フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008/07/31

~想うこと~

夏空を見上げて想うこの星は宇宙に漂う難破船かも

Cimg5526

連日の猛暑、人のこころの危うさを想う。
理不尽な事件の多さに心が痛む。
「誰でもよかった」????

何の落ち度もない、一生懸命生きている人の命を一瞬にして奪ってしまう。
これほど、理不尽なことはない。やりきれない想いは消えない。

夕方の空は青くてきれい。一羽の鳥がスイッと横切った。
ねぐらを目指しているのだろうか?

Cimg5528

やがて、陽が沈む。
日没の空から射す陽の光は、まるで後光。
人のこころまで照らしてはくれないのだろうか?

Cimg5524

小さなルナも空を見上げていた。

七月が終わる。

2008/07/30

~ジグザグ模様~

愛犬の背中の模様くっきりと大人への道ジグザグロード

Cimg5536

ルナの背中の模様は、はっきり、くっきりジグザグ模様。
背中の毛が密集して、大人の毛並みになってきた。
よく見るときれいな模様を描いている。面白い。

この道は、ルナの成長と共に長く伸びていくのかな。

Cimg5535_2

新しい発見でした。

Cimg5537

今日も、暑い一日だった。
夜の散歩から、帰ったルナ、ハァハァしてます。

「暑い~毛皮のお洋服脱ぎたいワン!」

「無理!」

2008/07/29

~元気だワン!~

愛犬の初めての夏散歩道吾もワンコも夕焼けてをり

F1000008

生後七か月余りのルナには、初めての夏。暑い、暑い夏。
元気いっぱいのルナは、毎日の一時間の散歩が楽しみ。
「お散歩行く?」と声をかけるとすぐ反応する。外へ出て「早くいこうよ。わん!」
でも連日の猛暑日、大丈夫なのか?ワンコは地面に体が近い、人より暑さはこたえるだろうに。

ハァハァしながらも、歩く、歩く。
夕方のお散歩は、夜のお散歩になった。

Cimg5497

散歩帰り、疲れている?とんでもない!羊さんとプロレス?
しばらく暴れまわったあげく・・・・

Cimg5510

やっと静かになった。ふぅ~

汗だくでお疲れは、わたしでした。

2008/07/28

~蒼い世界~

天翔ける言葉は永遠にちりばめた宇宙の蒼なり賢治の世界

Cimg5512

宮沢賢治・花と言葉の詩画集5 画(押し花)若林佳子

蒸し暑くて、不快指数もうなぎのぼり、やかましい蝉の声が聞こえくる、そんな時、開いてみる一冊の本、詩画集がある。賢治の世界に心遊ばせるひと時。
若林佳子さんの押し花がこころを柔らかくしてくれる。

Cimg5513
Cimg5514

蒼白く不思議な世界へどうぞ。

「わたくしどもは」
わたくしどもは
ちゃぅど一年いっしょに暮しました
その女はやさしく蒼白く
その眼はいつでも何かわたくしのわからない夢を見てゐるようでした
いっしょになったその夏のある朝
わたくしは町はづれの橋で
村の娘が持って来た花があまり美しかったので
二十銭だけ買ってうちに帰りましたら
妻は空いてゐた金魚の壺にさして
店に並べて居りました
夕方帰って来ましたら
妻はわたしの顔を見てふしぎな笑ひやうをしました
見ると食卓にはいろいろな菓物や
白い洋皿などまで並べてありますので
どうしたのかとたづねましたら
あの花が今日ひるの間にちゃぅど二円に売れたといふのです

……その青い夜の風や星、
   すだれや魂を送る火や・・・・・・・

そしてその冬
妻は何の苦しみといふのでもなく
萎れるように崩れるように一日病んで没くなりました

不思議な感じ、幽玄の世界ですね。
賢治は生涯独身でした、37歳で逝くまで。
この詩に登場する青白く妖精のような女性は、賢治の永遠の憧れだったのでしょうか。

・・・・その青い夜の風や星、
    すだれや魂を送る火や・・・・・

賢治は今も銀河鉄道に乗り、宇宙を旅しているのでしょうか。

蒼い世界のやさしい女性と一緒に・・・・・。

2008/07/26

~暑いですねえ~

炎天に溶けてゆきそうなさるすべり白く輝き白き月あり

Cimg5501
Cimg5503

暑い、朝、抜けるような青空に向かって白いさるすべりがきらきらしていた。
見上げるとその向こうの空にうっすらと半分の白い月(写真では見えにくい)が儚げに浮かんでいた。暑いけれどきれいな空です。

