フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/31

~ピンクのT シャツ~

外は雨ワンコ炬燵で丸くなる睦月の夜はゆるりと過ぎる 

P1020178

散歩に行きたくて、「早く行こうよワン!」

P1020175

「そんな目をして見つめても今日は雨、行けないよ!」

P1020176

「行きたい~ワン!ワン!」
なんて格好するの君は。
元気が余ってごろんごろん暴れまわっているルナでした。

ワンコの肌着って売ってるのですね。このワンコTシャツはいい、抜け毛対策にもなるし、薄くて伸びて着せやすく、着るのも嫌がらない。
散歩のときには、この上にジャンパーなど着せれば防寒対策にもなる。

ピンクとイエロー、二枚買ってきました。レッドが品切れだったのが残念!

P1020174

ピンクは似合うかな?

ふふ・・・似合ってるheart
親ばか全開でしたhappy01

2009/01/30

~小さな白い船が~

瀬戸の海白い小さな船が行く小さな島へ届けるは何

P1020169

車で15分ほど走れば、海が見える。
ルナを散歩させたこの日は、雲が広がってはいたが、比較的暖かい日だった。
海に着くとちょうど白い船が滑るように出港していくところだった。
ほんじま丸という船名が見えた。小さな島、本島まで運んでくれる船だ。
本島・香川県丸亀市・周囲16キロ・瀬戸大橋の西側にある島

P1020172

この海沿いの散歩道はかなり長くて、ルナは大喜び、ボールを追いかけ疾走する。
P1020168

ヒトデ?がひからびていくつか散歩道に散らばっていた。

P1020161
こんな所までどうやって上がってきたのかな?
もしかして、釣り人に釣られて、捨てられた?のかも。

P1020170
向こうに見えるのは川崎造船所。

P1020163

やがて夕闇が迫ってきた。

P1020159

神秘的な風景になる。いつまでも眺めていたい・・・。

P1020166

ボールを銜えたルナには、海は見えない。

コンクリート壁が高すぎる。

でも、ルナは「景色の興味ないワン!」だって!

2009/01/26

~冬空の不思議~

みず色が灰色になる冬の空やがて真白い雪が舞うなり

P1020149

象頭山(ぞうずざん)標高521mこんぴらさんの本宮はこの山の中腹にある。
ルナの散歩道、河原から眺めたらこんな形。

この日は、木枯らしの吹く寒い日、きれいな青空が見えていたかと思ったら・・・

P1020148
P1020151
灰色の雲が現れた。讃岐富士も寒そう~。

P1020152

雪が降ってきそうな空模様?灰色の雲が迫ってくる。

P1020156

野球少年は元気、ルナも元気、天候は関係ないみたい。

P1020155
P1020154

やはり吹雪いてきましたねえ。お気に入りのボールはしっかり銜えて離さないルナ。
ブルブル・・・・寒い~、早く帰ろう。
P1020157

車まで、ダッシュ!run

この直後、北風が強くなり、一時吹雪になった。
野球少年たちは?
まだ、プレーしていた。baseball

ルナもこんなに寒いのに帰りたがらない。
無理やり車に乗せたのでした。

ブルブル~snow

2009/01/23

~川原の住人、ワンコがいなくなった~

冬寒の川原に立ちて見渡せどどこにもいないホームレス犬

P1020099

この広大な川原には、のら犬が数匹住み着いていた。
集団で暮らしているらしく、川原の茂みに身をひそめるようにしているのを時折見かけたものだ。

P1020139

誰かが餌を運んでいたらしく、丸々と太って元気そうだった。
その中でも、人懐っこい犬は、散歩道にまで出てきてゆったりくつろいで(そんな風に私には見えた)いた。橋の下で、餌を待っていた小さな子犬もいたという。
人がこうして餌を与えるのが、いいのか悪いのか? 分からないけれど・・・。
とにかく、平和に暮らしていた・・・と思う。

