フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009/10/31

~池面は深い色~

秋深し池面は深い深い色神秘の池に龍王伝説

P1030450 P1030449

森林公園に隣接する池。龍が住むと言う池。
鴨の集団が気持ちよさそうに浮かんでいた。
池は、深い深い緑色をして、神秘的な感じがする。
蒼い蒼い水底には、何かが棲んでいそうな気配。
人知を超えた何かが・・・。

P1030456

秋のやさしい陽射しが池面に降り注ぐ、白い風が吹いて水面はきらきら。

P1030455_2

「ザッブン!」
ちょっと目を離した隙にルナは、池の中へ。

P1030457

もう、とっくに夏は終わったんだけどshock

P1030458

池、深いよ~冷たいよ~怖いよ~

やはり河童犬が棲んでいたshock

2009/10/29

~捨て猫トラちゃん~その後

捨て猫のつぶらな瞳澄んだ目に心の奥を覗かれている

P1030410

先日縁あって我が家にきた子猫(捨て猫)ちゃん。
拾われて4日目なのに、もうすっかり我が家の一員になった。

P1030436
今日は、動物病院へ連れて行った。
一応、健康診断を受け、ワクチン接種、回虫駆除のお薬を飲ませてもらった。
健康体で異常なしということで一安心。
三週間後に回虫駆除出来ているか再度検査に連れて来るようにとのこと。
先生に「模様も奇麗、顔も可愛いね。いいネコちゃんだ」と言われた。

生後三か月くらいで、男の子と判明。
避妊手術は6か月くらいですればいいらしい。
25日に我が家へ来たので、誕生日は、2009年7月25日としよう。
名前は、茶トラなので、トラちゃん(単純?安易?)で決まり。

P1030432 P1030435

もう、すっかり我が家の住人、こんなことして遊んでいる。
オモチャお気に入りだね。
元気いっぱい、好奇心いっぱい、家中を探検している。

P1030419

ハイタッチ!

P1030423

「これから、ニャンとかよろしくお願いします。cat

「ハ、ハイ こちらこそheart01

もう、手放せないなあ~
ワンコ2頭との共存、これから大変だ。

2009/10/28

~高橋順子の本~二冊

秋深し本を開けば異界へと迷い込む吾ひとり旅する

P1030390

「みどりの石と猫」高橋順子著・文芸春秋
         装画 瓜南直子(かなん・なおこ・日本画家)

詩人である高橋順子さんのファンタジー、10編が収録されている。
静かなファンタジーの世界へと、秋の夜長に迷い込む。
不思議な世界へと、一人旅をしてみるのもいいかもしれない。

P1030389

「花の巡礼」 高橋順子・小学館

現代詩人である高橋順子さんの目から見た花たち、今昔の詩人、歌人、俳人、作家の言葉を引用、織り交ぜ、自らの記憶を辿って綴る花随筆である。

池田邦彦のモノクロームの花の写真が妖しくも美しい魅力を持って迫る。色を排除した花たちはこんなにも美しいのかと。

花の魔性に惹かれ、花の性(さが)を訪ねる旅である。

高橋順子は、私小説作家の車谷長吉夫人でもある。
2008年に夫妻は四国八十八か所を歩き遍路で回っている。
「四国八十八か所感情巡礼」車谷長吉著
これも読んでみたくなった。

続きを読む "~高橋順子の本~二冊" »

2009/10/27

~錦秋~山が微笑む

錦秋の野山に惹かれ来てみれば山が微笑むやさしい気配

P1030377

先日、紅葉を見たくて山に行ってみた。
空気が澄んでひんやり感が心地よく、山の木々の色がやさしい色をしていた。
これから、徐々に山は色を増し「山装う」季節になるのでしょう。
この日は「山微笑む」った感じの彩り、やわらかい色が好き。

山道を下って来た年配の女の人三人と遭遇「こんにちは」と言葉を交わす。
やはりルナは人気者「かわいい~」「きれいな犬やね~」なんて言われて。
「ルナ照れますワン!」dogsweat01

P1030375
川の水は冷たい。
それでもルナは水遊びしそうな気配「ダメ!だめ!」

P1030379

お地蔵様が、ルナを静かに見守る。

今は立派なトンネルが出来て車であっという間に山の向こう側(徳島県)へと行ける。
昔は、この山道を歩いて山越えをしたらしい。
しばし、昔の暮らしを想ってみたわたし。

P1030380P1030381

こんな所を探検するのが大好きなルナでした。
狩猟犬の本能が目覚めるとき。

君は昔にタイムスリップしても、ちゃんと生きていける?

