フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2004年8月

2004/08/31

エフカリースト!

アテネからさわやかな風最高の感動伝わった夏
                      みい

アテネ五輪が幕を閉じた。選手達の強靭な精神力に脱帽!
想像もできないくらいのプレッシャーから開放された選手達の顔はさわやか、
いい顔してたなあ・・・。お疲れ様!そしてありがとう!(エフカリースト!)

「・・・メダルの色じゃなくそこに向かって努力していくことが大事・・・」
                      室伏広治選手の言葉

最近、がんばる、努力する、こと忘れていたかも。

2004/08/28

人生という道

この朝のクロワッサンちぎりつつ今はどこなる一生のどこなる
                         高瀬一誌

いつものように朝食のパンをちぎる。ふと思う人生にはゴールがある。
だとすれば今はどのあたり?
破調の面白い歌「どこなる」で笑えるが・・・ブラックユーモアだな。

急いでも急がなくても同じように「時」は行くなり人生の道
                           みい

「時の流れに身をまかせ」っていう生き方もいいよね。

2004/08/26

究極の贈り物?

確実に親から子へと贈られるDNAというかたちなき愛
                       みい

「DNAは細胞に中にある究極の身分証明書」だそうだ。
人体は60兆個の細胞からなる、一個の細胞に一個の核、この核の中に23組の染色体があり、染色体の中に遺伝情報を記述しているDNAが保存されている。人は父親と母親から半分ずつDNAを受け継ぐ。

まあ、そんな難しいことは良く解からないけれど(笑)親子って細胞つながりってことか。
よく似てるわけだ。あまりにそっくりで笑ってしまうそんな親子いるもの。外見でなく内面がそっくりっていうのもあるし。
だから無償の愛をそそげる・・・・・・・・。

2004/08/23

すいれん・睡蓮

_008.jpg
きらめいて太陽とあそぶ睡蓮は芯の強さとやさしさ秘める
                       みい

睡蓮・夕刻しぼむ(眠る)のでそう呼ばれる
英名・ウオーターリリー
漢名・ひつじ草(未の刻PM1~2時)にしぼむので

夏の太陽浴びて花も葉も耀く様を見つめていると心安らぐ、お日様の光を集めて耀く凛ととした美しさに魅了される。
「神聖な花」という感じがする。その昔モネの愛した花・・・・・・・

2004/08/17

朝顔

asagao_002.jpg
朝顔の花がひらいていくように今日がはじまる朝がまたくる
                            みい

夏の初め、窓辺に朝顔を植えた。ぐんぐん伸びていまでは二階の窓まで達している。毎朝次々と花が開いて「おはよう」といってくれる。まだまだ咲いてくれそうだ。
花の命は案外長いのだ。「楽しきことのみ多かりき」そういう人生にしたいものだよ。

2004/08/15

八月十五日

花もてる夏樹の上をああ「時」がじいんじいんと過ぎて行くなり
                          香川 進

                 1910年~香川県多度津町生まれ
作者が八月十五日敗戦を知ったその時に出来た歌。丘の上に花をいっぱいつけた巨木、その上を今まで長い間止まっていた「時間」が流れ始めるのが見えたという。「じいんじいん」とは極度の静寂の中で時が「急に速度をもって流れ始めた」(作者)実体感なのだろう。
戦争というものを知らない世代にはl理解しがたい感覚かもしれないが・・・・

戦いを拒否することのない時代できない時代知らぬ現代
                         みい

2004/08/12

お盆とは・・・

『盂蘭盆会」うらぼんえが正式みたいだ。13日に,亡くなった人達、先祖の精霊をお迎えし四日間留まる。そして16日に戻っていく。そう聞かされていた。じいちゃん子だったためか佛壇の前に正座すると心が落ち着く。心の中で語りかけている自分がいる。でもよく幽霊の話聞かされたっけ、子供の私は暗くなって薄明かりに浮かぶ人形が怖くて怖くてじいちゃんの布団にもぐりこんでいたのを思い出す。じいちゃん帰ってくるかな。今年も又・・・・・・・・

