フォト

最近のトラックバック

カテゴリー

  • ウェブログ・ココログ関連
  • グルメ
  • パソコン・インターネット
  • ペット
  • 三十一文字
  • 動物
  • 心と体
  • 文化・芸術
  • 旅の想い出
  • 旅行・地域
  • 日々の想い
  • 日記・コラム・つぶやき
  • 映画・テレビ
  • 書籍・雑誌
  • 短歌
  • 童話
  • 自然
  • 自然・動物

2019/02/18

~池面には光の粒が~

池面には光の粒がきらめいて
  春の妖精ここまでおいで

17日、午後ルナ散歩は、満濃池遊歩道へdogdash
先日も歩いた道、ルナさん覚えているようだ。
ノーリードでスタスタ先導してくれる。
(もちろん、人影が見えたら即リード付き(笑)
ルナさんは人畜無害だけれど、嫌いな人もいるからね。

P1240144
小さいルナさん、すれ違う人がかわいいと言ってくれるねhappy01

P1240147
P1240146
空気は冷たいけれど、陽射しに春の予感がする。
キラキラの水面がきれいな表情をみせてくれる。

P1240145
切り株アート、制作中かな。
何になるのでしょう?

P1240148

ルナさん、気持ちよさげにルンルン。
妖精たちの春の歌が聞こえるのかもvirgonote

P1240149
P1240150

高い空からやって来る春。

空の青さに少しだけ春を感じた散歩でしたemptyvirgonotes

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

おまけ
P1240124
トラくん、ヒーターの前で何を思っているのでしょう。
春が待ちどうしいトラくんでした!cat

来週は気温が上がりそうですね。
春の花たちも喜びますねnotetulip

お花を探しに出かけましょうbud

2019/02/16

~彼方から届くこころあり~

彼方から届くこころあり春が来て
  逝きし魂この地に還る

寒い日だったが、午後ルナさんと近くをお散歩。
静かな山間の道を少し登って行くと池に囲まれた戦没者墓地がある。
訪れるのは初めてだ。

P1240141
ルナさんの先導で、わたしは後をついてゆく。

「かあさん、こっちだワンdogdashup

P1240142
曇り空の下、池は深と静か。

P1240138
ルナさん、どこまで行くの?

P1240136

upここは、この地に生まれ育った若者たち、戦没者の墓みたいだ。
墓碑に刻まれた名前と年齢・・・
あまりにも若い・・・。

P1240139
ルナさんも何か感じ取っているのかも。

静かに手を合わせる時間。

P1240140

墓地の下側にある春を待つ池upwardleft
空を映して水面は、静かに揺れる。

P1240137
ルナさん、今日のお散歩は、どうでしたか?

今の平和を改めて幸せと感じた。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

おまけ
トラくんのシルエット

P1240129
カーテンの向こう側丸いシルエット。

P1240130
そのお耳はトラくん。

わたしには聞こえない何かに耳を傾けているのでしょうか?