2009/10/26

~捨てられた子猫ちゃん~

秋の夜小さないのち抱きしめる捨てられたネコ震える体

25日の夜のこと、突然、まんまるお目目の子猫が我が家にやってきた。

ゴルフ練習場の自販機の下で、お腹をすかせて、ミャアミャア鳴いていた子猫一匹。
首輪もないし捨て猫のようだ。その夜は冷たい雨が降り出した。
鳴きながら震えている子猫を、夫は我が家に連れて帰った。

P1030391

きれいに体を拭いて、お水とドッグフード(我が家にはワンコが二匹)を少し与えると美味しそうに食べてピチャピチャ水をのんだ。
P1030406
さて、どうしたものか?ルナはワンワン威嚇するばかりだ。
誰か育てて飼ってくれる人を探さなくては。
P1030397

こんなにかわいい~
momo(亡きビーグル犬)の小さいときの首輪をつけた。鈴がちょっと重たそうだけど、似会ってる。

P1030393

人懐っこいネコちゃんだ。すっかりわたしに懐いて手を出すとこんな感じでお顔をスリスリしてくれる。
「ココニオイテよ」って言ってるみたい。
P1030404

ルナとマグが問題、仲良くなってくれるか?それが問題だ。

里親さんが見つからなかったら、我が家の住人になるしかないねえ。
今は、「トラちゃん」と呼ばれて、我が家に居る。

P1030407

こんなかわいいトラちゃん、誰が置き去りにしたのだろう・・・・。

2009/10/25

~秋の草花揺れる散歩道で~

人恋し秋のゆうぐれひそやかに揺れる草花こころ留めむ

P1030367

散歩道には、可憐な草花が揺れている。
道端にひっそりと・・・誰に見られなくても。
色鮮やかな花は、もちろんきれいだけれど、いつからか(たぶん歳のせい・・)道端に咲く名前も知らない花に心を止めるようになった。

P1030364

星が散らばっているようできれい。
踏まれても、踏まれても元気。

P1030362 P1030363

小さな命が飛び跳ねていた。
虫取りをして遊んだあの日は、はるか遠くの思い出の中。

P1030372

散歩途中、ジャックラッセルテリアを連れた人に出会った。
滅多にジャックに出会うことはないので、しばらく飼い主さんとお話。
まだ六か月のかわいくて人懐っこいサクラちゃん、遊んで欲しくてたまらない。
なのにルナはガウガウ。

P1030365

ダメなルナでした。

サクラちゃん、又会えるといいね。

2009/10/24

~どんぐりころころ~

秋色の山道行けばころりんとどんぐり坊やがころころころり

P1030354

秋も深まるころ、森林公園の遊歩道の風景も、落ち着いた秋色に変化してゆく。
枯れ葉を踏み踏み歩いて行くと、どんぐりがころころ転がっていた。

P1030355

子供のころ、誰でも夢中になって拾っていたどんぐり。
駒にして回して遊んだものだ。
可愛い帽子をちょこんと被って、愛嬌のある小さな木の実、どんぐり。
いろんな形があってよく見ると面白い。
どんぐりという名前がぴったり、かわいい、誰が名付けたのか?

※どんぐりはブナ科のナラやカシワなどの木の実の総称。

P1030357

きのこが、ひっそりと身を隠すようにして生えていた。

P1030356

ルナはボールをしっかり銜えて離さない。
どんぐりには興味ないのね。

P1030351

フクロウさんへのお土産だよ。

びっくりした目をしています。eye
森を思い出しているのかな。

2009/10/23

「ヴィヨンの妻」を観て

人生は不可解なもの愛って何どうしようもない弱さを内に

「ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ」
  監督 根岸吉太郎(モントリオール世界映画祭最優秀監督賞受賞)
  脚本 田中陽造
  原作 太宰治「ヴィヨンの妻」新潮文庫

  キャスト 松たか子・浅野忠信・室井滋・伊武雅刀・広末涼子・妻夫木聡・堤真一

P1030359

最初のシーン、幼い男の子が、卒塔婆の輪を回すところから始まる。

そのお寺の裏は小高い墓地になつてゐて、山吹かなにかの生垣に沿うてたくさんの卒塔婆が林のやうに立つてゐた。卒塔婆には、満月ほどの大きさで車のやうな黒い鐡の輪のついてゐるのがあつて、その輪をからから廻して、やがて、そのまま止つてじつと動かないならその廻した人は極楽へ行き、一旦とまりさうになつてから、又からんと逆に廻れば地獄へ落ちる、とたけは言つた。(『思ひ出』太宰治)