しばし、眺めていると、わたしも空に溶けそうな気がした。

Cimg5509

この、暑さでさすがのルナもぐったり。
やかましく鳴く蝉の大合唱を聞きながらsleepyこんな日はお昼寝が一番だワン!sleepy

Cimg5506

ほんと、暑いですねえ~sun
それでは、私たちはティータイム、冷たい、冷たい、アイスカフェオレでも如何?

2008/07/25

~小さな金魚~

この夏も小さな命ひらひらと赤い金魚が涼しさくれる

Cimg5491

昨年、六月我が家の手水鉢の住人になった小さな金魚、冬の寒さに耐え、暑い夏を元気に乗り切り、今年は金魚にとって二年目の夏だ。大きさもほぼ二倍になった。
餌をあげると、喜んで口を大きく開けてパクリと食べる。
こんなに元気でいてくれるとは思ってなかった。
この暑さ、手水鉢の水も温水になってしまう。半分づつ冷たい水を補充する。金魚はうれしそう?にひらひら泳ぐ。

Cimg5492

涼しさをありがとう。

ちいさな命に、ありがとう。

Cimg5483

悪戯っ子のルナも、何故かこの金魚には、悪さをしない。

 

2008/07/24

~こんな所に紅い卵が・・・

いつの日か生態系が変わろうと河原の水はいつだって透明

F1000034_2

先日ルナを連れて行った河原。
水は透明で川底の石ころがくっきり見えた。小魚が泳いでいるのも見えた。

岸部の石になにやら紅い卵?、いっぱい石にくっついていた。何だろう?
鮮やかなピンク色をしている。不気味?

F1000036 F1000037

周りを観察すると、大きなタニシが、ごろごろ。そうタニシの卵なのだ。
こんな大きなタニシ、昔は存在しなかった。外国から入ってきたという。
わたしは、初めて目にしてびっくり!

ちょっと調べてみました。
「スクミリンゴガイ」という巻貝の一種。
俗称ジャンボタニシとして有名。殻高は80mm。赤い卵を産む外来種・南米原産。
1980年代台湾から、食用として持ち込まれたが、販路が拡大できずに放置された結果、野生化しどんどん増えている。
今では稲を荒らし、水中の生態系にも影響を及ぼす有害生物として、問題になっている。

確かに、この赤い卵がいっぱいの岸壁は、気持悪い。

その生命力の強さを感じると不気味でもある。

2008/07/23

~夏の元気~

炎天下夏を乗り切る強さあり食欲という欲を持つ身は

Cimg5486

夏野菜たっぷりのカレー。どう美味しそうでしょ。
又、また,夏野菜をたくさんいただいた。
暑い毎日、夏の元気は、食べることからだ。

Cimg5474

でもね、君の食欲と元気さには、とうてい及ばないけれど。

Cimg5475

この、暑さでも食欲は少しも落ちないルナでした。

なんて格好するの?

カレーは、ダメ。

2008/07/22

~夏燕~また生まれたよ

炎天下餌を運びて夏燕雛の鳴き声空に溶けゆく

Cimg5487

今夏、二回目、燕の雛が生まれた。
何羽いるのだろう?5~6羽?
新しく巣を作り、抱卵し、雛が誕生した。
まだ綿毛に包まれているような小さな顔をちょこんと巣から覗かせていた。なんだかまだ頼りなげ、小さな命。元気な鳴き声を早く聞きたいものだ。

Cimg5496

この暑さ、炎天下餌を運んでくる親燕さん、大変な作業だね。
なんだか、餌を運ぶ回数が少ない気がする。気のせい?

Cimg5495

Cimg5484

がんばれ!親燕さん!

「ルナも応援してるワン!」って、脅かしているだけじゃあないの?