今日は寒い一日でした。
来週は暖かくなりそうですねhappy01
みなさまよい週末をお過ごしくださいませ。

2019/02/14

~遺された絵と言葉~

☆遺された絵と言葉は凛として
 孤独を愛し自由を愛す

日本画家・堀文子さんが5日死去した。
100歳だった。
90歳を超えてもその創作意欲は衰えなかったという。

81歳の時ヒマラヤに行き幻の花・ブルーポピーを探し、描いた。

P1240131
代表作となったブルーポピーupwardleft

「ただ黙って、手を合わせるような心で、花は見るものである。」
「群れない、慣れない、頼らない」これがわたしのモットー、自由は命がけのこと」

P1240135


真似できない生き方ではある、憧れでもある。
こころの奥に眠っている勇気を呼び覚ます。

P1240132
左・青い鳥を運ぶブルカのマドンナupwardleft 右・アフガンの王女upwardleft


P1240133
左・妖怪たちの夜upwardleft  右・アリゾナの岩絵upwardleft

P1240134
ケツアール(古代マヤの守護神)upwardleft

「始まりの生と終わりの死が一つの輪になっていて、永劫に続く命の輪廻が我が身のなかにあり、それを静かに見詰めている自分に驚いている。」

生涯未知の世界を求め続けた画家でした。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけ

P1240143_2

今日はバレンタインデー
ルナトラからチョコを贈りますdogcatnote

2019/02/13

~水の神龍王様が~

水の神龍王様が住むという
  山道登れば水色の風

10日(日曜日)、午後からルナ散歩に出かけたdogdash
近くにある竜王山へと。
一度探検、散策してみたいと思っていた場所。

P1240106

頂上まで600mとか、気軽に散歩が楽しめそう。


P1240084
道の右側にある鳥居、「竜王神」と記されている。

P1240086
ちょっと歩くと右側にはみかん畑が広がる。
木にも実がいっぱい生っている、木の下にもミカンが転ごろごろ。
八朔、みたいだ。
手入れする人も無くなったのかな。

P1240087
途中。黒っぽい大きな犬を連れた人とすれ違った。

「こんにちは~」

P1240089
小さなルナさん、大型犬には弱い、平身低頭(笑。

「見なかったことにするワンdogsweat01」ですってcoldsweats01

P1240090
水の神様竜神をお祀りしてあるようだ。

P1240091
枯葉の道が続く。
かなり急な坂道だ。

ルナを探せ!ですねhappy01up

P1240092

upこんなロケーション、きれいです。
我が家はどこかな?

P1240093
頂上にある祠、ここに竜神さまが祀られているようだ。
静かに手を合わせるとみずいろの風を感じた。

P1240094
三角点up

P1240096
標高255m。
素朴な看板ですねhappy01

P1240097
下界の眺めを楽しんで、ルナさん下山ですよ。

P1240098
帰り道は、ルナさんが先導してくれる。

P1240099P1240102_2

「早く~こっちだワン!」

P1240104

upここでもルナを探せ(笑
山道に同化してる。

P1240100
心休まる風景を楽しみながら下山。


P1240103
途中、高い高い鉄塔を見上げながら。


P1240105
白梅の木が一本。
ほのかに香る。

やがて車を停めた場所に降りてきた。


P1240107
そこには石碑、「開拓記念碑」と記されているようだ。
読みずらくなっていたが。

P1240108
石碑の横には、大原俳句会の句。

ルナさん大満足のお散歩でしたdognote

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

おまけ

P1240123

後ろ姿もかわいいトラくんup
(親バカsweat01

今週は寒い日が続くようですね。
来週は春の暖かさとか。
季節の巡りは確か、春よ来い!

みなさま元気な毎日をお過ごしくださいませ。

2019/02/12

~母と見た天満宮の梅の花~

母と見た天満宮の梅の花
 空を見上げて気配感じて

P1240070

9日(土曜日)、曇り空の下、ルナ散歩は滝宮天満宮へcardash
駐車場に車を停めて、歩きましょう。
ルナさんと背中のパンダも嬉しそうnotes
寒い日だったけど、元気なルナさんdogdash

P1240068
途中にある白梅、いい香りが漂う。
母の居た日の春を思う。
あの時、梅の木にメジロがやってきて歌を歌ってくれた。
楽しそうに見つめていた母の笑顔を思い出す。
今は高い空から見てますね。きっと。

P1240069
陽射しがあればもっときれいだけれど。
え、「腕の問題」ですってsweat02

P1240083
赤い橋を渡って行きましょう。

P1240067
かわいいピンクの椿が迎えてくれる。

P1240071
参道の両側ににも紅梅白梅。
陽射しがあって暖かい日にはメジロさんが来てくれるんだけど。
この日は寒いからか、いなかった。残念!