男の子は、輪を回す、二度ともからんと逆に回って止まるのだった。男の子は太宰自身?。

浅野忠信演じる作家大谷は、太宰自身なのだと思う。
破滅的で、猜疑心が強くて、大酒飲み、いつも死にたい死にたいと言うダメダメ男。そして、タンポポのように明るくて美人、ダメ男を支え続ける妻、佐知に松たか子。

大谷の愛人、心中事件を起こす(実際に太宰が心中した相手、山崎富江に似ている?)女を広末涼子が演じている。広末が大人の女?の魅力を見せている。
映画では、二人とも助かるのだが。

P1030360

ラストの名セリフ佐知の言葉が、耳に、こころに残る。

夫婦愛を描いたものだというけれど、愛はそんなに美しいもの?。
なんだかこの作家大谷のどうしようもない弱さにいらだつ。誰もが心の奥に持っているだろう弱さなんだけれど。

太宰治生誕100周年、映画ならでの見どころいっぱい、観ておきたい作品ではある。

2009/10/22

~公園も秋色に~

公園の木々も秋色深い色高い空より季節の便り

P1030350

公園の木も秋色になってきました。
さわやかな風が吹き過ぎて行きます。色なき風が葉っぱを染めて。

P1030349

青い空から季節の便りが届きます。
乾いた空気の匂い、風が運んできます。

P1030346

平凡な日々の真ん中で、無心に遊ぶわんこがいて、平和な日々に感謝!

P1030348

枯れ葉の舞い落ちる公園。
小さな命は、眩しいほど元気です。
秋色の景色の中に溶け込んで、いつまでも、いつまでも、遊んでいたいルナなのでした。

P1030347

「もう帰ろう」

「もう、ちょっとdogbaseball

そんな会話が続くのでした。







2009/10/20

~石のふくろうがいっぱい~変身!秋の夜はファンタジー

ふくろうに河原の石が変身だ秋のひと夜のゆめのまたゆめ

P1030343

先日行った吉野川で、拾って来た石ころたち、いろんな形と色が面白くて楽しくて。
ゆめフクロウの顔を描いてみたら、案外かわいい(自画自賛bleah

上の写真は、「親子フクロウ」

P1030340
「考えるフクロウ」哲学者集団?

P1030335_2
「悪戯っ子フクロウ」なんかやってやろう!好奇心いっぱいだ。

P1030342
「ちびっこフクロウ」 石に埋もれそう・・・

P1030339
「仲良しふくろう」 ラブラブheart04

P1030330
「個性派?」

長い夜、いつの間にかわたしもフクロウに変身。
「ほーほー」
夜の帳のその奥から「ほーほー」
フクロウの声が聞こえくる。

ほら、あなたの耳にも届いたでしょうear

たぶん、あなたに似たフクロウがいるはずnotes
あなたも変身?



P1030292

我が家のルナも爆睡中。

「ほーほー」

フクロウの子守歌。

2009/10/18

~スポーツの秋~

突き抜ける青空の下駆け抜けて吾と遊べやスポーツの秋

P1030296

運動能力抜群?のジャックラッセルテリアのルナ、ボール遊びが大好き。baseball
遊んで遊んでと、催促する。
疲れを知らないのか?君は!

P1030297

ボールを投げてもらって、疾走する.速い速い。dash

P1030295

何度も何度も走って、さすがのルナも、ちょっとお疲れ?dogsweat01

P1030305

子供たちが、いっぱい居るのを見つけると、ルナは走って行こうとする。
子供たちとボール遊びしたいルナ。soccer
「ダメダメ!」
ルナがボールを奪ったら大変。リードつけられてしまった。

