フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009/05/31

~雨蛙さん、こんにちは!~

雨を待つ若葉色したアマガエル夏の陽射しもやさしくなりぬ

P1020752

菜園の側には水道があり手洗い場がある、そこに、最近ちょくちょく顔を出すアマガエル一匹、私の気配にも動じることなくマイペース?である。
水を掌に掬って、カエルにパラパラとかけてみた。
気持ちよさそうに?チョコンと座っている姿がなんとも愛らしい。
黄緑色した小さなカエルの姿を、こんなに間近で観察するのも久しぶりだ。

毎朝、カエルの姿を探しているわたし。
あ、居た居た本日もこのようにちょこんと座っておりました。note

P1020751

「マグちゃん、カエルさんいじめないでね」

昔は、アマガエルもいっぱい居たのに、最近あまり見かけなくなった。
数が減ってきているのは確かだ。

これも人間のせい?bearing

2009/05/30

~じゃがバター~

はつ夏の庭のジャガイモほくほくと吾体内にエネルギー満つ 

P1020753
P1020755

初収穫したじゃがいも(男爵イモ)をいただきました。じゃがバターにしてほくほくのその感触と自然の味を楽しみました。うん、なかなか美味!

P1020756
ルナも「待て!」をして待っています。
「早く食べたいわん!」

F1000321

「美味しい顔だよ」dogwink

ルナパパさん、美味しい野菜いっぱい作ってくれてありがとう。
P1020750
ミニカボチャの花もこんなにきれいですよ。

2009/05/29

~初夏の川~

空色の川面に遊ぶ愛犬と夏のひと日の幸せ分かつ

F1000316

土器川公園散歩、その途中、お気に入りのボールを追いかけ川に飛び込むルナ。
川面は空の色、白い雲映して静か、ルナが泳ぐとさざ波が立つまるで小さな怪獣?のよう。

F1000311

何もない、何もないことが幸せ、そんな日々が続けばいいと願う。

F1000319 F1000318

やがて海へ出る夏の川あかるくてわれは映されながら沿いゆく
           寺山修二
 
寺山修二が高校時代に詠んだ歌です。

2009/05/27

~一羽の燕は・・・~

電線に燕が一羽なにを待つ影となりゆく夕暮れ時に

P1020744

一人ぼっちの燕さん、電線にいつも止まっている姿、見ているわたしも切ない気持になってくる。やはり母さん燕は戻って来ない。巣の中に取り残された卵も、もうだめかもしれない。
それでも、夜になると、我が家の軒下で寝ている燕一羽。

遥か東南アジアの島々(もしかしたらオーストラリア北部)から何千キロも海を越えて渡ってきたであろう燕さん。
めげずに、なんとか新しいパートナー見つけてほしい。
今年は、燕の姿が少なくなったようだ。
農薬等の影響で餌となる虫が少なくなったのかもしれない。

毎年可愛い姿を見せてくれる雛たち、今年は見られないのかなあ~

P1020729

なんだか切ない夕まぐれ。 

続きを読む "~一羽の燕は・・・~" »

2009/05/26

~元気な夏野菜~

真っ直ぐに夏の日差しが降り注ぎ野菜畑の花が微笑む

P1020738 

我が家の庭の片隅の小さな菜園で、野菜たちが元気に育っている。

P1020686P1020739 P1020740 P1020741

ルナも、最近悪戯しなくなって、野菜の成長見守っているみたい。

P1020685
サラダ水菜は収穫して、昨夜の食卓に上りました。
シャキシャキ感が夏の味、美味しかった。

2009/05/23

~燕さん一家に何が?~

つばくらめ今年もいのち育んで無事に羽ばたけあしたの空へ

P1020731 今年も我が家にやってきた燕さん、古巣を修理して、卵を産んで・・・・
そして、そして、確かに母さん燕が卵を温めていた・・・・。
その姿をそっと眺めていたわたし、かわいい雛の顔を見る日を心待ちにして。

ある日から、巣には親燕の姿がない。どうしたのだろう?
夜、そっと覗いて見ると、確かに一羽の燕が巣で眠っている様子、次の日も次の日も卵を温めているt様子がない。

育児放棄?Girlw1 産み落とされた卵はどうなるの?

2~3日経っても、一羽しかいないようだ。まさかshock

母さん燕が、事故にでも会ったのか?それとも?

