フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008/12/31

~ありがとう~

ありがとう2008年記された最後のページを日記を閉じる

F1000155

今年もこんな拙いブログに遊びに来ていただき感謝!です。
楽しい暖かいコメントを下さった皆様heart
ありがとうございました。

P1020002

今年我が家の一員になった、ルナもこんなに逞しく成長しました。

P1010988

こんなルナですが、来年もよろしくお願いいたします。dog

F1000165

讃岐の小さな町の片隅から、皆様のご多幸をお祈りしています。

どうぞ、よいお年をお迎えください。taurus
そして来る年の平穏を!bell

2008/12/30

~年の瀬に~想うこと

年の瀬の池面はしんと静もれり変わりゆく世の変わらぬ願い

P1010978

静かに水を湛えて満濃池は、冷たい池面に風のいたづら、さざ波がたつ。
今年を想い、来る年想う。
変わりゆく世に、変わらぬ平穏を願う。

F1000160

公園の小さな池には、亀が動かずに日向ぼっこしていた。
亀の世界には、時の流れは関係ないのかも。

P1010971

縁あって今年、我が家の住人になったルナ。

P1010973

どんどんと、成長して行くルナ。

ゆっくりと歳をとってほしい。

私たちを追い越さないように・・・。

2008/12/28

~落ち葉の散歩道~

落ち葉ロードさくさく歩むこの年の幸せひとつ愛犬が行く

P1010984

先日の強風で、枯れ葉がこんなにいっぱい散った。
遊歩道は、枯れ葉ロードになっていた。
ルナは、枯れ葉に埋もれそう。
落ち葉踏み踏みルナと歩けば、落ち葉がカサカサ音をたてる。

P1010975
最初にここへ連れてきた時は、私たちの足元を離れずに一生懸命についてきた。
そして今、一歳になったルナは、私たちの前を走るようになった。
時々後ろを振り返って「早くいこうよワン!」と私たちを誘導するよう、道も完全に覚えてしまった。

P1010979

ルナのおかげで、一日一万歩は歩くようになった。
元気をくれたルナありがとう。

P1010983

冬木の向こうには、青空、白い雲。

ささやかなしあわせでいい。

2008/12/26

~この年の~

枯れすすき河原に佇ちてこの年の残日想う北風の中

P1010924

今年も、後わずか、カレンダーの日付が残り少なくなってゆく。
たまった雑事を片づけながら、整理しながら、この一年の出来事を振り返る。
あんなこと、こんなこと、時の流れの中で・・・・。
楽しかったことも、そうでなかったかったことも、思い出という大切な箱にしまっておこう。

新しい年を、新しい気持ちで迎えるために。

P1010964

(ルナのお気に入りの噛むときゅっきゅと音がするボール)

クリスマスプレゼントだ。

P1010966

すぐに飽きてしまう玩具に中で一番のお気に入り、いつまでも遊んでいる。

「ルナも大掃除手伝ってくれると助かるのになあ~」「・・・・・」

「いてくれるだけでいいよ。」

2008/12/24

~聖夜の贈り物~五つの奇蹟

街は今クリスマスカラー華やいで一人一人に特別なイブ

P1010968

「聖夜の贈り物」 百田尚樹著・太田出版

百田尚樹(ひゃくたなおき)
放送作家 処女作「永遠の0」に続く第二作目

先日、立ち寄った書店で題名に惹かれて買った一冊。

店内には、クリスマスプレゼントにふさわしく可愛らしい絵本が並んでいたので、パラパラとページをめくると、大人でも心がほっこり、温かくなる。

この本は、題名がクリスマスのふさわしい?イラストもステキだったので即購入。

P1010923その夜(イブではなかったが、風邪が治りきらない私は眠れなくて)この本を開いて読み始めた。
短編5編の物語、1編だけ読んで眠ろう・・・・

そう思って読み始めた本なのに、一気に読んでしまった。

5人の女性にイブの夜起きた奇跡のお話。愛の物語。不思議の世界。

内容は書かない。興味のある方は読んでみて。すぐ読めてしまうでしょう。
心が揺さぶられるかも。

確かにイブの贈り物だ。
ハッピーなファンタジーをどうぞ。

ルナも奇跡の贈り物P1010963だね。

2008/12/21

~県警察犬競技大会に・・・~きな子の挑戦

一頭の犬その存在が人々を笑顔にさせるその名はきな子

P1010958
警察犬の訓練?それとも試験?
先日、行った土器川河川敷運動公園で、こんな光景に出会った。大型犬が集合していた。シェパード、ラブラドールリトリバー等。
余り近くに寄ることは出来なかったが、写真は撮ることが出来た。