幼子は大きな腕にいだかれて夢の中では誰と出逢うの?
                           みい

2004/08/09

いつかは・・・・・

いつかふたりになるためのひとりやがてひとりになるためのふたり
                            浅井 和代

諸行無常って感じの歌だ。人は一人で生まれやがて結婚して二人になる。が どちらかが先に死ぬ。そして又最後は一人になる。と言うことだと思う。でも五、七、五、七、七のリズムでひらがなでさらっと言ってのけると、暗くならないなあ。「あ、人生ってそういうものね」と自然に受け止めてしまう。そんな歌・・・・・・・・・。

こういう歌は作れないなあ。

2004/08/07

トマト大好き!

暑い暑い毎日、冷たくしたトマトを食べる。自然栽培の真っ赤なトマトをかじる。私の夏ばて防止にもなっている。
トマト、とまとって変な名前だなあ。漢字はないのかな。最初誰が名づけたのかしら?なんてこと考えながら。

トマトの歌
一山百円也のトマトたちつまらなさそうに並ぶ店先
親は子を育ててきたと言うけれど勝手に赤い畑のトマト
                        俵 万智

   ちょっと笑ってしまいますね。俵 万智さんのこういう感性が好き。

元気です!裏の畑でトマトたち夏の陽浴びて赤くはじける
                           みい

2004/08/05

驚きの絵師!!

伊藤若冲 没後200年現代人が魅せられる秘密は? 誰がみてもスゴイと思わせる力がある。固定観念にしばられない自由な世界、平和な世の中、それが現代人の心を捉えるのではないか。

六本木ヒルズの森美術館への通路では若冲の鳥獣画がが観られる。
宇多田ヒカルの「SAKURAドロップス」のビデオクリップにも若冲のモザイク画が、夫の紀里谷氏によって映像として登場している。
井上陽水「この世の定め」CDジャケットにも若冲の鶏の絵がある。
その他CMでも登場「聞茶」キリンビバレッジ。
 
今秋、9月17日~12月12日まで金毘羅宮奥書院特別公開、125年ぶりの歴史的なものだ。今まで非公開だったため実際に目にすることがなかった。この書院の上段の間に障壁画「花丸図」がある。この貴重な機会逃さず若冲を体感してみたいと思っている。今からワクワク~

興味のある方は
    「金毘羅宮のすべて・奥書院特別公開」
    金毘羅宮・香川県仲多度郡琴平町892-1 
          ℡0877-75-2121

くわしくは、和楽9月号 「伊藤若冲という衝撃」 特集で紹介している。

いにしえのひとりの絵師のメッセージ時代を超えて平和を祈る
                            みい

2004/08/03

今!「方丈記」

行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びして、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世の中にある人と栖(すみか)と、またかくのごとし。・・・・・・・・・・・・・・・
                     「方丈記」 鴨長明  
今読み返してみる。冒頭は「平家物語」とともに暗誦し、心に残っている。このリズムのよさはどうよ。はかなさ無常観といったものが根底にあるけれど、日本語ならではの表現だよね。

今日の一首

その河は今も昔も流れ行く移ろうこころ水面にのせて
                      みい

2004/08/02

スパイダーマン!

雨でムシムシ暑い!そうだ映画に行こう。涼しいし。
そんな理由で観たのが「スパイダーマン」一見頼りない感じの秀才のメガネ君が変身、強い正義の味方となり悪に立ち向かう。ビルの谷間を自由自在に飛び回るシーンは見ていて楽しいし爽快。質のいい娯楽作品である。
いつの時代にもこういうヒーローは求められる。

世界を平和に導いてくれるヒーロー現れないかなー。なんて思った。

今日の一首
幼き日思い描いた未来図は今は昔の夢物語
                     みい

« 2004年7月 | トップページ | 2004年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