競技場では、小学生が陸上競技大会をやっていたようだ。
アナウンスの声が聞こえてくる。

P1030301

子供たちも、わんこも元気いっぱいdogrun

スポーツの秋でした。

2009/10/17

~金木犀の香る頃~

秋深し金木犀の香りしてあの日のわんこあの日の風景

P1030316 

秋も深まる頃、我が家の金木犀の花も満開になる。
朝、庭に出ると、何とも言えない香りが漂ってくる。
朝の空気を金木犀の香りが包んでしまう。
その香りは強烈だ。

P1030315

アップで見るとこんなにかわいい花なのです。

P1030317

蝉の抜け殻が、花の香りを嗅ぐように、しっかりとしがみついている。(三枚目の写真の左上)
過ぎ去った夏を想う。

我が家の庭には、金木犀と銀木犀の木が並んでいる。
昔からそこにある木。何年我が家の歴史を見続けているのだろう。
毎年、毎年、きれいな花をつけて、いい香りを放つ。
そして、花がこぼれ散る頃には、樹下は、金木犀の花びらのじゅうたんを敷き詰めたようになる。

そして、思い出す・・・。
momo(ビーグル)のこと。
この花びらのじゅうたんの上を歩いていたmomoの姿を・・・。

虹の橋を渡った、momoの姿は、季節の移り変わりの、その風景と共に鮮やかに蘇る。

P1030322

ルナ、いい香りするでしょ。

P1030323

マグ、いい香りが・・・

大あくびしているの?bearing

2009/10/16

~秋のある日の夕まぐれ~

池面には水鳥ゆれて静もりて秋の水草モネの絵となる

P1030300

夕方の池面には、鴨たちの姿が、黒いシルエットになって、ゆらゆら。

P1030298

水の上をすべるように泳いでゆく、漂っているのかな。
仲良し家族のよう。

P1030302

水草がモネの絵のように、見える。
夕暮れ時は、不思議な色になる。

P1030299

土手には、青鷺たちが数羽、佇んでいる。
写真には撮れなかったけれど、7羽ほどいたようだ。
アオサギさんも、なんだか、秋のもの想いって感じだ。

秋のある日の夕まぐれ、こんな景色に出会いました。

2009/10/15

~インド夜想曲~

秋深し長い夜には謎めいたインドの旅へその深淵へ

P1030260

「インド夜想曲」アントニオ・タブッキ著 須賀敦子訳 白水ブックス

これは、ミステリアスなインド旅行記である。ミステリーでもある。
主人公のぼくは、失踪した友人を探して、インド各地に旅をする。
12章からなる、12のエピソードが主人公ぼくの旅を繋げてゆく。

インドの深層にふれる、内面の旅行記である。
アントニオ・タブッキは、イタリア文学の鬼才である。
私は知らなかったが、須賀敦子さんの翻訳、これは読まなくては、と買ったもの。
須賀さんの巧みな文章、情景描写により、不思議な世界に引き込まれていった。

「この本は、不眠症の物語であり、旅の物語である。不眠症はこれを書いた人間のものであり、旅はこれを旅した人間のものである」という冒頭の作者の言葉が、最終章で解る気がした。

もう一度、読み返してみよう。

インドという幻惑と瞑想に満ちた世界へ旅をする。

P1030293

わんこに不眠症はいない。sleepy

P1030307

夢は見るのかな?shine

続きを読む " ~インド夜想曲~" »

2009/10/13

~石ころころころ~吉野川

秋の陽にきらめく石は清流に磨かれ丸くころころころん

P1030286

ここ、吉野川の河原は、石ころごろごろ、きれいな石がいっぱいあるのです。
五色の石と言われる。

石ころをじいっと眺めている、こんな歌がある。

しののめの下界に降りてゆくりなく石の笑いを耳にはさみぬ

手のひらをかるく握ってこつこつと石の心をたしかめにけり

さらさらと川は流れて石のみがじっと止まっておりにけるかも

ころがっている石ころのたぐいにて方代は今日道ばたにあり
   
             山崎方代(やまざきほうだい)

動かない石ころに、自分を投影して詠んだ方代さん、おかしくて切ない。

P1030284

いろんな形をした大小様々な石。
小さなお気に入りの石を探して、少しだけ持って帰りました。
梟の絵でも描こうかな。
芸術の秋、石ころのアートもいいかも。

P1030289
(upwardright水に濡れると、こんな感じ、きれいな色になる)

うまく出来たら、公開しようcoldsweats01乞うご期待coldsweats02

P1030281

ルナは、この夏、子供たちが作ったらしい、露天風呂?に入浴中dogsweat01

P1030283

ルナに丁度いい大きさ、広さだ。

「どう、気に入った?お湯加減は如何?」

「水風呂だワン!dogsweat01

2009/10/12

~清流・吉野川~

清流は秋空映し煌めいて永久に変わらぬ風景であれ

P1030288

吉野川(徳島県)の上の空、白い雲と、どこまでも続く青い空がある。
秋特有の空気感が、五感を心地よく刺激する。
寝っ転がって、いつまでも眺めていたい風景。
何も何も考えずに、ただひたすら・・・・。

P1030278

ここは、ルナとうさんが、鮎釣りに来る場所からずっと、下流になる。
浅瀬が続いているので、ルナの遊び場所には最適。
早速、水に入って行くルナ。寒くはないの?