気がかりで時々覗いていると、夜には父さん?燕が一羽だけ、巣に戻ってきては、眠っている姿が見えるだけ・・・・。weep

燕の生態は、よく分からないけれど、もしパートナーを亡くしたのだとしたら、又新しいパートナーを探して、抱卵するってことはないのかしら?

一人ぼっちの、なんだか淋しそうな燕さん。

これから、どうなってしまうのでしょう。

見守ってあげることしかできない。

P1020687
マグちゃんもガードマン役していたのにね。心配そう。

(イラスト・まったりほんぽ)

2009/05/22

~河原に咲いた草花揺れ~夏蝶ひらひら

ひらひらと吾を案内する如く夏蝶行けり草花の中

P1020628 ルナといつもの散歩道。

河原の遊歩道沿いには、いろんな草花が咲いている。
ルナはボールを追いかけて、草の茂みに分け入ってゆく。

白い蝶がひらひらわたしの目に前に、現れては、草の茂みの中に消える。そして又どこからかひらひらと姿を現す。

白い蝶は、夏に逝った父かもしれない?

などと思ってしまう。

P1020712

P1020710

16年前の夏、父は天国へと旅立った。夏の空の遥かな高みにあの柔和な笑顔を想う。

父は、白い蝶に姿を変えて、わたしと散歩しているのかもしれない。そうだと嬉しい。

P1020708

ルナは、元気いっぱい水遊び中。

P1020713P1020711

2009/05/21

~初夏のある日のクラス会~

駆け抜けた歳月語る友がいて初夏のひと日にあの頃の風

P1020575
先日、小学校のクラス会があった。
懐かしい先生お一人をお招きして、私たち「桃組」(懐かしい響き・・・)の生徒が数名集まった。市内の会場で会食をしながら、楽しく昔話に花を咲かせた。
そしてその後、ここ「偕行社かふぇ」downwardleftへと移動。

P1020576

P1020574

落ち着いた雰囲気のカフェで、楽しく会話。
長い人生の途中、これからも、それぞれの道がある。
元気な笑顔で、又会たいものだ。
あの頃の風が確かに感じられた一日だった。

カフェに隣接する「旧善通寺偕行社」downwardleftは、2001年6月に国の重要文化財となった建物。

P1020577

続きを読む "~初夏のある日のクラス会~" »

2009/05/20

~夏空に向かって~

蒼空の遥か彼方に手を伸ばし空の窓開け飛び出すこころ

P1020688 P1020585

空をぼんやり眺めていたら、遠くの電線に雛らしき、1羽の雀が止まっているのがみえた。
しばらく見ていたが、動く様子もなくじいっとしていた。
自由に大空に飛び立つ雀。
自由とは?鳥になってみないと鳥のこころは解らない。

P1020680

ルナの気持ちは解るよ。
P1020679

「お散歩、行きたいワン!」でしょ?
「昼間は暑いsunから、夕方だよ」

P1020678

「なんだ、じゃあ寝るワン!sleepy

P1020689
「今度は、ここに移動して、寝るワン!sleepy

とっても、自由、ルナサマdogでした。

2009/05/19

~雨の中ジャックがやってきた~(Ⅱ)

雨の中水に飛び入る恐るべしジャックパワーであしたは晴れる

P1020651
(ブラウニー君が疾走中!)

沙弥島から土器川公園に移動しました。
雨がかなり降ってきました。
そんなこと関係ないジャックたち。
早速、川に向かって・・・・水は冷たそうだよ。
P1020672P1020674 P1020676 P1020677

濡れついでに泳いじゃえ!
ブー君は泳ぎがうまいnotesルナも教えてもらわないとね。P1020671 P1020669

左、maio君「ボクも泳ぎたいなあ~」って顔。
右、背中の丸い二つのマークが印象的なケイトちゃん。

この後、うどん屋さんへ直行(三軒目ですscissors
それからルナ宅で小休止。

そして帰途にと着いたのです。
(この日の様子もブラウニーとうちゃんのブログに詳しく書かれています。)

楽しい一日の終わりです。

続きを読む "~雨の中ジャックがやってきた~(Ⅱ)" »

