み返してみるのも楽しいものです。

P1030693

ルナにも、念力、テレパシーあるかな。

「・・・・・・impact

2009/11/25

~晩秋の風景の一部になる~小さなわんこ

公園の紅葉の葉っぱが手を振って空ゆく雲と挨拶交わす


P1030630 P1030631
先日立ち寄った、石鎚山SAの下にある公園。
車中で退屈しているルナを遊ばせるために下りてみた。
広大な公園はきれいに整備されていて、長い遊歩道が続いていた。

P1030639

こんな広い公園、ルナは独り占め?
紅葉がおいでおいでと小さな手を振って手招きしている。
はらはら枯れ葉が散って、かさっと音をたてる。
そんな音が聞こえそうな静かな公園。

P1030641

柿が実をつけている。渋柿?かな。
柿色が青空を遠景にしてきれい。

P1030632

ルナは、こういう所へくると、「水を得た魚」、じゃあない犬だ。
ハアハアしながらもボールを投げろと何度も催促する。
急斜面をなんなく駆け下りたり上ったり、何度も何度も。
その元気少し分けてほしいなあ~
かあさんは少しばかりお疲れなんだけどgawk

P1030640

美しい季節を風景を楽しまなくては・・・。

ぜんぜん景色見てないルナ。ボール命か君はbaseball

P1030633

そんな、ルナは無視してcoldsweats01、この風景を楽しんでください。

移りゆく季節のこの一瞬をお届けです。

2009/11/24

~ワンコとニャンコと~

不可思議な人間世界の真ん中で犬と猫との生のやさしさ

F1000474 昔から、そう、子供のころから、我が家には動物が同居していた。今は亡きばあちゃんが飼っていた鶏数羽、これは卵を産んでくれて毎朝の食卓に上ったものだ。このころいつの間にか居ついてしまったみけネコミーちゃん、堂々と家の中を我がもの顔に闊歩していたのを思い出す。

ミーちゃんがいなくなって、シャム猫タローがやってきた。
わたしによく慣れ「ここにおいで」と言うと、ぽんと飛びあがり私の肩に乗ってきた。冬はコタツが好きでいつも中で丸くなっていた。ネコ嫌いな?おばちゃんがやってきて、こたつに脚を入れると「ガブリ!」と噛みついたりして・・・おばちゃんひどく怒っていたなあ~

そして大人になってから、結婚した相手も動物好き、ビーグル犬を飼って、かわいい子犬も生まれた。生まれたての子犬の可愛さ、小さな命の愛おしさ、温もり忘れない。

F1000470

F1000479F1000480F1000467_3

九官鳥のキュウちゃんも居た時期があった「オハヨウ」といつも言っていたのに・・・・。寒い冬のある日冷たくなっていた悲しい思い出もある。

時は流れて今は、マグとルナとトラとの生活。

傲慢な人間世界にいて、幸せなのかなあ、君たちは?と思ったりもする。
短い生を見守っていくわたしは、幸せ感じているけれど。

その眼を見ていると、心が透明になるよ。

不透明な人間世界の中に居て。

2009/11/22

~晩秋の空の下で~

晩秋の空の模様は異界へと吾を誘(いざな)う無限の世界

P1030622P1030623

風が冷たい昼下がりの公園。
見上げた空は凛々として、白雲がゆっくりと姿形を変える。
どこへ流れていくのだろう。
眺めていると、その雲間に吸い込まれそうな気がする小さなわたし。
空の上、その向こうには何があるのだろう?異界へと続く道があるのかもしれない。

そんなことを、考えてしまう晩秋の空だった。

P1030626

北風が少し冷たかったが、ルナは大喜びで、広い公園を疾走する。
親類の葬儀や母の受診などで、バタバタした日が続きルナの公園散歩も久しぶりなのだ。
冷たい風の中、ルナと走れば、心も体もぽかぽかする。