P1020132

が、最近一匹も見かけなくなった。
アオサギが一羽、静かに佇んでいるだけ。

後で知ったのだが、保健所が野良犬を一掃するため、捕獲したそうだ。
どうなってしまったのだろう。
あのわんこ達は・・・・。

P1020100

この日の川原は、一段と冷え込んで寒い・・・・気がした。

pixydustさんのブログにこんな記事があります。・年間30万頭殺処分される犬、猫たちに関する署名のお願い・)

2009/01/22

~小鳥来て~

小鳥来て冬木は黒いシルエット夕ぐれ色に吾も染まれり

P1020135

夕ぐれ時の冬木は、簡浄なその姿で空に向かって立っている。
いっぱい身にまとっていた葉っぱをふるい落とした木は、その枝の形をはっきりと見せてくれる。
夕暮れてそのシルエットが個性的になる。

P1020136

小鳥がいっせいに飛んできた。
小鳥も木の一部のように黒いシルエットとなる。
枯木も、小鳥を止まらせてなんだかうれしそう。

P1020137

ルナがいるから、冬の散歩も楽しい。いろんな発見がある。

P1020138

ルナも風景の一部になった。
P1020140_2

自然の中が、一番似合うルナ。dog

2009/01/21

~ジャンプ! ジャンプ!~

冬の夜に無心に遊ぶワンコ居て見守る吾も笑顔になりぬ

P1020119 ルナのマイブーム、
サッカーボールを追いかけて「ワン!ワン!」いつまでも遊ぶ。

サッカーボールが大好きなのだ。soccer

ルナは、歯でガシガシ!サッカーボールが壊れそうなので取り上げると、なんとか奪還しようと奮闘する。

まずは、ボールの在処を必死で探す。eye

あら~見つけたようですね~soccer

P1020128狙いを定めてジャンプ!

なかなか届きません。

これを何回も繰り返す。
「ハア~!ハア~」しながら・・・

延々と・・・・

そして、すごいジャンプ!

ボールに鼻先がタッチ!

やったね!

P1020129
でも、ボールは取れない~

又、又ジャンプ!ジャンプ!

運動能力抜群のジャックだ。外の散歩に行けなくても、こんなことやってる。
おかげで、筋肉質な体になってきたルナ。

P1020130

さすがのジャックも、お疲れ~
「ハア、ハア、暑い~ワン!」

今日は、寒い寒い日なんだけどcoldsweats01

続きを読む "~ジャンプ! ジャンプ!~" »

2009/01/19

~冬の池には~

冬の陽を集めて光る池面には水鳥数羽寄り添い浮かぶ

P1020117

叔父さんの家の横には,、小さな公園と池がある。
池の周りを一周する道が、きれいに整備されている。
犬連れの人が、数人散歩を楽しんでいた。

ルナと散歩途中に、可愛い子犬に出会った。小学生くらいの女の子が散歩させていた。
ふわふわの毛が可愛くて、パチリ!写真撮らせてもらった。heart

P1020115

鴨が数羽、水面に浮かんでゆっくりと動く・・・。
水鳥は寒くはないの?
水面は、憩いの場所なのか?ゆっくりと羽を休めて眠る場所なのかsleepy

P1020116

水鳥の世界は静か、平和な空間だ。

散歩途中、ルナの様子がおかしい…と思ったら急に食べたものを戻してしまった。変ったものを食べさせた覚えはないんだけれど。

P1020114

夜、様子をみていたが、食欲はあるし大丈夫そう・・・・

が、いつもの元気がない気がする。P1020072

ルナ、大丈夫?