2008/07/20

~涼しい~ワン!~

ギラギラの太陽の下キラキラの小さな命輝く季節

F1000020

青い空と白い雲、まぶしすぎる太陽、夏本番。sun

熱い、暑い、河原に「ちょっとだけよ」、とルナを連れていった。
白鷺が、涼しげな姿で数羽、佇んでいた。ルナに気付いて川下に移動(写真の奥の方に白い点のように見えるのが、白鷺です)白鷺さん脅かしてゴメン。
何もかも、キラキラして、生命力にあふれる。わたしにはまぶし過ぎるけれど。

F1000035

雨が降らないので、水位が低い。ルナは、ボールを追いかけて、低い所を、バシャバシャ走ってご機嫌。ボールを投げろと何度でも催促する。

F1000032

F1000031

でも、真中あたりは、深いです。ボールを銜えて、犬かき、犬かき、かなり上手になったルナ。早い、早い。
水と戯れ、生き生きと、いつまでもここで遊んでいたいルナでした。

F1000026

「もう、帰ろう。暑い!」「いやだワン!まだ泳ぐワン!」

F1000025

そして、無理やり連れて帰られたルナでした。
「ふ~疲れた~」

F1000038

帰ってきたら、ごろん、すぐに爆睡。sleepy

2008/07/19

~おもしろわんこ~

夏の日の元気なわんこそのしぐさ楽しくもありおかしくもあり

Cimg5482

わたしはパソコンタイム、相手にされないルナはすねています。
「また、パソコンかよ!ワン!」

Cimg5479

「ねえ~遊ぼうよワン!」盛んにここに居るよとアピール!

Cimg54781

わたしは無視してPCに夢中。
ルナは、わたしの座っている椅子を噛み噛みして怒っています。

Cimg5481

やがて

「もう、遊んでくれないのなら寝るワン!sleepy

ああ、静かになってよかった。よかった。

2008/07/18

~虹の橋~

雨上がり雲の間に間に虹の橋逝きしわんこが駆け廻る

F1000014

昨日の夕空。

雨上がりの夕方、雲に覆われてはいたが、虹色の美しい空が見えた。
雲の間には、きれいな虹の橋がかかっていた。微妙な空の色の変化を眺めながら、昨年逝った愛犬momoを想った。亡くなったワンコは虹の橋を渡るという。

F1000011

momoは今も、、あの虹の橋を渡って、元気な姿で駆け回っているのだろう。

F1000010
今は、元気ものの、ルナと空を眺めているわたし。

Cimg5470

いつか、皆で逢える日がくる。
あの、美しい空の彼方の、まだ見ぬ場所で。

夏の夕方、一瞬のファンタジー 。

2008/07/17

~エノキ~

夏の陽に負けずにエノキ蝶を呼ぶ小鳥休ませ子らを遊ばせ

Cimg5337

公園に大きなエノキが立っている。子どもたちの木登りに最適、昔は子供たちがたくさん集まってきてこの木に登っていたそうだ。今は見かけなくなってしまったが。
エノキも、寂しそう・・・・。
じいっと眺めていると、元気な子供たちの歓声が聞こえてきそうな気がした。

(エノキ ・ニレ科 ・ 四月頃、葉と同時期に葉の根本に小さな花が咲く。花の後に緑色の小さな実がなる。熟すと甘くなって食べられる。野鳥たちのよい食糧となる。葉を食草とする蝶も集まってくる。公園の樹として最適なのだ。)

ルナのお気に入りの場所なのに、最近連れて行ってないので不満。

Cimg5336
(写真は以前散歩に行った時のもの)

Cimg5330

公園の「ドッキー君」も寂しそう。

2008/07/16

~動くボールだ~ワン!ワン!