P1030625

やはり、ジャックは、こうでなくっちゃね。
お友達がいないのが少し寂しいね。

P1030629

あんな所まで走って行く小さなルナ。空に雲に吸い込まれないでね。

F1000469_2 新家族トラちゃんの近況。

人懐っこい元気いっぱいのトラ、皆に可愛がられている。
ルナも少しづつ慣れている様子。

「まだまだ仲良く遊んではくれないニャア ~ cat」 

2009/11/21

~想うこと・・・・~

彼岸へと旅立つ人を見送れば此岸草花揺れ居るばかり

P1030374

急に寒くなってきた。冬が忍び寄る気配がする。
そんなある晩、訃報の連絡が・・・。

P1030493
(藤城清治・影絵・ルートヴィッヒⅡ世とノイシュバンシュタイン城)

母の生家に暮らす叔母が亡くなった。
突然に、ほんとに突然に居なくなってしまった。
叔父が入院中なので、一人暮らしだった叔母は、誰にも看取られることなく独りで旅立ったそうな。直前まで元気だったというのに。
残された家族の淋しさは、心にぽっかりと空いた穴は、日を増すごとに大きくなるのだろう。叔父の涙が忘れられない。

お通夜に、告別式と、遺族にとっては慌ただしい時間が過ぎて、日常に戻る頃に又悲しみが増すことだろう。

あっけないのが、人の死・・・・儚いのが命。

P1030514

一日一日を充実させて、わたしなりに生きていかなければと思ったことでした。

ルナ、傍にいてくれてありがとう!

2009/11/17

~奇跡の星の植物館で~

美しき天使のような花に会う秋の終りの記憶のひとつ

P1030607 P1030606

先日訪れた「兵庫県立淡路夢舞台温室・奇跡の星の植物館」
ルナは、入館禁止なので、車の中で待たせておいた。
邪魔者(ルナ、ゴメン!)がいないので、ゆっくりと鑑賞することが出来た。

P1030608 P1030610

ホントに天使が棲んでいそうな空間があった。
ミニチュア版クリスマスの風景、かわいい。

P1030605
フラワーショースペースでは、新郎新婦の写真撮影が行われていた。
白いドレスの花嫁さんがきれいで、新郎の嬉しそうな顔が印象に残った。
「どうぞ、お幸せにheart01

P1030612
和の空間もある「ししおどし」

そう、もう11月も後半、霜月も駆け足で行ってしまいそう。
師走がそこまで来ている。遠くで冬の足音が聞こえるような。
時の流れに流されて、どこまで流れて行くのやら・・・。

P1030541

ここだけは、時間が止まっているね。ルナ時間は、特別。

正確な「腹時計」内蔵しているルナ、電波時計よりも正確?

P1030538

「ごはんの時間だワン!」

「あら、寝てたんじゃないの?」

2009/11/16

~山茶花咲いた散歩道~

何度でも季節は巡り花は咲く君がつぶやく山茶花の道

P1030556

森林公園の遊歩道に咲いている山茶花。

秋の終わりの、公園は少し淋しい風情。
花の少ない季節を彩るサザンカの花。
次々と開いて緑の葉っぱの間から元気に顔を出す。

その花びらは、はらはらと散る。
ひとひらみひら・・・・散ってもきれい。

P1030558

冬は駆け足でやってくる。
そんな気がする夕暮れ時。

P1030560

ひと日の終わり、晩秋の夕暮れ時は、ちょっと切ない気分になる。

P1030561

後ろは、振り返らないで歩いていこう。
何度でも季節は巡る。
新しい季節へと歩き出そう。

P1030528

「何言ってんの!早く寝ようよsleepy

P1030529

「明日があるさ。何度でもshine

2009/11/14

~秋の女神が~

ひんやりと秋の女神の気配して自然は不思議自然は無言

P1030543

森林公園にも秋が深まる。

P1030548

山道は、凛とした空気が流れて、ひんやりと頬にやさしい。
木々は柔らかい色に染められてゆく。
自然は、不思議に満ち満ちて、どうしてこうも美しいのだろう。
遭遇する人もない、静かな山道に枯れ葉が舞い落ちるかさっという音がするだけ。

