フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月

2005/02/27

フラワーフェスティバル

nigatu_016nigatu_015ファンタジー春の妖精華やかに一足先に舞い踊るなり   みい
気温は低かったけれど、陽射しは春、フラワーフェスティバルに行ってきた。会場はすごい人で溢れていた。きれいな花を眺めていると、飽きない、外はまだまだ寒いけれど、この空間だけは一足先に春だった。お花はどうしてこんなにきれいな色なんでしょう。いい匂いがするし、子供の質問?してみたくなる。上の写真は、小六と五歳の子供の作品、左のはハウルの動く城をイメージしたものとか、右のは女の子らしい夢のある作品、かわいいでしょう。
子供の世界は、ファンタジーでした。

2005/02/25

春を呼ぶ花

ume2nigatu_002その花は春をよぶいろ桃いろの花が届いてあたたかくなる  みい

花があるそれだけで幸せな気分になる。殺風景な部屋も華やかに、気分も明るくなる。
「かわいい!きれい!いつまでもきれいに咲いてね!」と毎日声をかけると長く咲いているとか、言ってたなあ。
人間もそうだといいのだけれど。日本男児、少しは褒め上手になりましょう。世の中明るくなるかも。

黛まどかさんの句「京都の恋」より

花ひとひらふたひら君を忘れない
花筵風が遊んでゆきにけり
天神の空まぶしくて梅ひらく

春一番も吹いたし、春はそこまできてるかしらね。

2005/02/22

Birthday

ke-ki2・22生まれたふしぎ時は過ぎいま在るふしぎ人生楽し  みい

人間一人では生きられない。一年一年いろんな出会いがある。助けられたり、助けたり、この一年人の温かさに触れたいい一年だった。又一年後も振り返ったときいい年だったと思えるように・・・・。

詩人 原田大助さんの詩
「遠いみちでもな 大丈夫や 一歩ずつや とちゅうに 花もさいてるし
とりもなくし わらびかて とれるやろ」

難しく生きる意味は?なんて考えない、自然に、おだやかに生きたい。

今日は、スキヤキパーティーだ!ケーキもあるし(ダイエットはどうなった?)プレゼントももらったし(有難う)


2005/02/21

お雛様の住むカフェ

hinamaturi_004雛の家コーヒーの香りただよい今はいつの世平和なるかな  みい

コーヒーの香りに誘われ、ふらり入った喫茶店、お店の真ん中に、いにしえのお雛様が、雅なお姿で鎮座していた。やさしいお顔を、見ながら飲むコーヒーは特別な味がした。

一歩外に出ると、北風強く粉雪が舞っていた。
最近、すぐ切れる子供、大人になりきれていないオトナが多くなった。心が寒い今、平成の時代、いにしえ人は、嘆いているだろう・・・・。

2005/02/19

雛人形

momo8幸せを願う心は古来より変わることなし雛の顔して  みい
雛人形の並ぶ店先、華やかで、心ときめいた少女時代が懐かしく思い出される。女性なら誰でも、人形遊びに興じたあの日、あの頃のこと、特別な想いがあるはずだ。
親が娘の幸せを願う、日本独特の心やさしい習慣、ひな祭り。年に一度だけ数日間、美しい姿を見せる、雛人形。江戸中期以降に盛んになり、幕末には、豪華さを競うようになった。

そして、今自分のための雛祭りを、現代の豆雛を、自分の机に飾って少女の頃を懐かしむ。

2005/02/18

雨水

uguisu雨水という言葉ある国美しく風がささやき季節移ろう  みい
二十四節季のひとつ雨水(うすい)、いにしえの誰が名づけたのか、趣のある日本語だ。自然、四季の移り変わりを表す。
寒かった冬の雪と氷が陽光に溶け出し、天に昇る、そして雨水となり、地上に下る。
自然が芽吹き、カラフルな美しい日本の風景、早く見たいな。
春が、だんだん近づいてくる。なんだかうれしいですね♪

2005/02/16

温暖化防止への最初の一歩

ho-tyan9fuku3京都議定書が今日の午後発効、1997年、京都市での気候変動枠組み条約第三回締約国会議(COP3)での採択から七年余。最大の温室効果ガス排出国の米が脱退(2001年)している。温暖化被害を食いとめるには、米国はもちろん発展途上国の参加がなければならない。そして日本も、増え続ける温室効果ガスの排出削減という目標達成のため対策をせまられる。

「人類の英知を試す神ありて冷たくひかる如月の月」みい

地球人一人一人の出来ることから、まず一歩、はじめよう!