2009/05/18

~雨の中~ジャックがやってきた~

やって来た元気わんこは夏の使者曇天の下無心に駆ける

P1020657

日曜日、関西からジャック連れの「讃岐うどんツアー」御一行様がやってきました。
ブログ友のブラウニーとうちゃんの(ツアーの様子はこちらで詳しく書かれています)主催です。ルナも午後から合流しました。
皆さん、初対面、どんなワンちゃんたちがやってくるのでしょうか?ワクワク、ドキドキでしたdog
ワンちゃんたちは、それぞれに個性的、飼い主さんの愛情を、いっぱい受けて、かわいい元気いっぱいのワンコたちでした。heart01

P1020664

雨の中海辺や河原はちょっと寒かった。けれどさすがジャックたち、元気なこと、おおはしゃぎ?で泳いだり駆けまわったりでした。

ルナは?というとワンコと遊んだことない初体験の状況に大興奮?それともビビりまくり?なかなか一緒にうまく遊べません。coldsweats01

P1020666 P1020650 P1020668 P1020667

こんな所へ・・・・。

沙弥島で遊んで、うどんを食べて土器川 に移動したのでした。
ルナは、ジャックたちと、うまく遊べたでしょうか?

次回につづく・・・

2009/05/13

~ルナの一番好きな場所~

空の色川面に映し犬遊ぶやさしきものを吾は見ており

P1020591

ルナの大好きな場所。
でも、これは先月末の画像なのです。昨日行ってみたら水がありませんでした。
石ころがごろごろ顔出してました。この暑さ、すぐに帰ってきてしまいました。sun

河原散歩が大好きなルナは、いyつも真っ直ぐに川に直行。
水の中にボールを投げろと催促する。ボールを追いかけて川の中へと飛び込んでゆく。

P1020589

ルナはスイスイ~こんなに泳ぎ上手?

P1020592

ってことはないよね。浅い!
けれど水があったのです。この日は。
歩いてますが。happy01

P1020595

まとまった雨が降れば川も増水して、ルナも水遊びできるのにね。

雨よ降れ。

 

2009/05/11

~我が家の仲良し?~

はつ夏の光を浴びてなに想う犬には犬の世界があるの

P1020630

ルナ(ジャックラッセル・テリア)とマグ(ブリタニー・スパニエル)、こうやって寄り添っていると仲良しわんこに見える。でもどちらかを可愛がると「ワンワン!」怒る、怒るpout ジェラシーは人間並み?以上?
仲良し親子にも見えるなあ~
初夏の太陽の下で輝くいのち。
無防備なその姿を見ていると、愛しさと保護本能が私の中にあふれる。

P1020599

我が家の水槽に新しい仲間「ディクソン・ゴールデン」が一匹加わった。きれいな黄色のディスカス、その美しさに魅了されて夫が買ってきた。
これが、upwardrightの写真のように一匹だけ群れに入ろうとしない。反対方向向いたまま。
餌を与えても食べようともしない。coldsweats02
協調性のない奴pout

当分様子を見ることにした。

P1020625

そして、数日が過ぎ、なんとこの黄色い奴、他のディスカスをつついて追いかけまわすのだ。仲良くしているのではない。餌も一番に食べようとするし・・・。
困った存在だ。わたしは女王様とでも思っているのか?

P1020624

水槽の中をゆうゆうと泳ぐのがディスカスなのに。これでは、優雅なディスカス世界が維持できない。
隔離するのもかわいそう、もうしばらく様子を見よう。

早く仲良くなってね!「ディクソン・ゴールデン」pisces

2009/05/10

~フクロウがキター~

アオバズク青葉の頃に飛来する命あるもの未来を作る

P1020631

新聞にこんな記事がありました。

7日午後10時頃、高松西署の地域課の巡査らがパトロールに出ようとしたところ、同署正面入り口付近の路上に黒い物体を発見。近づいて見るとフクロウだった。
フクロウの一種「アオバズク」で(体長約28センチ)左の羽の骨が折れていた。県傷病鳥獣保護センターに保護された。
 県みどり保全課によると、アオバズクは、5月頃、東南アジアなどから繁殖のため飛来。青葉が芽吹くころに渡って来ることから和名が付いたという。県内でも森林で確認できるといい、「個体数は少なく県内でも毎年1、2羽が保護される程度。車か建物に衝突したのではないか」と言う。

そうかあ、アオバズクは、渡り鳥なのですね。
長い旅をして事故に遭って警察に救助を求めたのですね。きっと。
1日も早く回復して、可愛い子孫を残してくれるように祈りたいと思います。
 F1000287アオバズクの未来も、明るいとは言えないようです。
upwardright(友人宅の玄関先で睨みをきかせていたふくろう)

2009/05/09

~わんこと少年~

はつ夏の光を透過しオトナへの階段架ける少年とワンコ

P1020616

ルナの小さなお友達。
いつの間にか幼児から少年へと成長、時の流れは速い、速い。
ルナも、最近大人になってしまったのか、ずいぶんと大人しくなってしまった。
ガウガウしなくなったし、女の子らしく?なった?