ころころと転がるボール追いかけて暑さ忘れる面白わんこ

Cimg5464

ルナの新しいオモチャ、電池内蔵、スイッチを入れると、ルナが触る度に、方向転換してころころと転がるボール。

Cimg5465 Cimg5467

最初は、「何だワン!」まずは、くんくんする。鼻先が触ったのでボールがころころ動き出した。ルナはびっくり「ワン!ワン!」盛んに吠えたてて追いかける。
そして、噛もうとすると、又ころころ転がっていく。捕まらないボール。

Cimg5471

「もう、疲れたワン!一休みするワン!」

2008/07/15

~夕景~

この夏も猛暑の予感 電線に一羽の鳥の黒き影見ゆ

F1000003
F1000002

夕方になっても涼しくならない。
ルナは、暑くても「散歩に行こうよ!」と催促する。

Cimg5472
夕方のというより夜のお散歩になってしまう。一時間ばかり歩くと汗びっしょりだ。
ルナもハア、ハアしながら歩いている。でも嬉しそうにクンクン、出会うワンちゃんに興味深々。

夕景は、きれいだ。青田を渡る風が少し涼しく感じた。電線に一羽の黒い鳥の影があった。はぐれたのかしら?「早く仲間の所へ帰りなよ。鳥さんそこは涼しいの?」「暑いから夕涼みしているんだよ」と答えてくれた?

Cimg5462

散歩帰りのルナ「ああ~疲れたワン!もう寝るワン!」

昨日の散歩の様子でした。

2008/07/14

~お昼寝~

ギラギラの太陽まぶしい昼下がり元気印のワンコも昼寝

Cimg5392

真夏日が続く。少し動くと汗びっしょりだ。
ルナも元気いっぱい遊んだあとは、長く伸びてお昼寝タイム。
クーラーはつけずに窓は全開、涼しい風が通る。ルナは一番涼しい場所を探して移動。
ピンクのウサギとナマケモノのぬいぐるみと一緒に、しばし眠りを・・・。sleepy

Cimg5391

なんだか。眠くなってきませんか?sleepy

Cimg5397

2008/07/12

~今朝のルナ~

愛犬が遊んで欲しくてするしぐさ朝のひと時ほっこりとして

Cimg5457

朝食後、新聞を広げるとすかさず、ルナが遊んでほしくて新聞の上にのってくる。
相手にしてくれないと、こうやって邪魔をするルナ。
まるで駄々っ子。

Cimg5458

「新聞読むんだから、どいて!」
「いやだワン!」
「ルナは新聞読まないでしょ」
「この上で寝るのが好きなんだワン!」

いつもの朝のひとコマでした。

2008/07/11

~なつかしい風景~

みどり濃き自然の匂い鳥の声なつかしい家こころの風景

Cimg5444
Cimg5448
道の向こうには、古い民家が一軒だけ残されている。
住む人はもういないが、ちゃんと管理され保存されているようだ。
懐かしい日本の原風景に出会う道。

Cimg5447

池の水は、増水して深い緑色に染まっていた。
水面は、夏の陽ざしにきらきらゆれて静かだ。
ルナは水を見ると泳ぎたいみたいだが、こんなに深くては無理だ。
諦めきれないルナでした。

Cimg5431
夜になると、猪が水浴び(泥浴び)するという場所、かなり大きな水たまりができている。
猪は、家族連れでここに現れ、水浴びをするのかしら。
想像すると、微笑ましい。

Cimg5432
ルナは、クンクンしていた。猪の匂いがするの?恐いよ。
猪は昼間は出てこないから大丈夫。

Cimg5456

ずいぶんと逞しくなったルナでした。

2008/07/10

~夏なのに~

山道を歩けば緑深くなり 毒きのこあり夏のファンタジー

Cimg5400
Cimg5401 Cimg5402

久しぶりに森林公園の山道を歩いてみた。
この日は薄曇りだったが、蒸し暑かった。
緑陰がうれしい。ルナは大喜びで山道をクンクン鼻を鳴らして探検。

Cimg5443

よくみると、梅雨の後、たっぷりと雨を含んだ山には、キノコ(毒キノコ?)が群生していた。まるで秋の風景。
珍しい色と形、なんだか異界にいるみたいな気がした。
小さな七人の小人や、妖精が現れそうな、そんな空間だった。

蒸し暑い夏の夜の夢?