P1240072
梅の花もちょっと寒そう。

P1240074
拝殿の前、両側にある二本の木は「飛び梅」
太宰府天満宮から寄与されたもの。

P1240075
P1240076
「飛び梅」は満開だった。

境内には150本の梅の木がある。


P1240077
福禄寿さまも梅の香にうれしそうなお顔。

福をいただきます^^。

P1240078
石段の脇の枝垂れ梅。

P1240079
境内の梅林。

P1240081
P1240080
境内脇にある茶店の枝垂れ梅。
見事でしたきれい~
何度も言うけど晴れた日だときれいに撮れたんだけどsweat01
お許しを。

P1240082
隣接する滝宮神社に参拝して、帰途に。
雨が落ちてきそうな空模様になったcloud

家に到着後、冷たい雨となった。rain

P1230931
「トラくん、ただいま!」

「トラも梅の花見たかったニャン」cat

P1240119


「いつもお留守番ご苦労様!」

「ご褒美はニャに?」cat

「おいしいおやつあるよ」

ゴキゲン良くなったトラくんでしたhappy01

連休も終わりましたね。
寒い日が続きましたが、楽しみましたか?
寒くてもコタツムリにならないでお出かけしましょう。

2019/02/11

~鈍色の空から白い便り~

鈍色の空から白い便りあり
  春は足踏み炬燵ワンニャン

P1240115
今朝は冷え込む朝だった。
目覚めて二階の窓から外を見ると、雪がうっすらと。
夜中に降ったのだろう。

P1240117
窓から撮影。
白い世界になっていた。
今季初めての積雪だ。

P1240124
こんな日は、トラくん温風ヒーターの前に陣取ってる。

P1240125
雪関係ないニャン!
ここがいいニャン!

P1240126
ルナさん、今日はお散歩どうする?

P1240127
寒くても外に行きたいルナさん。

「とうさん、連れてってdogdash
「今日はダメng

お願いしてます(笑

この後、ヒーターを切られてワンニャン達、炬燵に潜ったのでした。dogcatsleepy

道路が凍結、滑りやすくなってますね。
くれぐれもお気をつけて!

2019/02/10

~園内に昔話の世界あり~

園内に昔話の世界あり
 そぞろ歩けばスイセン香る

先日、午後番の州公園でルナ散歩。
空気は冷たかったが、マイナスイオンを浴びて気持ちよく歩けた。

P1240053
P1240061

ルナさん、大好きなとうさんと一緒でルンルンdognotes

downwardright園内の遊歩道には、こんな昔話の世界がある。
P1240057
(蛸崎のいわれ)

P1240059
(樽流し)

P1240060
(長者の宝くらべ)

一部だけ紹介です。
絵もかわいくてほっこりする作品、楽しめました。

P1240058
(花壇の花たち)