2009/01/18

~本日は晴天なり~

冬日和蒼い空ゆく雲のようふわふわ歩む吾とわんこと

P1020106

土曜日の午後の公園、昨日までの寒さがうそのように、今日は晴天、見飽きない空、やわらかい冬の陽射しがうれしい。
久し振りに生物公園まで、ルナを散歩に連れ出した。
公園は変わらず平和な風景、ウオーキングを楽しむ人の姿がある。

P1020103

野球少年が元気にプレーしていた。ルナは一緒にボール遊びがしたい様子。

P1020105

ダメダメ!一緒に駆けだしてボールを取ろうとするんだから。

P1020109 P1020110

ここには、カワセミが住んでいる。
今日は偶然飛ぶところを目撃、、けれど一瞬のこと、残念ながら撮影は出来ませんでした。冬日に映えて美しいブルーが印象的だった。
何回か来ているのに、初めてカワセミの姿を見たのです。
ちょっと興奮!scissors

P1020108

この池には、いろんな生き物が住んでいるらしい。ちょっと神秘的な感じがする。
冬なのにルナ水に入りそうな様子、あわてて阻止。「ダメ!風邪ひくよ」

P1020112

冬日和の公園で、思いっきり遊んだルナでした。

2009/01/15

~宇宙へ~

幾億の命の連鎖永遠に宇宙に飛び立つ言の葉の旅

P1020092

最近買った本の一冊から。

「宇宙連詩」・宇宙航空研究開発機構 監修

宇宙創世から約137億年
地球誕生から約46億光年
生命の誕生より約40億年目

紡いだ「今日」を私たちは生きているのです。
「宇宙連詩」とは、宇宙を舞台に詩人や宇宙飛行士、一般の方々など、多くの人たちが交互に詩を紡いで連詩を作る、宇宙航空研究開発機構ーJAXAーのプロジェクトです。完成した全24詩からなる宇宙連詩は、DVDに記録され国際宇宙ステーション「きぼう」に打ち上げ、保管されます。本書は、その宇宙連詩とプロジェクトを中心に、さまざまな角度から宇宙連詩が持つ世界観に迫ったものです。

P1020094

連詩は人と人との繋がりの中から生まれる言葉、今を生きている人たちの想いが、何気ない日常が、言葉になって、わたしのこころに届く。

P1020095_2

連詩は、世代を超え国境を超え、紡がれた言葉なのです。

こんなのがあります。一部抜粋です。

太平洋を回遊するカツオの群れも
砂を蹴って駆け去るキリンの足も
生きることは 動くこと 鼓動すること。
モンゴルの包(パオ)のフエルトが 今誕生した 赤んぼの
元気のいい泣き声に 鼓動している
  (大岡 信・詩人)

広くはてしない空間に
ぐうぜんたんじょうした
ぼくはどうしてここにいるの
  (あさの しゅん・小学生8歳)

そりゃ わかってるサ!
運命の神様のお気に入りだから
神はいつでも傍にいて 知らぬ顔サ
さあ、 飛んでごらん! 好きなところに
でも心はドキドキ 星がピカピカって気分
  (白井 かずこ・詩人)

いちにのさんっ 未知なる世界へ飛び出そう
陸から空へ 夜から朝へ 闇から光への ロングジャーニー
きっとどこかで僕を待つ まだ見ぬ君に会いに行く
  (たんつう・研究者29歳)

こんな風に紡がれた言葉は、続いていくのです。
浅野俊君、当時小学二年生(八歳)の作品は第一期宇宙詩の最初の公募詩で、大岡信氏に選ばれたものです。読売新聞の「顔」でも紹介されたそうです。

(宇宙連詩のウェブサイトはここです。)

一人一人の小さな想いは、きぼうの光となって宇宙空間から、私たちを照らし続けてくれるのだと、そんなふうに思いました。

寒い冬の夜に・・・・。

P1010989

あたたかい一冊です。

2009/01/14

~冬の風景~ルナと歩けば・・・

すっきりと余分なものを削ぎ落とし枯れ木は冬の光をまとう

P1020089

突然に水面ざわめききらめいて満濃池には龍王伝説

P1020086

先日、久しぶりにルナを連れて散歩した森林公園。
隣接する満濃池は、たっぷりの水を湛えて冷たくきらめく。その水底深くには、伝説の龍が住んでいるのかも。

寒い日だったが、柔らかい冬の陽差しがやさしくて、かけ出したくなる。
顔を撫でる風は冬のもの、頬が冷たい耳が痛い。ニット帽を被って手袋をしてルナと歩けば体がぽかぽかと暖かくなってくる。
いつも、後ろをついてきたルナもリードを外してもらって、走る走る時々振り返って「早く~」と催促する。ルナにはもう、ついていけないよ。