2005/02/14

セント・バレンタインデー

tyoko天空からバレンタインが微笑んでチョコのあふれた街をみている  みい

聖人 バレンチヌス(バレンタイン)にちなんだ祭日で、英、米では、恋人達が、カードやプレゼントを贈りあう日。
日本では、どれだけの数のチョコレートが、買われたのでしょう。高級チョコ売り場に行列が出来ていたのには、びっくり!
今日は、チョコレートの日、1958年メリーチョコレートが伊勢t丹で、ギフトキャンペーンを開催したのが、きっかけでバレンタインデーが日本に広まった。そして日本チョコレート、ココア協会が、この日を「チョコレートの日」と定めた。
販促活動だったのだ。この三日間のセールでは、五枚しか売れなかったが、現在ではチョコの年間消費の約四分の一が、バレンタインセールの期間に売れるようになったとか、女性はすごいですね。ホワイトデーが大変だ、男性は!

2005/02/13

春よこい!

momoosyougatu2_001如月の風がゆきかう山野辺に陽射しは春の色してひかる        みい
暦の上では立春を過ぎたけれど、まだまだ寒い!二月は、雪消月、梅見月などとよばれる。
如月(きさらぎ)とは、寒さで更に衣を重ねて着る月であることからきた名であるという(日めくりカレンダーによる)
日本ならではの、美しい呼び名である。

春たつとニッポンチャチャチャの野の山にニッポンチャチャチャ鶯の鳴く  加藤 治郎
春よこい!楽しくなりますね。

2005/02/10

温暖化の波

miraitennsi2前回は氷河湖、決壊の危機、今回は水没する国、バングラデシュという記事が気になった。
世界最貧国のひとつといわれるこの国も、地球温暖化の影響での海面上昇、そのため川の水の塩分濃度が増し、飲料に使えなくなってきた。そして世界自然遺産に指定されているマングローブの森の一部が立ち枯れしている。そして見慣れない魚が、網にかかるようになった。地球環境の変化か。
サイクロン多発と、異常気象による河川の流量増大で、国家の存続を危ぶまれている。
環境森林省の前事務官サイエド・フサインは「私達の国が、25年後も生き残っているのは、難しいだろう。どうすればいいのかって?過激な環境保護団体でもつくって、世界を相手に叫びだしたいよ!」
同センター長ラーマンは「独立後30年で米の自給を達成したが、こうした努力のすべてが押し流されようとしている。自動車に乗ったこともない人々がなぜ苦しむのか。先進国が行動しないから、我々が命であがなう羽目になる」と。この国で、残された温室効果ガス規制策は「全国民が呼吸を止めること」しかない。が、「ニューヨーク市が自動車俳ガス規制で挙げることの効果に及ばない」。

日常が自然とともに消えてゆく未来への希望をつなぐ人のいること  みい

続きを読む "温暖化の波" »

2005/02/06

北の零年

fuku映画「北の零年」を観た。吉永小百合の魅力が、あふれた映画だ。さすが、小百合、恐るべし集客力。
淡路島から北海道へ半年かかって船で移動する時代、激動の時代の波に翻弄されながら、新天地を創るため、苦難の連続、過酷な自然との共存、やはりここでも女は、強かった。生きるため、子供を守るため、なんでもやる女、最後まで夢を諦めない女。信念をもって夢を諦めず最後までがんばれば、「必ず誰かが、助けてくれる」その言葉が印象に残った。

夜、原生林の奥から、ほ~ほ~ふくろうの鳴き声が響く、そんな場面があった。この地に、これから生きなければならない人達の運命を予感させるような場面ではあった。

はるかなり未開の土地に生きた人歴史の中にふくろうは見た  みい

2005/02/03

鬼は外福は内

oniふゆぞらの雲の形がおにに似て「鬼は外」なり今日は節分  みい

節分とは、立春の前日を指す。豆まきをして、その豆を年の数だけ、又は年の数+一個食べる。そして無病息災を願う、邪気をはらい福を呼ぶ。春を迎えるための行事だ。
でも鬼は外福は内と各家庭から外に追われた鬼さんは何処へ・・・・・。そんなこと考える奴はいない!と言われてしまったが。
見えないけれどいるかも知れない、心に住む鬼は是非追っ払いたいものだ。

2005/02/01

「友達へ~Say What You Will~」

gita-♪友達と呼べる幸せ♪SMAPの歌が流れる友といる街  みい
よき友に恵まれること、人生の大きな幸せの一つですよね。友にしか言えないこと相談できることがある。子供の頃から、親には言えなくても、友達には相談した。なんてこといっぱいあるよね。

♪Cause I needed a friend 君が必要さ 
友達と呼べるしあわせ Good love from me to you ♪
うん いい歌だと思う・・・。

エリック・クラプトンがSMAPに楽曲を提供した、これも驚きだ。日本語訳・竹内まりや 偏曲・小林武史 ヒット間違いなしでしょう。何回か聞くほどにいい歌だと思える。
ギターの神様、クラプトンがギター弾きながら歌っているの、是非聴きたいな!

続きを読む "「友達へ~Say What You Will~」" »

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