P1240065
P1240054

スイセンの香りがほのかに。

P1240063
紅い紅い花は、ボケ(木瓜)の花。


P1240066
山茶花のふわふわの白が好き。

P1240055
P1240056
園の東側には、海が見える。
曇り空を映してちょっと寒そうな冬の瀬戸の海。

P1240062
ルナさん、今日はリード付きだったけれど満足満足dognote

短時間散歩の終わり、トラくんがお腹すかせて待ってるよ。

P1240026

「早くご飯くださいニャ」
ちょっとご機嫌斜めのトラくんでした。

今日10日は、寒いけれど陽射しがうれしい朝でした。
みなさま引き続き連休お楽しみくださいませ。

2019/02/08

~存在が陽だまり~

存在が陽だまりになる犬と猫
 共に暮らせば通じ合うこころ

我が家のワンニャンは、仲良しだ。
先輩のルナさん、生後約三か月くらいの子猫だったトラくんが家に来たとき、吠えなかったね。

黙って受け入れてくれたね。

今では時にじゃれあうけれど、微妙な距離を保っているお二人さん。
お互い居心地のいい距離感、分かるんだね。

P1230977

トラくんは、朝の陽射しを感じると窓際へヒョイと移動する。
外を眺めて何思う。
分かってるよ!外に出て冒険したいんだね。

P1230978

でもね、トラくんは家猫になったから、もう外猫には戻れないんだよ。
ノラくんだった小さなころを覚えているのかな。


P1240027

家猫になってよかったね。

「ゆっくりお昼寝できるにゃあcatsleepy
いつも寝てるけどsweat01

P1240019

新聞を広げると必ず上に乗ってくるお二人さんcoldsweats01

P1240020

「どいて!」

と言っても知らん顔。

P1240022

そんなお二人さんがとてもかわいいと思うわたしなのでした。
いつだって心の中の陽だまりだねheart04

またまた寒くなってきました。
みなさま体調崩さないようにお気をつけて!
元気で過ごしくださいね。

2019/02/07

~池面には光の粒が~

池面には光の粒がキラキラと
 高い空から春の妖精

P1240046

良く晴れた日、久しぶりにルナさんと満濃池周囲の遊歩道を散歩した。
青く静かに水を湛えた池面には、光の粒がキラキラとして、春の妖精が踊りを踊っているみたい。

P1240036
ルナさん、元気に出発。
「とうさん、早く!dogdash

P1240032

池を眺めながらずんずん歩きましょう。

「着いて来てくださいね」


P1240034
P1240035
大きな音がするので空を見上げるとそこにはヘリコプターが。
枯れ木をバックにすると、なんだか蜂みたい(笑
しばらく上空を旋回していたが、やがて見えなくなった。

P1240037

今度現れたのはトンビかな。
かなり下まで下りてきてくるりと輪を描いたnotes

P1240038
とうさんとルナ、水辺まで降りて行った。

「ルナさん、まだ水の中に入ってはダメban

P1240039
P1240040
表情を刻々と変化させ、池はどこまでも静か。
遠くの山並みのグラデーションがきれい。
いつまでも見ていたい^^。

P1240043
ルナさん、ノーリードでクンクン、嬉しそう。

P1240044
P1240045

神野1号窯跡up
古に思いを馳せる。


P1240047
ルナさんどこまでもスタスタ。
疲れを知らない11歳(笑

P1240048
P1240049
池の深い青が神秘的。

P1240050
満濃池水没遺跡up
 この場所に先人たちの尊い営みがあったのですね。

P1240051
ルナさん、もう帰りましょう。
まだまだお散歩したいルナさん。
強制連行(笑cardash

P1240052
満濃池へと流れ込む南の端の池、五毛大橋から撮影。
ここは、わたしたちが引っ越すことになり、庭の小さな池で飼っていたすっぽんの「ぽんちゃん」を放流した場所。
ぽんちゃん、元気にしてるかな。
今頃は冬眠中かも。

「ぽんちゃん、元気?」

かなり歩きました。
心地よい疲れを感じた池散歩でしたnotes
楽しんでいただけましたか~

P1240018

「おかえりにゃさい~遅かったニャア~cat

最近、寒暖差が大きいですね。
みなさま、体調管理してくださいね!
元気で春を待ちましょう。

2019/02/05

~立春の空の青さに~

立春の空の青さに吸い込まれ
  どこまで駆ける春を待つ犬

昨日4日は、とても暖かい一日となった。
陽射しに春を感じた。

久しぶりにルナさんの大好きな河原へとやってきた。

P1240007
P1240008
青く澄んだ空と白い雲、空がきれい~
讃岐富士もきれいに見える。

ルナさん、早速ノーリードで散策だ。
「あまり遠くに行ってはダメだよ!」

P1230987
P1230988

春を探してクンクン。

P1230990
「今度は向こうへ行こうよdogdash

P1230993

「まだ川に入ってはダメだよ」


P1230998
P1230997

せんだんの木と讃岐富士。
せんだんの木には実がいっぱいなっている。
野鳥たちの餌になるのかな。


P1240002
P1240003
池面は水鏡となってきれい~

久しぶりに来た河原公園、人の姿も少なくて、ルナさん思いっきり走れたね。
P1240004

空行く雲を眺めていると飽きない。
自然の中に身を置くと心が広くなるみたいだ。

P1240005
P1240006

自然児ルナさん、よかったねhappy01

P1230986

おまけdown
足長かあさん

P1230996

おまけ、いらないってsweat01

失礼しました!

«~沿道の声援受けて~

2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
ガジェット時計Part11(光る玉・バージョン) - ガジェットダウンロードするなら、ガジェットギャラリー

出会った人たち

無料ブログはココログ