P1020085

野生(猟犬)の本能に目覚めてルナはいきいきとしている。

P1020091 P1020084

あんなに遠くまで探検「クンクン・・・・」

P1020088

ワンコは風の子、こうでなくては。good

2009/01/12

~ぜんざいの味は~

和暦の日々の暮らしのその中で四季を感じるひと時嬉し

昨日1月11日は鏡開き。
P1020078 年神様にお供えした鏡餅を下ろす日、我が家もぜんざいにしていただいた。
その甘さ控えめの優しい味を堪能しながら、この一年の幸せを願う。

この不況の嵐の中、早く平穏な日々が訪れることを願う。

健康で過ごせますように・・・・・

鏡餅を崩すことは、正月の終わりを意味する。

昨夜は雷の音が、響き、北風が強く風の音がゴーゴー、何度か目が覚めた。

今朝も外は、北風ぴゅーぴゅー
今日も、寒さに負けずにがんばろうpunch

P1020061

お座りをして、「ルナにもちょうだい」って顔、「ぜんざいはダメ!」

P1020057

お願いポーズ、でもダメrock

2009/01/11

~赤い服を着たルナ~

赤い色それは火の色火の神が赤と名づけた生命の色

P1020069

ルナには、赤が一番似合う色だと思う。

人類学には、色についての有名な調査がある。
世界のどんな文化、種族においても、まず白、黒、赤の色名が順次出現する共通性があるという。白と黒は、光と闇の象徴、そして次に現れるのが火の色であり、血の色でもある赤だ。
人間が物の色として最初に名づけたのが赤だった。私たちの祖先は、赤から色彩の旅を始めたのだ。  (色はことのは)

P1020067

赤は、私たちの視覚中枢を刺激する。そして交感神経を揺さぶる。
赤は、元気になれる色、命の色。

RED SOXの服を着せてもらってご機嫌?元気になったルナ。
(一応、女の子なんだけど)
P1020075
こんな恰好や

P1020077
こんな恰好をして、暴れまわった?あと。

P1020058_3

「お腹すいたワン!ごはんちょうだい」

確かに生命力にあふれているcoldsweats01

2009/01/08

~裏参道を行く~

凛々と冷たい空気のその中で神馬一頭音なく駆ける

P1020032

裏参道を歩いていると、目の前に白馬が一頭現れた。

P1020033

なんと、金毘羅さんの神馬(しんめ)ではありませんか。
こうやって時間を決めて運動させているのだ。美しい姿をしていました。
神馬がこうやって走っているところは初めて見た。ラッキーgood

P1020037_2

公園に小さな池があり、白い鯉が泳いでいた。
しばらく眺めていると・・・・。

P1020038

おお~ 体長100㎝ もあろうかと思う草魚が現れました。
*(草魚(ソウギョ)中国原産の淡水魚・体長2mにもなる。日本では1mくらい)
わたしは、初めて見たのでびっくり!

P1020036

ルナは無視していましたねえ。興味なし?

P1020044

本宮から見た下界。
凛とした空気が満ちた曇り空の下、小さく家々が霞んで見えた。

P1020039

見上げれば、フクロウが住んでいそうな大木が天に向かって伸びていた。じいっと見ているとフクロウが樹の間から覗いていそうな気がする。「HO-HO-」

こんぴら山の裏参道、凛とした空気、わたしは背筋をぴんと伸ばした。

今年も前を向いて進むしかない。時の流れの中で生かされている限り・・・。

2009/01/07

~こんぴらさんへ~

新年の幸せ願う鬱金色恙なき日々あふれる力

P1020050

幸福の鬱金色(うこんいろ)のお守り、鬱金の黄色は、平安の時代から、染料としてもてはやされ、魔除け、災いよけとして産着や焼き物を包む布に使われてきたとか。
黄色は、豊穣の色、エネルギーあふれる力強い色。
今年も健康と幸せを願う。