P1030559

一瞬一瞬のこの時を切り取っておこう。
忘れないように・・・・

P1030547

木々の間から見え隠れする池。
蒼い蒼い深い色。
秋の女神は、自然をこんなに奇麗な色に塗り替えてくれる。
誰にも描けない絵のように。

P1030546

誰にも遭わないなと思ったら突然、ジョギング中のオジサンが横を走り抜けた。
ルナはびっくり。
そして、家族連れ四人と遭遇 「こんにちは」

P1030554

ルナは、枯れ葉ロードを探検したり

ボールキャッチをしたり

P1030551

急斜面を駆け上ったりとdash

ルナにとっても、自然に還る時、楽しい秋のお散歩。

2009/11/13

~ルナ&トラの日常~

捨てられて震え鳴いてた子猫あり今は我が家の悪戯天使

P1030408

トラちゃんは、食欲旺盛元気いっぱい。
ルナと一緒にフードを食べる。
ドッグフードとキャットフード、どう違うんだろう。
ルナもトラもどちらでもいいみたい。美味しそうに食べる食べる。
トラは、自分のフードをかじりながら、ルナの方をチラチラと見て、ドッグフードを欲しそうに「にゃーにゃあー。そっちの方が美味しそうだにゃ~eye

ルナはガツガツ自分のフードを平らげてトラのフードを奪ってやろうという顔をする。

P1030504

トラちゃん「もっとちょうだい」って顔。

P1030506

「じゃあ~ちょっとだけよ」
我が家の王子、トラには、甘いかあさんでした。

P1030532

ルナは、トラを可愛がるとすご~くやきもちをやく。
「ワンワン!!!」吠えたてる。
トラは、全然動じませんcathappy02。うるさいな~って顔。
そして、遊んで欲しくて、ルナにちょっかいを出す。
でも、ルナは相手にしない。

ルナはといえば、まだ少し距離をおいているが、ガウガウはしなくなった。
家族として認めたようだ。仕方なく?

P1030530

ルナのつぶやき。

「あんなチビばかり可愛がって、もう~pout

2009/11/09

~ルナとトラとの距離~

心地いい乾いた風が吹くころに犬と猫との暮らし始まる

P1030438

トラが我が家に来て、二週間が過ぎた。トラはもうずうっと前から居たように自由奔放。
「遊んで遊んで」と盛んにアピールする。オモチャにいつまでもじゃれていたいまだまだ小さな子猫ちゃん。どんな仕草もかわいい。

P1030522

ルナは、困惑顔。
まだ仲良くはなれないが、傍に来ても吠えたてたり、ガウガウはしなくなった。
二人(二匹)を近づけてみた。しばしにらめっこ、そのうちトラが飛びつこうとすると、さっと逃げてしまった。もしかしてトラの方が強い?男の子だもの。
小型犬のルナ、トラが大人になったら同じくらいの大きさになるかも、それともトラの方が大きくなるのかな。