P1010957

その前日の新聞に、こんな記事が載っていた。
P1010962
警察犬訓練所で、訓練中のきな子が、県警察犬競技大会に5度目の挑戦をした。
例年、50匹余が出場して、この難関を突破するのは、2~3匹という。
きな子は、現在6歳今年5月に2度目の出産をしたという。風格や落ち着きも出てきた。
さあ、今年こそ・・・・そんな内容の記事だった。

やはり、警察犬の競技大会だったのだ。

きな子は、難関突破できたでしょうか?
P1010967

そして、翌日の新聞記事。結果は?
「きな子、残念だったね・・・・。」

でも、きな子は丸亀市の人気者、イベントの参加依頼が絶えないそうだ。
今では、月2回ほど幼稚園や小学校の防犯キャンペーンに出かける。防犯教育、特別隊員に任命され活躍している。
11月には、切手のモデルにもなった。

見習警察犬のきな子、優しくて賢いきな子、これからも、愛くるしい仕草で、人を和ませて、癒してくれることでしょう。

がんばれ!きな子!

2008/12/20

~タコ凧あがれ~

北風に背中押されて大凧は空の真ん中天まで上がれ

P1010955

河川敷で、こんなに立派な凧を揚げようとしてしている所に遭遇した。
男の人が6~7人(凧の愛好家かな)で、微調整しながら揚げる準備をしていた。

P1010956
何度か挑戦した結果、おお~揚がりました~

P1010953
高く高くあがれ~

P1010931
おや、ルナは凧には興味なしですか?何か見つけたの?
それは、ソフトボールではありませんか?
P1010932
ちょっと大き過ぎて、ルナには銜えられないねえ~
P1010931_2
どうにかして、銜えて持って帰りたいなあ~転がしてみようかな?

大凧より、ボールに興味深々のルナでした。

追記
今日20日でルナは、一歳になりました。
大人のルナをよろしくbirthday

2008/12/19

~ルナの瞳は、アーモンドアイ~

物言わぬワンコの瞳見つめれば何か言いたげアーモンドアイ

P1010929
お腹の調子も正常になってきたルナ。

「心配してくださった皆さんありがとう。ルナは元気だワン!」

アーモンドアイのルナ、そのうるんだ瞳?でお礼です。

P1010935
「早速、公園で走ってきたワン!」

「ちょっと寒かったけれど、お散歩、お散歩楽しいワン!」

「こんな所に、ライオンがいたワン!」
P1010943
「ワン!ワン!ガウ、ガウ!!う~ん動じないやつだワン!」
P1010930

夕日に優しく照らされて、元気を取り戻したルナでした。

2008/12/18

~瀬戸の海は~

瀬戸の海鏡のごとく蒼い空映せば深いこころの模様

P1010942
冬の海は、深い青、深くて静か、そして穏やか。
瀬戸大橋が霞んで見える。やはり美しい眺めだ。
手前に見える白いブイのようなものは、海苔の養殖だ。

P1010946
じいっと眺めていると、その青は深くて神秘の青になる。
異空間が広がる。
吸い込まれそうな感覚を覚える瞬間がある。

P1010950

お腹の具合の良くないルナのため、短時間の散歩。
海沿いの道を歩いた。

わたしも、冬の海が見たくなったから・・・。

P1010949
元気なルナは、もっともっと走り廻りたい様子。

P1010948

釣りをしているオジサンに遭遇。
さよりを釣っているのだとか。釣れるといいね。

P1010947

瀬戸の海は、世間の喧噪とは無縁の世界。

何事もなかったように穏やかだ。

いつだって・・・・・。

2008/12/17

~庭の紅葉は紅いのに・・・~ルナはブルー

冬の陽に紅く輝くもみじ葉は幼き子らの手のひらのよう

P1010921 庭のもみじが紅くなった。
こんなに奇麗に紅葉したのは初めてだと思う。

やわらかな冬の陽ざしに映えて、きれいだなあ。
小さな葉は、幼子の手のひらのようでもある。

よく赤子の手を見て「モミジのよう~かわいい~」なんて言いますね。

風に揺れる様は、嬉しそうに手を振っているよう。

P1010922 寒い冬の朝、目に飛び込んでくる紅い紅葉は、今日一日の元気をくれる。

この紅葉は、亡き父が植えたものだ。
今では、こんなに美しく装って、毎日私を和ませてくれる。

P1010891
昨日から、お腹の調子がよくないルナ。
下痢が続いている。夜起きないルナが、何度もトイレ(ルナは外でないとうんPもオシッコもしないのです)に走る。寒いのに庭に飛び出して行くのです。