Cimg5405 Cimg5407 Cimg5408_2 Cimg5409 Cimg5410 Cimg5411 Cimg5414 Cimg5415 Cimg5417 Cimg5418 Cimg5421 Cimg5427 Cimg5404 Cimg5434 Cimg5403

(クリックで大きくなります)


2008/07/09

~ひまわり~

梅雨明けの空の太陽追いかけるひまわり娘 夏は本番

F1000006

夕方の散歩途中に咲いていた向日葵、お日さまが沈みゆくこの時、花はいろんな方向を向いていた。まだ咲き始めたばかりのようだ。
昼間の陽ざしの中では、どの花も同じ方向を向く。お陽さまを追いかけて。

F1000008

F10000061

(画像・夜のひまわり)ちょっと遊んでみました。

夜の闇の中でも、元気なひまわりは明日の太陽を待ちわびているだろう。


Cimg5378
散歩帰りのルナ、暑さは苦手、お疲れ!

2008/07/06

~夏野菜~

梅雨明けて友の元気と夏野菜プラス笑顔の届いた日なり

Cimg5394

今朝、友人が夏野菜をいっぱい届けてくれた。こうやって季節の野菜を時々持ってきてくれる。これが無農薬、減農薬でとても美味しい。新鮮だから。
彼女の旦那様が丹精込めて 育てたものだという。

さあ、今日はお野菜いっぱいの、夕食だ。

Fさん(Fさんの旦那様)いつもありがとう!

Cimg5391

ルナもお礼言いましょうね。

「ルナはドッグフードの方が好きだワン!」

でしょうね。

2008/07/05

~ミミズクがいた~

いつからか森の賢人ミミズクは人間さまを眺めて眠る

Cimg5350

先日、立ち寄ったペットショップにいたふくろう、体長20㎝くらいのアフリカオオコノハズク(小型のみみずく)。
最初、気付かなかったけれど、店内の片隅、上の方で何か動く気配がした。
見ると大きくてまあるいオレンジ色の目がこちらを見ていた。
前回来たときには、居なかったのに、いつからここにいるのだろう。
小さくて、かわいい、羽毛がふわふわとして、まだ子供なのかな?
じいっと見つめていると、ふくろうは静かに目を閉じた。

人間に、豊かな緑の森を奪われて激減しているというふくろうたち。

深い森の中で、自由に暮らす夢でも見て眠れ。

みみずくや上手に眠る竿の先 一茶

2008/07/03

~夕景~空の色

夕景の空の神秘に魅せられて夏のひとひの散歩かな

暑い一日の終わり、ルナを散歩に連れて行く。
夕方七時を過ぎないと暑くて歩けない。この時間になると田圃を渡りくる風も少し涼しく感じる。夕陽が沈むこの一瞬の美しい空に会えるかもしれない。

F1000005 F1000003

F1000004

こんな空は、やはり誰かに見せたくて、見てもらいたくてケータイ
でパチリ!

うん、結構きれいに撮れたでしょう^^
こんな空に出会った日は、得した気分になる。

F1000002

道の端に咲く、のうぜんかずらの花がきれいだったので、これもおまけ、パチリ!
華やかな美しさが、元気をくれる花だ。

夕方の散歩の楽しみ方でした。

 

2008/07/02

~涼しさのおすそ分け~

七月の河原の水は透明で小さなわんこ浮かべて涼し

Cimg5365

蒸し暑い毎日です。ルナの雄姿?をお届け。
少しは、涼しさが伝わったでしょうか。

Cimg53661

Cimg5371

Cimg5373 Cimg5362

河原に連れてきてもらってご機嫌のルナは、小雨をものともせず?ボールを追いかけて水の中にバシャバシャ入っていく。
泳ぎは二回目だけど、うれしそうに犬かきを披露してくれた。
この日も、小さなルナの為に、浅瀬を見つけて水に誘導した。
さすがジャック・ラッセルTだ。泳ぎは大好き、嬉しそうに泳いだ。

Cimg5375

雨が落ちてきた。もう、帰ろうか?

もっともっと遊びたい、泳ぎたい、ルナでした。

2008/07/01

~ルナの指定席~

愛犬の指定席なりこの椅子を占領されて文月となる

Cimg5305

ルナはこの椅子がお気に入りのようだ。
お気に入りのボールを銜えてこの椅子に飛び乗って遊んでいる。お疲れ?になると、ここでお昼寝している。

そうか~そんなに気に入ったの?だったら仕方ないね。

君に明け渡すよ。
今日から、七月だから。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