「ルナちゃん、どうする?」 「shockdog

マグは、大型犬なので小さなトラには、興味を示さないようだ。
でも、ガブリとやられたらひとたまりもないトラなので、当分は目が離せない。

P1030425

ワンコとニャンコが仲良くお昼寝、sleepydogcatsleepyなんて光景が早くみたいものだ。

P1030291

「ルナちゃん、お姉さんなんだから・・・・遊んでやって・・・」

dogsleepysleepy

2009/11/06

~石はココロの形~

秋深し河原の小石ひとつだけ拾い上げればココロの形

P1030490

先日、散歩途中に拾った川原の小石ひとつ。
よく見るとハートの形をしている。

 手のひらをかるく握ってこつこつと石の心をたしかめにけり
 いつまでも握っていると石ころも身内のように暖まりたり
         山崎方代

石にも心を寄せる方代さんでした。
石の心が解る?方代さん、もし、同じ時代に生きていたなら是非一度会ってみたかった。
などと思うわたしでした。


秋は物思う季節、日毎に寒くなる夜には、あれこれと思いをめぐらす。
ココロは厄介なものでもある。

P1030308

深き愁思のルナ?
メランコリック?なんてことはないよね。

P1030311

「早く、おやつちょうだい」の顔でしたhappy02

P1030509

ルナとトラに、元気をもらってココロは、ほんわか。heart01

P1030425

2009/11/04

~陽だまり~ワンコとネコ

朝寒に優しい陽射しきらきらと小さな命輝いて秋

P1030511

今朝も寒かったワン~。dogByルナ

我が家も一昨日から炬燵を出してきた。
寒がりワンコのルナは早速炬燵にもぐってしまった。
暑くなってくると、「フー~」と顔だけ覗かせる。「ネコちゃんか!君は」

洋服を着せるのはあまり好きではないけれど、ブルブルしているのでTシャツを着せた。
ルナは嫌がらない、抜け毛防止にもなるから、いいか。

P1030517

陽射しが縁側に降り注ぐと、早速ルナは指定席に移動だ。
朝の陽ざしを浴びてほっこり、「ばあちゃん犬か。君はcoldsweats01

P1030398

P1030498

トラちゃんも陽だまりで嬉しそう~

オモチャで遊ぶのが大好きな子猫ちゃん。
P1030505

ルナとトラはまだまだバトル継続中。
ちいさなトラはルナが吠えてもあまり動じないけれど、ルナはまだまだガウガウしそう。

目が離せない。

仲良くなるのは、いつのことやら・・・

2009/11/03

~龍田姫が・・・・~

龍田姫ものみな秋の色に染め深く静かに季節移ろう

P1030460P1030464

内子町へのドライブ途中に立ち寄ったハイウエイオアシス「石槌山」
紅葉がきれいだったので裏山の方へと降りて見た。

「ルナもちょっと休憩、ボール遊びがしたいワン!baseballdog
ということでhappy01

P1030465

きれいに整備された公園があり、遊歩道が続く。P1030454
ものみな秋の色に変わってゆく季節、さわやかな時を感じて大きく深呼吸してみる。
季節をつかさどる姫、龍田姫のしわざとは、なんていにしえ人はロマンティックなんだろう。
秋の女神のお出まし、そう考えると楽しいですね。

P1030463P1030467

思いっきり駆け回ってルナも大喜び。紅葉は見てないけれど。coldsweats01
かなり下の方まで転がったボールを追いかけて疾走した。

P1030452

暑かったので、さすがのルナもバテバテ。
龍田姫も笑っているかも。

P1030459

車内で、爆睡中。dogsleepy

2009/11/01

~内子を歩く~

白壁の町を歩けば時を止めいにしえ人に出会う町角

P1030470
P1030477

愛媛県の南予地方に位置する内子町(うちこちょう)
江戸から明治にかけて和紙と木蝋の生産で栄えた町である。
我が家から、高速で2時間余りで行ける。高速代1000円の恩恵に預かりドライブした。
もちろん、ルナ同伴で。

P1030492
(お土産に買った。和蝋燭)

内子で200年以上も続く老舗の大森和蝋燭屋(写真下)、内子町で唯一の手作り和蝋燭のお店だ。
ハゼの実から搾り取る蠟を年輪のように重ねて塗りつけるという独特の製法である。
独特の手触りと匂いがする。一本お土産に買った。

P1030481

P1030476

レトロな雰囲気が漂う建物を見ながら、緩やかな坂道を歩く。
小さな町並は、ぶらり散歩に最適。
白壁の町が秋空に映えてきれい。しばし昔にタイムスリップした。
町並保存地区は車の乗り入れ禁止なのですが、何台か車が通過していたangry

P1030473

P1030468 P1030471 P1030469

1キロばかり歩いて、内子座を見学。
瓦葺き入母屋作りの本格的な歌舞伎劇場である。
花道、廻り舞台、桝席は昔のまんま、今も芝居小屋として使われている。

P1030484 P1030485

こんなお店がありました。downwardright昔を再現、よく出来た人形でした。

P1030482

この日は、修復中の建物もあったので、又ゆっくり来てみたいと思った。

P1030328

ルナは「面白くなかったワン!」

でしょうねcoldsweats01

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