水に浸かったりして冷えたのかもしれない。
散歩も、短くして、食事もフードをふやかしたものだけ少し与えて様子を見ることにした。

本犬は、至って元気なのだけれど。
いつもと変わりなく暴れん坊だ。

P1010889
「お腹すいた~ワン!」「公園行きたいワン!」「ボール遊びしたいワン!」

なんか、不満顔?  変な顔coldsweats01

2008/12/16

~冬木は~

冬木立余分なものを削ぎ落とし凛々として空に傾く

P1010917
P1010901 葉っぱが落ちてしまったエノキに遊ぶ少年は、赤いほっぺの元気な子。

その昔、子供たちはこうやって木登りをして、冬の公園を駆け廻り、暗くなるまで遊んでいたのです。
今では、木登りをしている子なんて見かけなくなってしまった。子供たちの歓声が聞こえない。

エノキは淋しいなあ~と思っているのでしょうか・・・。

エノキは冬の装いに変わったが、変わらずに凛として、強さを内に逞しく、冬の景色を楽しむように静かに立っている。

公園の冬木は、次々と余分なものを落とし大空に伸びをする。強さを内に秘めて。



人もこうありたいものだ。余分なものを削ぎ落として春を待ちたい。

P1010915_2
ルナは、お友達が出来て大喜び。
P1010916
しばらく元気にボールを追いかけて走り回っていた。
が、転がっていったボールが川に落ちてしまった。止める間もなくルナは、ボールを追って川に飛び込んでしまった。びっくりする私たち、何事もなかったようにボールを銜えて戻ってきたルナ。
濡れた服を脱がせると、又元気に走り回ったのでした。

冬木の強さをもらったルナでした。

P1010918

茜色になった空には、うっすらと虹がかかっていた。

明日もいい日になあれ~。

2008/12/12

~沈む太陽のぼる月~

夕暮れは沈む太陽のぼる月神秘の色が世界を包む

P1010897
買い物帰りに元気者のルナにせかされて、河原沿いの道を散歩した。
沈みゆく夕日がきれいで眩しい。
P1010900
今日も温かい一日だった。この茜空のように。
P1010903
鳥さんも、茜色の空を羽ばたいてねぐらに帰って行くのでしょう。
P1010906
大型犬、日本犬かな。豪快に走っていましたね。ルナは大型犬を見ると知らんぷりする。
「恐いんでしょう」
「そんなことないワン!」って強がり言ってますねえ。
P1010898
P1010895
思いっきり走りまわって、さあ帰ろう。
P1010909
東の空には、大きなまあるい月がオレンジ色で暖かい光を放つ。
月を遠景にして、小さな鳥(ヒヨドリ?)が群れになって飛んで行く。
P1010911

P1010913_2  オレンジ色の月は、温かい色、わたしの心も体もぽかぽか。

水面に映る月も、オレンジ色でさざ波にきらきら揺れていた。

「オレンジの月のボールを追いかける」 ルナ作?


ルナも今日は、オレンジ色の服だ。

元気色でもある。dog

2008/12/11

~白い月~

幾億の人をやさしく浄化する冬の夕暮れ白い月出る

F1000142_2

P1010883 暖かい日差しがうれしい一日となった。
予約してあった美容室へ行く。

入口ドアは、クリスマス仕様になっていて、なんだか心がうきうきする。お花の鉢植えがわたしを迎えてくれた。
気になっていた髪をきれいにしてもらって、気分まですっきりとした。