P1030276 P1030279 P1030280

水は冷たくなってきてるはずなのに、玩具を投げろと、何度も催促する。
浅瀬だから、いいけど・・・・。
それにしても、元気。

P1030287

石ころごろごろの河原で甲羅干し、さすがのルナもブルブルしていた。
秋の陽射しが心地いいね。

のどかな風景、さわやかな空、何度も来たい場所である。

2009/10/11

~秋晴れの空に太鼓の音響く~秋祭り

秋晴れの空の高みに獅子舞の鐘と太鼓の音が響けり

P1030269

秋晴れのさわやかな空が広がる。
今朝の空気は、ひんやりと秋の気配が濃厚になる。

P1030268

10日、11日は、秋祭り。
朝から、鐘と太鼓の音が聞こえ来る。
我が家にも獅子舞がやってきた。

P1030267

いつからか、こうやって一軒一軒、五穀豊穣、家内安全を祈願して獅子がやってくる。
小さな子供達が、元気よく太鼓をたたく、鐘を鳴らす。獅子が力強く舞う。
秋晴れの空の下で、元気いっぱい。

この子たちの未来も、青い空のように澄みきっていればいい。

そんなことを想う。

P1030271

ルナは?
大きな鐘と太鼓の音に、びっくり!shock
吠えまくり、なのでケージに入れられた。

未だ、吠えてます。

怖がりルナでした。dogsweat01

2009/10/10

~台風一過~

台風一過河原は清と静もりて白鷺一羽鈍色の中

   
台風が日本列島を縦断して過ぎた。
被害に遭われた地域にお住まいの皆さま、お見舞い申し上げます。

F1000463

F1000461

昨夕のこと、ルナの散歩にと、河原へと降りて見た。
見上げると、雲が低く垂れ鼠色の空は重たげな様子。
いつもは、石ころごろごろの川も、水がたっぷり。
淋しげな景色の中に、真白い鷺が一羽、静かに佇む。

F1000455

久し振りに広い河原に来て、ルナは大喜びで駆けまわって遊ぶ。
今日は水遊びはしないのね。
さすがのルナも寒いのは、嫌みたい。

F1000462_2

白鷺さんも、青鷺さんと一緒に飛んで行った。
もう、ねぐらに帰るのかな。

F1000465

曇り空から雨が少し落ちてきた。
急いで帰ろう。
ルナもねぐらに・・・。

続きを読む "~台風一過~" »

2009/10/08

~さようなら・富士丸くん~

突然に秋の空へと旅立った犬の残したぬくもりがある

0910072
(写真・upwardrightブログ・富士丸な日々より転載)

日本一、有名な大型犬「富士丸」が、10月1日の夜、突然に、ほんとに突然に亡くなりました。
ブログ「富士丸な日々」で知りました。

富士丸は2月22日生まれのミックス犬、誕生日がわたしと同じということもあり、いつも楽しく拝見させていただいておりました。
軽妙な文章と富士丸くんの画像と、見る度に元気になるブログでした。

本当に残念です。7歳は早すぎます。
飼い主さんのお気持ちを思うと心が痛いです・・・。富士丸君の為に山にお家を建てる計画が進行中だったのです。

富士丸くん安らかに。

穴澤さん、ありがとう。

~秋はファンタジー~

秋の夜はゆめふくろうの住む森に夢の世界にしばし遊べや

P1030258

暑くもなく、寒くもなく、静かな静かな、秋の夜の出来事。

いつの間にか、眠ってしまったルナ。
なんだかいい匂いが漂ってきて、そっと目を開けると、びっくり、ルナは「ふわり~」木の葉に乗って夜空を舞っていたのです。

ふわり、舞い降りたルナの目にした光景、そこはゆめふくろうの森でした。
いろんな色のキノコがいっぱい、カラフルでまるでお花畑、いやキノコ畑。
いい匂いの正体はキノコでした。