P1020615

でも、やんちゃな方がルナらしいんだけど。

P1020618

池を眺めてなに想う(何も想ってないって)dog

続きを読む "~わんこと少年~" »

2009/05/07

~小さな菜園~

じゃがいもの花が開いてはつ夏の光やさしく地中に届け

P1020611

我が家の、庭の片隅の小さな菜園。
今、ジャガイモのかわいい花が咲いています。
地中ではころころの小さなジャガイモが、育っていることでしょう。
太陽の恵みを受けて緑の葉っぱを広げています。

ここには、ジャガイモ・トマト・水菜・ゴーヤ・キューり・茄子・ネギ等が育っています。
小さな小さな畑です。もちろん無農薬。

収穫が楽しみです。

P1020580ルナに掘り返されないように、柵を作っています。
ワンコは進入禁止!だよ。

ルナは、入れないのが不満?
P1020587

「ガシガシ」おやつかじって不満解消?

2009/05/05

~子供の日~

子供の日五月の宙に鯉のぼりひとつの未来広いぞ世界

P1020610_2  公園には、子供たちの歓声が響く。
広い世界に飛び出せ子供たち。
未来の希望は子供たち。

その純粋無垢なこころを持ったまま、大きくなあれ!
のびのびと育て、それぞれの道が、きっと開けてくれるはず。

未来を作るのは、子供たち。
P1020604
(影絵・藤城清冶)
五月の空と海は、青くて深くて広い。子供たちの歌声が空に響く。

P1020594

ルナも散歩を満喫中。

F1000317

今日は子供の日でした。

2009/05/03

~ワンコとの別れ~ある少年の夢

ふくろうの森へと急ぐ少年は大切なものこころにしまう

P1020609_2 

少年は、いつまでも泣いていました。
少年が生まれた時から、ワンコのタローは側にいました。いつもその温もりを感じて少年は育ちました。ほんとに仲のいい友達として。

時は流れ、歳老いて元気がなくなったタローは、ある日、冷たくなって動かなくなっていました。
少年がいくら、「タロータロー」呼んでも目を開けてはくれませんでした。ショックでした。

その夜、泣きながらいつの間にか眠ってしまった少年。
「ホーホー」不思議な鳴き声に目を開けると、そこにはかわいい天使が微笑んでいました。
「私と一緒にゆめフクロウの森へ行きましょう」ふわっと少年の体は空に舞い上がりました。

きれいな花が咲き乱れる森に降り立った少年は、びっくり!
そこには、元気な姿のタローが待っていたのです。温かいタローの体を抱きしめてうれしくなりました。「さあ~今夜はタローと思いっきり遊ぼうね」ゆめフクロウが言いました。

「いつでも、タローに会いたくなったら、ゆめフクロウの森にいらしゃい!ホーホー。君がタローのことを、忘れない限りいつでもこの森に連れて来てあげるからね」P1020551

新しい朝がきました。ゆっくりと目を覚ました少年は、もう泣いてはいませんでした。

少年の腕には、タローの温もりがいつまでも残っていました。
「ホーホー」というゆめフクロウの声が遠くで聞こえた気がした。

2009/05/02

~風薫る朝に~

薫る風五月の使者にすずらんの小さき白き花が挨拶

P1020606

我が家の庭も新緑に染まる。
風薫る、みどりが光る、朝の空気は清々しくて大きく伸びをするわたし。
庭の片隅に、今年もかわいいすずらんが寄り添うように小さな花を付けた。
わたしの「おはよう」の挨拶に、うなずいて挨拶を返してくれるよう。
その白さがちょっと眩しく感じる、寝不足気味のせい。

P1020607

P1020603

テーブルの上に、白いツツジを一枝活けてみた。
花を眺めながらの朝食は美味しい、皐月の朝。

P1020602

朝御飯のあと、お腹いっぱいになると、眠そうなルナ。
P1020601

さあ~今日もがんばっていこうgood

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