やはり12月、店内は来客が多くて忙しくしていた。押し迫ると待ち時間が長くなるのが嫌で、早めにと思ったのだが、そうかあ~皆そう思っていたんだ。

  そう、今年も残すところ20日余となってしまった。
今年中にしておくべきことは・・・
メモ書きしてみた。

あれもこれも・・・・。

「ルナは、散髪しなくていいからいいね~」 dog

P1010885
「きれいな月だワン!」

夕方の散歩途中、紫がかった微妙な色合の空には、白い月がぽっかり。
白い月は、この地球(ほし)に住む幾億の人をやさしく見守っている。P1010884

「もちろん、幾億分の一の存在であるルナのこともだよ」

世界中が月の光で浄化されたらいいのに。moon1

2008/12/10

~冬の鳥~

小鳥きて冬木に止まる夕まぐれ影絵の如き黒きシルエット

P1010881
P1010880
冬木に一羽小鳥が舞い降りて葉っぱを揺らした。
しばらく眺めていたら、いました~木の葉の間に小鳥が・・・・。
やがて、黒いシルエットとなった。しばらく動かないその姿を見ていた。

夕暮れ時は、しみじみと、物思うとき・・・
ひと日の終わりはゆゑなく寂し。

P1010809
「何してるの?早くボール遊びしようよ」

元気印のルナに促されて、走りだす。

「おセンチになってる場合ではないワン!」
「ハイ!そうだね!」
P1010804

何気ない景色、何気ない日常、何気ない幸せな時間が過ぎる。

2008/12/09

~冬の色~

凛として冬の装い自然界吾もワンコも自然の一部

P1010867
生物公園も冬の装い、空気はひんやりとして、体がしゃきっとする。
静かな空間、散歩コース、早足で歩けば寒さはあまり感じない。

駆けまわるわんこと歩けば、わたしも元気になれそうな気がしてどんどん歩く。
野鳥の歌をBGMにして、風に舞う枯れ葉のダンス、自然は誰にもやさしい。

P1010868
「もう、水は冷たそうだワン!泳ぎたいな~泳げないかなあ」

水底は深い色、何かが棲んでいそうな池・・・・
そんな感じがする。もう、ルナも水には入らない。
P1010869
散る落ち葉に興味をもったルナ。
P1010871
「枯れ葉よ~noteなんか寂しいワン!」その顔には哀愁が漂っておりました。
ちょっと感傷的になったルナでした。??weep

P1010879
立ち直りの早いルナ。
ボールを追いかけてジャンプ!!ダッシュ!

P1010878

どこまでも枯れ葉色が続く道。

冬の厳しさと優しさ・・・

ありがとう。

2008/12/08

~シャコサボテンの咲くころ~

冬の朝シャコサボテン花開き今日の元気が朝日に透ける

P1010858

シャコサボテン(蝦蛄葉サボテン)の花が、きれいに咲いてくれた。昨年よりも花つきがよくてきれいだ。
冷え込む朝に元気よく咲いた。
可愛い花びらが朝日に透けて無垢な少女のよう愛らしい。

別名・クリスマスカクタス(クリスマス頃に咲くサボテンという意味)と呼ばれる。
クリスマスには、この花とともに特別の思い出がある人もいるだろう。
わたしが、クリスマスカクタスという名前を知ったのは、大人になってからだけれど。

この時季、よく見かける花ですね。

この鉢植えは、何年か前に昔御世話になった方から分けていただいた小さな一鉢。
それから、大事に丹精込めて育てた。
今ではこんなに増えて立派になった。クリスマスカクタスの名前にふさわしく下へと向かう花は華やいでいる。

そして、毎年、こうやってわたしを楽しませてくれている。
P1010859

今年、90歳になられるその方は、今でも矍鑠としてお元気。
いつまでもこの花のように元気でと・・・・

この花が咲くのを見ながら、いつも思うのです。

P1010847
P1010845
「ルナも蝦蛄葉サボテン好き?」

「うん、いい匂いだワン!」

「でも食べられないワン!」

やはり、ルナは興味なさそうねcoldsweats01

2008/12/07

~きれいに咲いた~山茶花

現し世に生きて惑いて歩きだす我に微笑む山茶花の紅

P1010860_4
我が家の庭の山茶花が、咲き始めた。
蕾をいっぱいつけて、次々と出番を待つ。
山茶花は、花期が長いので二月初めまで楽しませてくれる。

P1010861_3
小春日を浴びて輝く花は、冬の元気を秘めた紅。
その紅は美しくて力強い。

人間界に何があろうとなかろうと、きれいに咲いてきれいな姿のままに散る。
自然界には、いつだって変わることのない営みがある。
人間界は?