かわいい悪戯妖精がちょこんとキノコの上に舞い降りた。

ゆめふくろうの森も、秋色に染まって、月の光に照らされて、それはそれは夢のようにきれいなのでした。
カラフルな色のキノコたちが、やさしい歌を歌ってくれました。ルナは又、いつの間にか眠ってしまったようです。やさしい歌声を聴きながら・・・。
悪戯な妖精の、嬉しい悪戯なのでした。

「ホーホー・・・・・」

ルナは、ふくろうの声を聞いた気がして、そっと目ざめるのでした。
ここはルナのおうち、傍らには、かあさん、とうさんがいて。

P1030266

いつもと、変わらぬ朝でした。

2009/10/07

~雨~

雨の日も嫌いではない鈍色の空を眺めて雨音を聴く

P1030252

昨日、高校時代の友人からのお誘いのTELがあった。
雨の日の久しぶりの再会、落ち着いたカフェでの、ランチ&近況報告。
話は尽きない昔の話から現在の生活のことまで、窓の外は、静かな雨。

あっという間に時間が過ぎた。

P1030253

雨の上がった、束の間、海辺を散歩するルナ。
海は、鈍色の空を映して、深いところに吸い込まれそうでちょっと怖い感じがする。

ルナ落ちないようにね。

さすがに、ルナも海をちょっと覗いて見るだけ。

P1030249

公園に移動して、どこからか取ってきた木をかじって遊ぶ。
P1030250

雨が少し落ちてきた。

もう、帰ろうか?

台風が近づいているようです。
くれぐれも、お気をつけて!

2009/10/05

~秋晴れの空~

秋空に吾も溶けゆく空の色空の高みに透明な魂

P1030231

秋の空は、高くて澄んでどこまでも青い。
こんなにきれいな空を眺めて、あんなことこんなこと、しばし忘れましょ。

P1030232

先日、京都までロングドライブした時の、空の写真のUP。

ドライブと言っても、義母、義妹の眠っているお寺にお参りに行った時に撮影したもの。
日帰りのドライブ、この日は天候に恵まれ。秋空がとてもきれい。

P1030236

明石大橋と空、いつまでも見ていたい。
素晴らしいロケーション。

P1030240

空が高い。観覧車のその上の空。

P1030221

大鳴門橋から見た空。
平日だったので、高速もスイスイ走れて快適。
スピード出し過ぎ?気をつけて。

P1030239

海と空と雲と・・・。

あ、もちろんルナも連れて行きました。
ルナにとっては、初めての長旅。
疲れを知らないルナも、一人(一匹で)待たされたのが、イヤだったみたい。

今度は、ルナの遊べるところに行きたいね。

P1030230

お彼岸には、少し遅れたけれど、義妹、義母に手を合わせて、近況報告が出来た。
あの青い空のどこかで、私たちを、見守っていてくください。

P1030222
蒸し暑い京都だったが、境内は静かで空気がひんやり落ち着いた空間。

空は、やはりどこまでも高くて青かった。

2009/10/04

~十六夜の月を眺めて~

美しき秋の夜の月その行方追いかけてゆく夢の中でも

P1030243

今夜の散歩は、月の明かりに照らされながら・・・・もの想い。

 世間(よのなか)は 空しきものと あらむとぞ この照る月は 満ち欠けしける
      万葉集 (巻3ー442)

 (月に関する歌は180首余りある)

「世の中はこんなにも空しいものなのか、月は満ち欠けして知らせてくれるのだろう」

 なにごとも かはりのみゆく 世の中に おなじ影にて すめる月かな
           西行

十六夜の月を眺めながら、しばし月時間。fullmoon
いろんな人が、いろんな想いで眺めているのでしょう。

P1030245

ルナは、月を眺めてそんな目に?shock

P1030247

なあんてことは、ないよね。happy01

かわいい、アーモンドアイでした。lovely

2009/10/03

~中秋の名月~

名月に心まあるく照らされて同じ月見る君想う夜

P1030241

今夜は、満月。fullmoon

きれいなまんまるお月さまが顔を出してくれました。

皆さん、お月さまを眺めているでしょうか。
どこから見ても同じ月なのです。

こころも、まあるくなります。

P1030242

 名月を取てくれろと泣く子かな  一茶

 月ぞしるべこなたへいらせ旅の宿  芭蕉

P1030147

ひたすら歩くルナには、お月さまは見えてない?fullmoon

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