P1020042

今年は、ルナを連れての初詣だった。
混雑を避け三が日を避けて裏参道をゆっくりと上って行った。
P1020048
時々、すれ違う人に「かわいいね~いい服着てるね~」なんて声をかけてもらいながら、ひたすら歩くルナ。

P1020049
狛犬が出迎えてくれた。
ここから表参道に合流だ。ここからは、人が多くなるためルナにリードをつける。
表参道からだと、本宮までは785段、奥社まで行くと1368段の階段を上ることになる。
かなり、きつい。
私たちは、本宮で参拝し、お守りを買い求め帰途に。

P1020046

巨大絵馬には、人々の願いがぎっしりと書き込まれていた。
わたしも、健康と平穏を願って隅の空白に書き込ませていただいた。

P1020041

今年はお正月の混雑を避けたため、ゆっくりと参拝することが出来た。

この年の平安をひたすら願って・・・・・。

裏参道の様子は次回。

~七草節句~

七草の優しい味は母の味願いはひとつ健やかな生

お正月、食べて飲んでだらだらと過ごした時間。それも貴重な時間楽しい時間だった。

愛犬ルナも、体調を崩してしまった。初めてのお正月、「ルナ少しだけよ」が重なっていろんなものを食べさせ過ぎたのかもしれない。来客ありでルナなりに気を使った?日々だったのかもしれない。人見知りするわんこ、家族以外にはなかなか慣れてくれない。
それなりに繊細な?神経の持ち主なのかも。(そうは見えないけれど)

P1020030

だが、今日はこんなに元気、悪戯わんこに戻った。
P1020031
「スリッパ噛むな!」「ガウ・・ガゥ・・・」
こうやって噛んで噛んで、その後ぶんぶん振りまわしていました。
「ふう・・・」

今日は、七草節句、我が家も夕食に七草粥をいただいた。
野草の強い生命力にあやかろう。この一年の無病息災を願った古人を見習って。
確かにお正月で疲れた胃腸に優しい食べ物ではある。

P1020029
(和ごよみと四季の暮らしより)

七草、覚えていますか?
五・七・五・七・七 短歌調で覚えましょう。

 せり、なずな
 ごぎょう、はこべら
 ほとけのざ
 すずな、すずしろ
 これぞななくさ

ほら、もう覚えたでしょうnote

2009/01/05

~年の初めの~

新しき年の初めの願いありきらめく海のその上の空

P1010990

新しい年の日常が始まった。
「今年こそ・・・・」人は、様々な思いを胸に歩きだすのでしょう。
2009年どんな年になるのか、どんな年にするのか?
希望のもてる年であればいい。
今年は丑年、あせらずにゆっくりと自分の道を歩めばいい。

P1020025

我が家のルナは、お正月に下痢と嘔吐、一日半何も口にしなかった。
元気いっぱいのルナだったのに・・・。
動物病院でお薬をもらって、フードも買った。体重を計ると4.4キロに減少していた。
「冬場は、少し太った方がいい」と先生に言われた。
かなり心配したが、今日は元どうり食欲も出てボール遊びをするようになった。

P1020023_2 downwardleftわたしの部屋のカレンダーは、今年も大好きな
藤城清治影絵集

一月、二月の絵は 「夢生まれる」

2009年新しい年のゆめ

どんな夢が生まれるのでしょう?

今日は「小寒」
一月六日から二月三日までは、「寒中」

身も心も引き締めて行きましょうか。

2009/01/01

~明けましておめでとうございます~

P1020022

瀬戸の海天空の青新しき年の初めの平安願う

P1020014_2

この年の平安願う人々の思いよ。天空に届け!
瀬戸の海は、変わらずに穏やか、きれいな青だ。

P1020019

年の初めに、きれいな景色をお届けです。

今年も、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

ルナもよろしくですdog

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