どうなっていくのだろう。

P1010863_3
「ルナは、日向ぼっこですか?」
「山茶花きれいでしょう」「・・・・・」
「おやつ美味しかったワン!」
おやおや、舌舐めずりなんかしちゃって。
P1010864_2
「お腹いっぱいになったら、眠くなったきたワン!」sleepy

何があろうとなかろうとsleepy 変わることのないワンコの日々。
陽だまりの日々。

ルナは幸せだなあ~

2008/12/05

~今年の終わりに~年賀状書く

暮早しお世話になったあの方のお顔を想い賀状は笑顔

P1010853_2今年の カレンダーが、今年も残すところ○○日だよ。
と毎日わたしに告げている。

大掃除もしなくては。そしてあれも・・これも・・

そうか、もう年賀状の作成時期なのだ。
いつも、押し迫った頃でないと書けないわたし。
今年は、頑張って早めに出そうと思う(って早くない?)

昨年の住所録を整理した。今年も、喪中欠礼のお葉書もいただいた人がいる・・・。
今年逝った人に想いを馳せながら、まず、宛名を印刷した。

さてと、友人、親類、御世話になった方々、etc.

それぞれに敬意を表して、ハガキのデザインを工夫する。
楽しい作業ではある。
P1010856
そんなわたしを白フクロウとジャックのぬいぐるみ「DAIGO」が見守っていてくれた。
(DAIGOと名づけたぬいぐるみはルナの弟分)

P1010844
こうやっていつもDAIGOと遊んでいる?ルナ。

「ガウガウ~」

破壊しないうちに、早々に避難させたのでした。

2008/12/03

~何気ない日々の一瞬は~

ゆっくりと沈む夕日にありがとう夕闇せまる神秘の一瞬

F1000146
F1000147
太陽が沈んでゆく、明日のためにある今日という日が愛しい。
夕景の中、無心に遊ぶワンコの姿を見ているわたし。
ささやかな幸せがうれしいね。
F1000148

幾度も目にする夕景だけれど、季節の巡りと共に変化する色、雲の形、空気、すべてが新しい。
一瞬のきらめき、輝き、切り取って記憶の底へ残しておこう。

忘れないように。

P1010829

こんな一瞬も。coldsweats01

2008/12/02

~冬空に~笑顔が

冬空ににっこりマークが輝いた三日月さまとふたつの星と

昨夜の南西の空、ご覧になりましたか?

ニコニコマークのような、三日月と金星、木星の共演、昨夜の夜空は、わたしの目を心を楽しませてくれました。自然の面白さ宇宙の神秘を感じた夜でした。

寒い夜がんばって散歩に出たわたし、得した気分になりました。
生憎、カメラを持ってなかったので、新聞に掲載された記事と写真を転載です。
P1010852
上が木星、その下が金星、輝いていました。
こんな、月、金星、木星の共演、「冬空スマイル」見たら誰だって笑顔になれますね。

P1010842
「今日の散歩はどう?」
「三日月色の服でよかったワン!」

似会ってるよ。

~初冬の風景~

街路樹は赤や黄色の衣着て師走の街はクリスマスカラー

F1000138 師走の街は、なんとなく慌ただしくて、華やいでいる。
店舗はどこもクリスマス仕様、クリスマスカラーに彩られている。
巨人サンタが軽やかに、踊っておりました。時々お休みしながら、同じ動作の繰り返し。
その姿が、何故か寂しいと感じるのは、わたしだけ?

買い物に行ったある大型スーパーで、大きいトトロに会った。
F1000145 なんとこの巨大なトトロは、松ぼっくり一万個で、出来ているという。私の背丈より大きかった。でも、ちょっと怖い顔してますね。
「もう、これ以上、森林を破壊するな!」と怒っていました。

F1000144
なんかすごい人だかりが出来ていたので、覗いてみると、「鼠先輩」が歌っていました。
この日は、「鼠先輩のトーク&コンサート」のある日だったのです。知らなかった。
人が多いのは苦手ちょっとだけ拝見させてもらって早々に退散した。

P1010851_2
P1010850
その間、車の中で大人しく待っていたルナでした。というか寝ておりました。sleepy

写真は、家に帰ってくつろいでいるルナ。

「さあ~散歩行こうか?」
「行こう~」

むっくり起き上がったのでした。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